書類、名刺、レシートなどすべてデータ化 リモートワークの必需品 ScanSnap iX1600

iPhoneやMac、アップル製品を買うなら今すぐ! 大急ぎで!

  • 2022.06.01
  •              

少しでも新型を買った方がいいのがテクノロジーの世界。筆者もiPhoneやMacを買うなら極力新型を買うようにお勧めする。秋には新型のiPhoneが出るだろうし、6月7日早朝(日本時間)に行われるWWDCでは新しいMacが発表されるだろう。それでも、今回ばかりは現行モデルを買っておいた方がいいだろう。

近々、急速な円安の為替相場が反映される

ご存知のように現在、急速に円安が進んでいる。昨年のWWDCの時期には1ドル=110円だったのが、130円を越えるほど、つまりドルは20%ほども高くなっているのだ。

(Googleファイナンスより)

アップル製品は、基本的に価格決定時の為替相場に連動して、各国の製品価格が設定されている。たとえば、iPhone 13 Proの256GBモデルを日本で買うと13万4800円(税込)。USで買うと1099ドル。これは112円という設定になっている。

1年8カ月前に発表されたMacBook Air M1の一番安いモデル、つまり7コアGPU、8GBメモリー、256GBストレージのモデルが日本で11万5280円(税込)。USだと999ドル。つまり、104円という設定だ。

MacBook Proの16インチモデルのBest(標準設定の3種のうち最上位のモデル)が、41万9800円(税込)、これがUSだと3499ドルなので、109円の設定。

Mac Proのタワー型モデルの一番ベーシックなモデルが、65万9780円(税込)、これがUSだと5999ドルなので、なんと100円の設定だ。

これが、それぞれ130円設定で価格決定されたらどうなるだろう?

iPhone 13 Proの256GBモデルは、14万2870円(税別)なので、15万7157円(税込)! MacBook Airは12万9800円(税別)なので、14万2857円(税込)になってしまう。

MacBook Pro 16インチのBestモデルは50万357円(税別)、Mac Proのベーシックモデルはなんと85万7857円になる(もっとも、Mac ProはApple Siliconになるので、性能が激変する可能性が高いから現行機を買うべきではないだろうけれど)。

WWDCのタイミングで価格改定が入る可能性がある

急に価格改定されることは少ないにしても、発売日の為替相場で設定されている現行品がかなり割安であることはご理解いただけると思う。

おそらく次に発売されるMacBook AirのM2モデルや、iPhone 14シリーズなどは、1ドル130円の相場での価格設定がされるだろう。そうなると、かなり高価な商品になる。もしくは今回は為替相場の変動幅が大きいので、WWDCのタイミングで一斉に価格改定が行われる……という可能性だってなくはない。

MacBook AirのM2モデルや、iPhone 14シリーズが性能向上していることは間違いないだろうが、為替相場で2割ほど高くなることを考えると、今のうちに旧モデルを買っていた方がいい……という判断もあるだろう。

懐具合と、性能の必要性をかんがみて、「今、安価な現行モデルを買っておいた方がいい」と思うなら、2022年6月6日までに購入しておくことをお勧めする(もう少し小ズルいことを言うなら、もし次モデルの性能向上が著しいなら2週間以内にクーリングオフするという手もなくはない)。

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア