HEINRICH DINKELACKER(ハインリッヒ ディンケラッカー)の定番からレアものまで人気革靴13選。|名靴カタログ

  • 2021.10.26 2020.06.17
  •              

「前進する1mごとに心からの享楽を提供する」という精神を持ち続けて130年以上。“靴のロールス・ロイス”と称される最高傑作を知らずして、靴好きを自認することなかれ。いつかは手に入れたい革靴を紹介しよう。

▼こちらの記事もおすすめ!

カジュアルから高級ラインまで! あこがれの革靴ブランドおすすめ28選。

カジュアルから高級ラインまで! あこがれの革靴ブランドおすすめ28選。

2020年07月20日

「ハインリッヒ ディンケラッカー」とは?

1879年の創業以来、約30名のマイスターが靴一足につき約300という工程をオールハンドメイドで丁寧に作り上げている。年間生産数はわずか8000足で、この靴のオーナーになれるのは世界でも極少数と言える。

本社はドイツ南西部の古都ビーティッヒハイム=ビッシンゲン市に置かれ、生産はハンガリーの首都ブダペストにある工場で行われている。使われる木型はインサイドストレート&アウトサイドカーブの形状が基盤になっており、人の足型に合ったコンフォータブルなもの。古くから整形外科の発想に基づいた靴が盛んに作られてきたドイツらしさが窺える。ハンドソーンウェルテッド製法やノルヴェイジャンウェルテッド製法などで質実剛健な作りにこだわっているところもドイツらしい。

また、世界中から集めた最高ランクの素材を用いているのも特筆すべき点。ホーウィン社のシェルコードバン、デュプイ社のボックスカーフといった一流の革を使っている。特にホーウィン社のシェルコードバンでは、ネイビーとダークコニャックがハインリッヒ ディンケラッカーのオリジナルカラーとなっている。他のブランドでは目にすることができないレアカラーというわけだ。まさに靴好きを唸らせる要素が満載だ。

【1】3087(リオ ウイングチップシューズ)

ブランドのアイコン的ラスト、リオで作られた定番のウイングチップ。手前からイタリアでアンティーク調に仕上げたカーフ、仏国・デュプイ社のボックスカーフ、米国・ホーウィン社のシェルコードバン。

【2】3099 4318(リオ コードバン プレーントゥ)

誕生から60年以上というベストセラーラストのリオを使用したプレーントゥ。トリプルソールハンドソーンウェルテッド製法が採用されている。2層目までがハンドソーンウェルトで、3層目がセメント接着。

【3】4386 0516(ブダ ボックスカーフ プレーントゥ)

誕生から40年になるラスト、ブダを使ってノルヴェイジャンウェルテッド製法で生み出された1足。アッパーはデュプイ社のボックスカーフ、本底はドイツ・ジョーレンデンバッハ社のレザーソールだ。

【4】4393 0714(ブダ オイルヌバック ワークブーツ)

オイルをたっぷりと染み込ませたレザーは、履き込むほどに光沢が増して色に深みが生まれる。ノルヴェイジャンウェルテッド製法とオリジナルのラバーソールにより、タフに履けるワークブーツが完成した。履き口にはパッドが入る。

【5】5397 5866(ルツェルン カーフスェード ウイングチップブーツ)

アッパーの素材はカーフスウェード。スウェードでウイングチップデザインのブーツというとカントリーなイメージが打ち出されがちだが、こちらは細身のラストを使うことでスマートな趣きになっている。

【6】5386 5814(ルツェルン カーフスウェード プレーントゥ)

ハインリッヒ・ディンケルアッカーのなかでは最もシャープな木型、ルツェルンを使用。滑らかなカーフスウェードとオリジナルのラバーソールを用いて、ノルヴェイジャンウェルテッド製法で堅牢に仕上げた。

【7】4331 4316(ブダ コードバン ウイングチップ)

3本の糸で丁寧に手縫いされたノルヴェイジャンウェルテッド製法のウイングチップ。ホーウィン社のシェルコードバンに大きなメダリオンを配し、ジョーレンデンバッハ社のレザーソールをあしらっている。

【8】5302 0065(ルツェルン アンティークカーフ ストレートチップブーツ)

アッパーにイタリア産のアンティークカーフを用い、パンチングの装飾を効かせたチャッカブーツ。ダブルレザーソールにより精悍な顔つきに仕上げられている。履き口の部分はレイヤードデザインになっており、一線を画した意匠にブランドのこだわりを感じることができる。

【9】3102 4366(チューリッヒ コードバン プレーントゥブーツ)

ホーウィン社のシェルコードバンとオリジナルのラバーソールで、デニムやチノと相性のいいチャッカブーツに。ラストのチューリッヒは、リオに比べて細身。やや長めのノーズとラウンドトゥのバランスが絶妙だ。

【10】4707 1749(ウィーン ソフトカーフ ペニーローファー)

ローファー用のラスト、ウィーンを採用。最大の特徴はヒールカップ。内側に傾斜したフォルムが踵を包み込むため、足抜けが起こらないのだ。アッパーは柔らかくて履き心地のいいソフトカーフ。

【11】8022 4360(ロンドン コードバン ストレートチップ)

ロンドンという名称のラストが使われて、まさに英国紳士を想起させるストレートチップデザイン。ホーウィン社のシェルコードバンがシワを刻んで、奥行きのある表情に育っていくのも楽しみ。

【12】5331 5745(ルツェルン ヌバック ウイングチップ)

ヨーロッパで人気を得ている細身のラスト、ルツェルンを使ってウイングチップに。ブラックカラーのヌバックアッパーとダブルレザーソールが相まって、かなり男前な空気感を醸し出している。

【13】4701 4317(ウィーン コードバン ペニーローファー)

踵をしっかりとホールドするヒールカップにより、履き心地は快適。サドル革の両端には補強のステッチが入り、ノルヴェイジャンウェルテッド製法の縫い目とともに堅牢で男っぽい印象に。

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

【問い合わせ】
アイダス
☎06-6245-5076

▼こちらの記事もおすすめ!

カジュアルから高級ラインまで! あこがれの革靴ブランドおすすめ28選。

カジュアルから高級ラインまで! あこがれの革靴ブランドおすすめ28選。

2020年07月20日

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア