理美容師が提案!「40代メンズにおすすめ髪型」18選。ソフトモヒカンからワイルド系まで!【2022年版男性ヘアカタログ】

年齢を重ねるにつれ男性は髪型にこだわりがなくなると思われがちだが、そんなことはない。むしろ髪の悩みが増えてくるだけに、似合う+悩みが解消できる髪型を知りたいもの。そこで、今回は40代にフィットするヘアスタイルをピックアップ!

目次

根強い人気のソフトモヒカンは生活感とアクティブさを演出してくれる万能スタイル

清潔感や扱いやすさはもちろん、どんな職業にもマッチするオールラウンドヘア、ソフトモヒカン。年代、性別を問わず好感度の高い髪型はぜひ取り入れたいところ。

1.ヒゲもクリーンに見せるひし形フォルムの大人ヘア

Hair:鶴岡心斗(KINOSHITA GAIEN EAST STREET)

額を見せたフロントアップがビジネスシーンにぴったりのクリーンでアクティブなイメージに。大人の品性を感じさせる都会的なスタイル。グリースを全体になじませて、センターに高さが出るように整えればOK

2.外国人パーマ×ロールドモヒカン

Hair:長山ゆうき(L.O.G)

従来のモヒカンはアンダーとトップはつなげずツーブロが主流だった。それをあえてつなげることでより男臭いムードをプラス。トップはリッジ感のあるピンパーマでラフに動く束感を演出。ハードワックスをもみ込んでドライ後、グリースをなじませて束感を整える。

3.コンプレックスもヘアデザインでカバーできる

Hair:大島あかり(INTI新宿)

髪の悩みが増えるミドル世代は実はベリショが合う。額が気になるなら、あえてフロント短め、サイドに流すデザインで髪の割れをカバー。センターに高さを持たせることで自然なボリューム感もプラスされる。水分の少ないパウダーワックスでボリュームを出しつつマットワックスで束感と毛流れを調整すれば◎。

4.骨格デザインも叶えられるボウズモヒカン

Hair:大平拓海(CHILL CHAIR)

ボウズを断然あか抜けさせられるモヒカンデザイン。長短の差は少ないが正面から見たときはセンターが長いがサイドから見るとなじんでしまうくらいがちょうどいい。マットポマードをこするようになじませてセンターに動きを出す。

5.がっつり刈り上げ、トップ長めのモヒカンヘア

Hair:由藤秀樹(SNIPS)

ハチ上を残してフェードに刈り上げ、クリーンに。ハチ上は程よい長さを残しつつも軽さと動きでニュアンスを表現。ヘアバームを全体になじませてから91パートに分けてタイトに流す。個性的でありながらクリーンな印象のハイブリットモヒカンだ。

6.清潔感あふれる大人のベリショ

Hair:窪田優芽(MEN’S GROOMING SALON AOYAMA)

ほぼボウズに近いソフトモヒカン。頭の形や毛流れを意識しながらひし形シルエットになるよう長さにグラデーションをつけた好感度の高いスタイル。ジェルワックスをなじませ、最後に前髪を上げる。

ワイルドな雰囲気が出る、40代メンズにおすすめ髪型

精悍さや貫禄は大人の男性にとって不可欠な要素。そこにワイルドさを加えればさらに男っぷりも上がる!

7.白髪をグレーでぼかしてマイナス5歳のダンディズム

Hair:漆原直人(ヒロ銀座 バーバーショップ)

白髪ぼかしで白髪も生え際も隠さずにカッコよく仕上げたスタイル。トップはボリュームを出して、サイドとえり足をすっきりとさせているので清潔感ある大人スタイルに。気になる部分が多くなってきた大人におすすめ。

8.クラシカルなムードにモダンさを

Hair:龍乃(RYUNO’S BARBERS)

刈り高をトップギリギリに攻めたスキンフェードのクロップスタイル。面ときわの直線的な構成を際立たせて、クラシカルな雰囲気の中にモダンさをプラス。ポマードを全体になじませてフォワードに流す。

