書類、名刺、レシートなどすべてデータ化 リモートワークの必需品 ScanSnap iX1600

新型HHKB Studioにピッタリの周辺機器も、バード電子から

  • 2023.10.30

10月25日に発売になったHHKB Studio。早くもいったん初期入荷分製品は売り切れという大人気になっている。次の入荷はいつになるのか、また情報が入ったらお伝えしたいと思う。そして、HHKB Studioを手にしたら必要になるのが周辺機器。特にいつもバード電子が販売しているタイピングベッドや、キーボードルーフは「ないと困る」という人も多いだろう。ここではHHKB Studioと同時に発売されたバード電子の周辺機器をレポートしよう。

これらは、PFUダイレクトや、バード電子オンラインショップで購入することができる。

PFUダイレクト
https://www.pfu.ricoh.com/direct/hhkb/hhkb-option/

バード電子オンラインショップ
https://shop.bird-electron.co.jp/

まず、発売されたのは、『HHKB Studio専用タイピングベッド(チョコレート)』と、『HHKBキーボードルーフ(フリーザー)』と、『Keyboard Pod2(グレー/ブラック)』だ。

このうち、タイピングベッドのみがHHKB Studioの専用製品となっている。

9mmへと薄くなった、HHKB Studio用タイピングベッド

まず、どうしても必要になるのは『HHKB Studio専用タイピングベッド(チョコレート)』だ。価格は4950円(税込)。

キートップの高さは従来のHHKBと同じになるように設計されているので、キー入力をするだけなら、従来モデルのタイピングベッドでもいい。しかし、従来のタイピングベッドだと、ジェスチャーパッドを使う時に邪魔になってしまうのだ。

そんなわけで、HHKB Studio専用タイピングベッドは本体のみで9mm。ラバーソール装着時に10.5mmの高さになるように設計されている。これなら問題なくジェスチャーパッドを使うことができる。

一見、昔の無垢材のパームレストのウォールナットを思い出す方も多いと思うが、こちらは最近のタイピングベッドと同様のプライウッド(合板)となっている。私などは木として無垢材の方が高級かなと思ってしまうが、無垢材はどうしても湿度や温度などで、捩れが生じてガタツくことが多い。プライウッドならその心配はない。

全体の厚みが薄くなっただけでなく、キーボードに接する側に大きなRが付いているのも、ジェスチャーパッドを快適に使うための工夫だ。

裏面のラバーソールはマイクロセルポリマー。非常に面積の広いものが付属していて、高い安定感をもってパームレストを使うことができるようになっている。

筆者としてはMagic TrackPad対応モデルも作れないかな……と思うのだが、そもそもポインティングデバイスはHHKB Studioに含まれているのだから、Magic TrackPadと組み合わせるのは不自然かもしれない。でも筆者は欲しいのだが。みなさんはどう思われるだろうか?

樹脂成型品の新型『HHKBキーボードルーフ』

『HHKBキーボードルーフ(フリーザー)』は、従来のキーボードルーフは初代がアクリル張り合わせ、第2世代と、今回の第3世代はポリカーボネート製。第3世代では外周にリブを付け、さらに強度を上げている。ご存知のように、成型品となると金型を作らなければならないので、最初の投資が大きくなって大変だが、従来の製法だとコピー商品が出まわるということで、今回はコストとしては大きくなるが、ポリカーボネート成型品としたという。価格は4730円(税込)。

従来のキーボードルーフは角の部分に小さなゴム足(シリコン?)が付いていたが、あれだと取れて紛失してしまうことがある。

また、従来のキーボードルーフは、HHKB Studioだと微妙に溝に落ちてキーボードを傷つける可能性がある可能性があるので、使わないで欲しいとのこと。新型はHHKB Studio、HHKB Professional、両方に使える。当面は併売されるとのこと。

今回のゴム足はサイド部分にしっかり噛み合うように取り付けられるので、落としてしまう心配がない。また、縦面と横面にそれぞれ付けられているので、カタつきにくく、安定して装着することができる。

なお、キートップが装着される部分のサイズは、HHKB Professionalも、HHKB Studioも同じなので、このキーボードルーフは双方で使うことができる。

HHKB Studio、HHKB Studio専用タイピングベッド、HHKBキーボードルーフ、キーボードブリッジは、Keyboard Podに同時に収納して持ち歩くことができる。

HHKB Studioを保護するセミハードケース『Keyboard Pod2』

対して、新しく発売されたのが『Keyboard Pod2(グレー/ブラック)』だ。価格は5940円(税込)。

こちらはEVA(エチレン-酢酸ビニル共重合樹脂)という素材でできており、その形状から多少の衝撃吸収性を持っている。

内部には、HHKB Studioと、タイピングベッド、キーボードルーフを収納するぐらいのスペースがある。しかしながら、試してみたがキーボードブリッジまでは入らないようだ(とても無理したら入るぐらいの感じ)。

なお、ポケットはアクセサリーを収納するスペースではなく、単体でHHKB Studioを入れる時に、スペーサーとなる同梱のスポンジを入れるためのものらしい。

HHKB Studioは安くはないキーボードだ。これら周辺機器を組み合わせて、快適に、大切に使おう。

(村上タクタ)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

サカサモト

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男編集部

Dig-it

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男編集部