東京カフェシーンに「乾いた砂漠の情景」が出現!“ORTIGA”Espresso works & Moto space

アメリカンバイクとカフェ、普通なら相容れないであろうこの2つが融合した
コンセプトカフェ&ショップのORTIGA が、東京屈指の観光スポットである浅草に今夏オープンする。お店が持つ独特の世界観から取り扱いメニューまで、唯一無二の魅力をたっぷりと掘り下げていこう!

西海岸のデザートをエッセンスに“好き” で創り上げた夢の空間。

「バイク」と「カフェ」という通常なら相容れることのない2つの要素を絶妙にミックスし、「カリフォルニアにある砂漠のリゾート」というシチュエーションをコンセプトに誕生したのがカフェ「オルティガ」だ。

アメリカの広大な荒野を走るバイク、そして見えてくる砂漠のリゾート感のあるカフェの風景を念頭に、内装はカリフォルニア工務店、植栽はソルソ、サインアートはシェイキンスピードグラフィックスが手がけ、店内は独特の世界観が広がる。

「ORTIGA Craft Work HAVE a Lot of FUN!」と壁全面に描かれたバイクスペース。昔、ガレージでコーヒー飲めたら面白いよね。と話したストーリーは現実となった

もちろん扱うメニューにもシェフやバリスタのこだわりが満載。オムライスはかけるソースに合わせてライスの味も変え、チキンサンドは本場アメリカのサクサクの食感を忠実に再現。今後はリブサンドなどのメニューもオススメとして展開していくとのこと。またコーヒーに関しては、南米の3種の豆の配合を変えながら、2年の月日をかけて改良した至極の味に仕上がっている。そしてエスプレッソに関しても、ニュージーランドでのバリスタ経験がある店長が本場のオセアニアスタイルを提供する。

1階の入り口を入ってすぐのカフェキッチン。ここにもデザインコンセプトであるデザートの要素が盛り沢山。天井は元々のデザインを有効活用している

砂漠に咲く花であり、薬草としての効用もある植物の名前から店名を配した「オルティガ」は、花のように見た目にも美しいだけでなく、薬草のように身体にも良いメニューを我々に提供してくれる。

バイクスペースのガラス壁には「ALWAYS FRESH! Speciality COFFEE」の文字。昔、作業所で味わっていたコーヒーが格別の味だったことが伝わってくる

バイクファッションにぴったりなMMMプロダクツのレザーキーホルダーや ベルト、チェーン付き財布も揃う。こういった小物がバイクガレージの雰囲 気をより一層引き上げてくれる
記念にスタッフで集合写真をパシャリ。やる気に満ち溢れた笑顔は、まるでこれからの明るい未来を案じているよう。美味しい料理と香り高いコーヒーがあなたを出迎えてくれます

イカした内装はカリフォルニア工務店がプロデュース!

内装は西海岸の砂漠リゾートをコンセプトにカリフォルニア工務店、トカゲをあしらった遊び心あるフェイク植栽はソルソ、サインアートはシェイキンスピードグラフィックスが手がけ、この唯一無二の世界観を創り上げている。

コーヒー豆はこだわりの自家焙煎!

毎日変化する気温と湿度に合わせ、タイマーと温度の上昇を見ながら火をコントロール。神経を尖らせながら作りあげる豆は香ばしさに溢れる。

オルティガが出すお店定番のブレンドコーヒーは、南米の3種の豆をブレンドしたもの。店舗のオープンに向け配合を変えながら、改良に改良を重ね、およそ2年の開発期間を経てこの味に行き着いた。

清潔感ある焙煎所は、なんとバリスタの自宅を改装して造り上げたというこだわりっぷり。焙煎機は25年前のラッキーコーヒーの8キロというヴィンテージマシーンをレストアした代物。アナログな要素を含んでいるからこそ、バリスタのスキルがモノを言う。

オルティガの看板メニューはソースも選べるオムライス!

お店の顔となるオムライスは、バターライスにマスタードクリームを合わせた絶妙な味わいで、ソースはケチャップへの変更も可能。オムライスプレート 1000円

チキンサンドはアメリカで食べた味を忠実に再現しており、衣にジャガイモのでんぷんを使うことでサクッとした食感に仕上げている。チキンサンドプレート 1100円

スイーツはチーズケーキやティラミスなど数種類を用意。夏に欠かせないアイスラテと、泡が少なくコーヒーフレーバーがより深く感じられるフラットホワイトはお店のオススメ。アイスラテ 850円、フラットホワイト 750円

【DATA】
Cafe Information オルティガ
東京都台東区雷門2-16-13
営業/8:30〜20:00
休み/火曜
instagram @ortiga_asakusa

(出典/「Lightning2022年9月号 Vol.341」)