伝統のスタイルを継承したロイヤルエンフィールドにはミリタリーをプラスしたコーデがよく似合う。

  • 2024.06.07

かつて「新車で手に入るヴィンテージ」として人気の高かったロイヤルエンフィールドのBULLET350。ここ数年は日本での販売が見送られていたものの、昨年行われたモデルチェンジを受け、再び日本で販売されることとなった。だからこそ、あらためて乗るときのコーディネイトとともに見直してみようじゃないか。

バイクのイメージに合わせ、ミリタリーを意識したアイテムでまとめたい。

近年、続々と新しいモデルを投入してその勢いを増すロイヤルエンフィールド。中でも「ブリット350」は、なんと1932年に登場して以来、現在まで販売され続けている超ロングセラーモデル。’90年代にはここ日本でもアンテナの高い人たちの間で、新車で購入できる「本物のヴィンテージ」として人気を集めたことでも知られたモデルだ。

そんな歴史あるブリットだが、昨年本国インドでフルモデルチェンジ。ここ日本では何年か導入が見送られていたが、今回の刷新を受け、再び日本でも販売開始され、多くのバイク乗りから注目を集めているのだ。

新型とはいえ、基本的なエンジンや車体構成などは現存するほかモデルとの共有部分も多いのだが、タンクの形状や手作業で描かれたピンストライプ、そして往年のヘッドライトナセルや独特なダブルシートの採用など、このモデルならではのアイデンティティといえる部分を継承。1932年から紡がれてきた歴史を受け継ぐにふさわしいスタイルとなっている。

ブリットは、インドで最もベーシックなモーターサイクルと認知されているうえ、長い歴史からインド軍にも採用されたという背景をもつ。それだけにアメリカンカジュアルとの親和性の高いミリタリーとも相性抜群。ちょうどいい排気量に軽い車体のブリットは、気軽なファッションでバイクに乗りたいという人のベストな相棒となってくれるハズだ。

合わせるバイクはRoyal Enfield BULLET 350。

ベーシックなフレームに排気量350ccの単気筒SOHCエンジンを搭載。90年続くデザインを継承しつつも、フューエルインジェクションをはじめ、あらゆる状況に対応するABS(アンチロック ブレーキシステム)、往年のデザインながら最新式のアナログ&デジタルメーターのほか、ハンドルまわりにはUSBポートも備えるなどスペックは最新。価格は69万4100円、上の写真のプレミアムは70万1800円

ライトとフロントフォークを覆うヘッドライトナセル。上部の左右にある「タイガーアイ」と呼ばれる小さなランプはBULLETならではの特徴だ。

フリーハンドによるピンストライプが特徴のタンク。この太さの異なる2本のラインも昔ながらの伝統的装飾である。

独特な形状のダブルシート。グラブバーを備え、使い勝手にも優れている。

BULLET350に合わせたいアイテムがロイヤルエンフィールドには充実している。

アパレルも充実しているのが近年のロイヤルエンフィールドの特徴。バイク乗りに特化したデザインだけでなく、カジュアルなアイテムも展開している。街中でも自然と馴染むデザインも豊富で、御覧のようなミリタリー調のコーディネイトも可能。軍にも採用実績のあるBULLETだけに違和感なくフィットする

Flannel Lined Shirt 1万7270円

Mountain RE T-Shirt 5280円

TORNADOES CAP 1 OLIVE 3410円

Trials IB T-Shirt 5060円

A MOTORCYCLE WAY OF LIFE RED 3300円

TRAIL BLAZE CARGOS OLIVE 参考商品

ROYAL ENFIELD×RS TAICHI DRYMASTER-FIT HOOP SHOES 2万6180円(2024年秋発売予定)

CLASSIC SLING BAG OLIVE 9350円

【DATA】
問い合わせ/ピーシーアイ  https://www.royalenfield.co.jp/
取材協力/ROYAL ENFIELD TOKYO CENTRAL  TEL03-5941-7753

(出典/「Lightning 2024年7月号 Vol.363」)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部