ライトな自転車乗りにおすすめヘルメット! “カスク”はご近所ポタにちょうどいい。

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介!

今回は「最近になり、ふと植村直己について知りたくなり、彼が手掛けた本を読み耽る毎日。彼の体験した数々の冒険行を文字で追体験するのが、目下の現実逃避術(笑)」という、ストリートカルチャーとミリタリー通のADちゃんがお届け!

ポタリングにちょうどいい「Rin project」のCasque。

暖かくなってきたのでここ最近はピストに乗っている。といっても通勤で乗るわけでもなく、もっぱら近所をポタリングしている。このポタリングは、ブラブラするという英語の「Putter」から派生した、のんびりと目的地を決めずに、自転車で散歩するような乗り方を意味する。

そんなリフレッシュな遊びをしているのだけど、昔ほどの体力も無くムチャな乗り方が出来なくなってきている。こんなんで怪我をしたらたまらんと、何かしらの防御策も必要だと思い始めた。

ただ自分の中でクロモリフレームのクラシックな自転車に似合う、現代のヘルメットってなかなか出会えないってこともあって。ポタリング目的での使用だし、もう少しライトな感じのものはないかと探したら、リンプロジェクトのカスクに出会った。

柔らかく鞣された牛革をアウターに使い、ウレタンと衝撃吸収シートの2層構造となったクッションを内蔵する。ヘルメットほど衝撃吸収性はないが、額や後頭部へを保護してくれる。1万5400円

カスクとはかつてのトラック競技や自転車レースで使われた頭部保護具のこと。もちろんヘルメットに比べたら衝撃吸収性は劣るけど、コンパクトに畳めて軽量に使えるのが利点。のんびりと気ままに走るのならうってつけ。

サイクリングキャップと被るといい感じの見た目に。他にもニットキャップやベースボールキャップでも選ばず被れるので便利
後頭部の部分のリンプロジェクトのロゴがデザインされている。これはリフレクター兼蓄光塗料となっており、暗闇でも目立つ
光沢感のある柔らかい牛革素材をアウター部分に使用。使い込んで 傷とかシワとかを刻んで、自分だけの風合いに育てようと思う

ストラップを巻き込むように畳むとコンパクトにもなる。広げたら、戦車兵の頭部プロテクターを彷彿させるの で気に入っている

【問い合わせ】
リンプロジェクト 
https://www.rinproject.com

(出典/「Lightning 2022年7月号 Vol.339」)