ホットサンドが食べたい症候群に罹患。4w1hのホットサンドソロ(リニューアルVer. )

  • 2023.03.22

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 今回は、「アマプラにある昭和ドラマ『パパと呼ばないで』に最近何故かハマっている。主役の石立鉄男の3枚目役の演技が、ジャッキー・チェンの演技と被る(いい意味で!)」と語る、ストリート&ミリタリー担当・ADちゃんがお届け!

4w1hのホットサンドソロ(リニューアルVer. )

いまではその理由も思い出せないぐらいだが、その時は何故かホットサンドが無性に食べたかったんだ。こんがりときつね色に焼けたことにより、小麦の風味がより増した食パン。その中身は何にしようか? シンプルにハムとチーズだけで攻めるか。それともゆで卵とマヨネーズをあえて作った、たまごマヨソースを挟んでやろうか。いやいや、ここはちょっとジャンクな方向性で、コンビーフとチーズ、アボカドを組み合わせてみるか……。

想像しだしたらほんとキリがない。だからなんとしても美味いホットサンドを喰らってやる。

腹ペコな動機に突き動かされながら、ホットサンドのレシピをネットで検索し始める私。

そんな時、出会っちゃいました、コイツに。

食パンの耳を切らずに1枚だけで美味しいホットサンドが焼けるホットサンドソロ。食パン1枚で具をくるりと巻いて焼くので一口サイズに仕上がる。だから子供の朝食とかにも便利。しょっぱい具材ではなく、甘い系の具材を挟めば、小腹が空いた時のおやつも作れちゃう。4950円(燕三条キッチン研究所 https://4w1h.shop-pro.jp/

4w1h(ヨンダブリューイチエイチと読む)というブランドで、キャンパーたちの間でかなり高評価を得ているホットサンドメーカー。その特徴は、1枚の食パンで、一人分にちょうどいいサイズのホットサンドが作れるのだ。

校了が終わった真夜中の帰宅時。家族が寝静まったリビングで、おもむろに卓上コンロを取り出す。そして缶ビールを開けながら、つまみになるホットサンドを作るのが、目下の楽しみである。

買ったら嬉しくなっちゃって、バリスティックスのポーチも買
っちゃいました(笑)。ぜひお試しあれ
じっくり弱火で焼いた方が旨く焼ける。片面を2~3分焼いたらひっくり返し、時々開けて焼き具合を確認しよう
とりあえずシンプルにハムチーズにしてみた。ただし、チーズにはボリューミーな「裂けるチーズ」をチョイスした
分離式なので焼いた後、お皿に乗せる時も便利だし、食べ終わった後もしっかりと洗える。ツートーンなのは返し間違いを防止するためだ

(出典/「Lightning 2023年4月号 Vol.348」)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部