9.ワンカール弱のアンダーカールでかける今旬センターパート。

Hair:泰斗(Cocoon)

外国人風のクセ毛ヘア。 毛先の柔らかいアンダーカールの重なりと浮遊感で魅せてくれる。やりすぎないラフなセクシーさが大人メンズにぴったり。ウェットに仕上げればよりワイルドな印象に。

10.クロップ×アップバング×攻めたフェードで男を上げる

Hair:山川博貴(MR.BROTHERS CUT CLUB)

こめかみまでスキンフェードにした、男気を感じる攻めたハイフェードのクロップスタイル。スキン部分を多く見せることで鋭さを演出。前髪もアップバングにすることでインパクト与え、スマートさを表現。ポマードをもみ込んでコームで整える。

11.こだわりメンズがハマるミディスパイラル

Hair:佐藤 大(apish)

デザイン性が高いだけでなく、リッジが効いているぶん、もちや再現性もよくスタイリングも簡単。8090年代ファッションのリバイバルで人気も復活。ボリュームをタイトにするのが今風なので、フォームを付けて自然乾燥後、毛先にジェルをなじませる。

12.ラフさが新しいサイドパート

Hair:長山ゆうき(L.O.G SHIBUYA)

精悍なイメージが強いサイドパートもパーマスタイルにすればラフでこなれた印象に。パートもきっちり作らずにツイスパの質感を生かして。グリースをなじませ、ラフにパートを分けてサイドに流せば完成!

オフィスでもOK40代からのツーブロックスタイル

爽やかな印象のツーブロックもまた、大人が手にしておきたい武器の一つ。若作りに見えない40代ならではの髪型をご紹介!

13.直毛にも柔らかな毛流れをプラスしたナチュラルツーブロ

Hair:川上昌博(BARBERSHOP APACHE)

グラデーション状に施したフェードとレイヤーをブレンディングでつなげ、柔らかさと毛流れを引き出すした段差がほぼないツーブロック。毛先の収まりもよいので扱いやすくなる。水性ポマードをなじませ、サイドパートで流せば完成だ。

14.クール&タイトなクロップスタイル

Hair:YO(THE BARBA TOKYO DINE)

フィット感が魅力のクロップ。どこか抜け感のあるこのスタイルはアイロンパーマでクセのようなゆるい動きを作るのが肝。前に向かってタイトにドライし、ジェルをしっかりなじませて最後に前髪をつまんで整える。

15.長めのトップとすっきり刈り上げの好バランス

Hair:片岡智美(STRAMA)

ライン感を出したツーブロックと長めに残しつつも収まりのよい毛流れが落ち着きある大人の魅力を高める。ウェイトの位置を高めにすることで面長感が解消できる。ジェルをなじませたあとラフに82パートに分け、根元を立ち上げつつ流す。

16.リッジを生かしたアップバングのツーブロック

Hair:桜井章生(Velvet on the Beach)

ハチ下をすっきり刈り上げつつ、トップは重さがあるツーブロ。柔らかな毛流れと適度な弾力とボリューム感をもたらすパーマでニュアンスをプラス。グリースをなじませて根元を立ち上げつつバックに流れば大人セクシーな印象に。

17.重さと軽さ、男らしさと柔らかさ。共存が決め手のクリーンスタイル

Hair:安田幸由(MINX)

大人男子にぴったりのフレッシュなテーパーフェードスタイル。ヒゲの男らしい印象をヘアの爽やかでフレッシュなイメージで中和するクリーンスタイル。ポマードを使ってオールバックに仕上げるように毛流れとフォルムを整える。

18.隠しハイライトで遊び心も忘れずに

Hair:DAISUKE(MAGNOLiA Aoyama)

髪は濡れると2レベルほど暗く見えることを利用して、地毛の中に10レベルのハイライトを。そのぶんカットはこめかみ下まで刈り上げと前下がりのセイムレイヤーできっちり感を持たせておく。ジェルでウェットにすればハイライトは消えてON仕様に。

スタイルの担当者のサロンは取材時の所属です。

(出典:「Men’s PREPPY 20201月号~20222月号」)