ヤングタイマーなアメリカ車との付き合い方は自然体に限る!|1987 CHEVROLET C-10

編集部イチのアメリカ車好きであり、自身も数々の旧車を乗り継いできた編集部の最古参・ラーメン小池。最近ではLightning、2nd、CLUTCH magazineの公式YouTubeチャンネル「CLUTCHMAN TV」でも“ライトニングガレージ”という、アメリカ車好き全開の動画連載を開始した。今回は、ピンストライパーのケンザフラットトップさん流のアメリカ車との付き合い方を紹介しよう。

V8エンジンのサウンドともに、長距離ドライブを。

ピンストライパーのケンさんが10年以上、公私ともに使っている1987年式のシボレーC-10。もともとケンさんは職業柄、塗料を常に携帯し現場に行くのが日常。可燃物の塗料は飛行機に持ち込むことができないし、手荷物には重すぎる。そんな思いを解決してくれるのが大きな荷台を持ったピックアップトラック=アメリカンピックアップだった。

アメリカでピックアップトラックの存在はもはや定番車種で、GM、フォード、クライスラーの3大メーカーすべてがずっと生産している。そのなかでもケンさんが昔から欲しかったのがC-10で、もともとはもう少し旧い年式を探していたところ、このモデルに出会って購入した。毎日のように使うので、旧車ならではのちょっとした故障やパーツの劣化は当たり前、それでもコツコツと修理し、長年乗っていることで今では完調そのもの。このクルマで遠くは青森まで自走で行くほど、自身に欠かせない相棒になっている。

搭載するエンジンはシボレーのスタンダードなV8エンジンである350キュービックインチ(5700cc)のスモールブロック。組み合わされるトランスミッションは4速AT。高速道路ではかなり低燃費走行が可能なので(もっと旧いアメリカ車と比べるとだけど)、自走での長距離ドライブは意外にも楽なのがアメリカ車らしさ。事実、アメリカの真っ直ぐ続くフリーウエイをダラダラと走るイメージを楽しめるのがケンさんのお気に入りポイント。ハードな仕事の帰り道に、大好きなV8サウンドを聴きながら夜中の高速道路を流すように帰るのが気持ち良いんだそう。まさにアメリカのV8エンジン好きらしいコメントが印象的。

もともと小さな頃に観たアメリカ映画に登場していたアメリカで日常的に使われているクルマに憧れていただけに、あえて洗車もしないのがスタイル。塗装も長年の日射しにやられてカサカサになっていたり、表面に錆びが浮いていたりするところが、逆にアメリカンだと微笑む。実際に友人のアメリカ人を乗せたところ、日本にいるとは思えないとコメントされたことがあるほど、リアルアメリカンも認めるスタイルは逆に勉強になる。常にクルマをピカピカに磨くことだけがスタイルではないと教えてくれるケンさんとヤングタイマーなアメリカ車との付き合い方はまさに自然体がなせるワザなのかもしれない。

▼V8サウンドを聞きながらのドライブトークはこちらの動画でチェック!