えっ? 車内でピザが焼ける? 道無き道で優雅にワインが飲めるコンセプトモデルが北米レクサスから誕生。

  • 2024.06.21

レクサスといえば北米マーケットで販売を開始し、現在では日本を初め、世界中でそのネットワークを広げていった高級車ブランド。その中でも圧倒的な存在感を放つSUVがGXだ。日本国内では新型のGX550が2024年の秋から販売されるというけれど、アメリカでは今回の新型GXの発売を記念して、モノグラムGXが登場。その内容が実にラグジュアリーでおもしろい。

高級家電ブランドとコラボした動く高級キッチン。

今回登場したモノグラムGXは、アメリカのハイエンド家電ブランドである「モノグラム」とコラボレーションしたモデル。そのスタイルは今までにない斬新なコンセプトで、ノーマルのGXよりもはるかに豪華な内装なだけでなく、ワインセラーや冷蔵庫、それにオーブンを搭載した驚愕の仕様。そのためにリアゲートを観音開きにするなど、大幅なカスタムが施されている。

つまり出先でピザを焼き、ワインをたしなむなんていうシーンを実践できるってわけだ。北米のレクサスは「ラグジュアリーとオフロード性能の融合」なんてコンセプトを掲げているだけあって、GX本来の高い走行性能を犠牲にすることなく、セレブも納得の高級キッチンを車内に搭載してしまった。

まるでリムジンのような装備が標準で付いてくるというスペシャル感がすごい。冒険もできるし料理もできる。あとはルーフに高級テントを装備すればラグジュアリーオーバーランダーが完成するってわけ。

ただし、ワインを楽しんだ後の運転はご遠慮ください。あしからず。

ボディカラーはマットグレー。モノグラムの特徴でもある真鍮色のゴールドカラーをモチーフにエンブレムやドアハンドル、それにルーフラックなどにアクセントとしてゴールドを使う。最大の特徴はリアゲートが観音開きに変更されている点。なぜかといえば? 下の写真をご覧あれ。

リアゲートを開くと現れるのはラゲッジスペースではなくモノグラムのオーブンが登場。ここで本格的な調理ができてしまう。リアの視界はバックモニターとサイドミラーで確認するという大胆な仕様であった。

本来はラゲッジスペースになる後部のサイドウィンドーはダミーで、上に開くことができるサイドパネル仕様。ここがワイングラスを収納するスペースにカスタムされる。このアイデアは今までの自動車の歴史の中でも珍しい仕様。

リアゲートの内側はボトルなどが収納できるラックにカスタムされ、ここをミニバーにすることができる。つまりリアには個人的な荷物を積載するスペースは無いという潔さ。もちろんここに安物のお酒は似合わない。

当然内装も豪華な2トーンで、キャメルレザーをメインマテリアルに採用する。セカンドシートのセンターコンソールにはデクトン(超圧縮磁器)の大理石調プレートなども置かれ、どこまでも高級感を突き詰めている。遊び心というよりも、かなり本気な作り込みに圧倒される。セレブも納得してくれること請け合い。

これがどっしりとしたスタイリングが存在感を放つノーマルの2024年式レクサスGX550。これでも十分にラグジュアリーである。通常モデルはリアゲートは跳ね上げ式になっている。

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部