H-Dのカスタムビルダーが憧れ続けたマーキュリー。|マーキュリー・クーガー【東京カーライフ】

ポニーカーの代名詞として知られるフォード・マスタングが上級ブランド、マーキュリーから兄弟車としてリリースされたのがクーガーだ。コンパクトな車格でありながら、唯一無二の洗練されたデザインは、マスタングとは趣向が異なるゴージャスな存在感を漂わせる。

「BOOTLEG」代表・菊原陽二さん|旧車のチョッパーから高年式のハイパフォーマンスなクルーザーまで、H-Dを中心とした幅広いスタイルを手がけるカスタムビルダー。クーガーは’68年の他に現在不動の’70年も所有する

オリジナルを基調にオプションパーツでモディファイ。

クーガーはマスタングの兄弟車として上級ブランドから登場しただけによりゴージャスな仕様が目立つ。ホイールベースはマスタングより3インチ長く、ロングノーズが際立つシャープなシルエットだ。純正オプションのチンスポイラーによってレーシーな雰囲気が漂っている

埼玉県のH‒Dカスタムショップ、ブートレグの菊原さんの愛車は’68年式のマーキュリー・クーガー。菊原さんは、10代の頃からアメリカのモーターカルチャーに傾倒し、日本の雑誌のみならず、アメリカのホットロッド誌やチョッパー誌を読み漁っていたクレイジーな高校生だったようだ。そして、当時雑誌で見た’67年か’68年のマーキュリー・クーガーに衝撃を受け、それ以来憧れ続けていたクルマなのだ。

車体が見つかったのは約7年前。ランニングコンディションのはずが、実際に日本に到着したクルマはそのまま路上に出るのは難しく、足周りの整備に始まり、シフターの調整やエンジンのフルオーバーホールなど、大掛かりな修理も必要となった。そして、現在の姿に辿り着いたのが2年前。ナンバーを取得し、ようやく路上デビューを果たしたが、自身がヴィンテージバイクを扱うプロビルダーだけに走行性能への視点はシビアだ。気になるところは尽きないそうで、今も更なる進化を目指している。

そして、菊原さんはバイクはもっぱらカスタムを好むが、クーガーはオリジナルを基調としたスタイルをキープしたいのだと言う。

「当時衝撃を受けたオリジナルのデザインに今でもリスペクトがあるので、基本的にはこのスタイルのまま、足回りの見直しやエアコンの設置など普段乗りとしてストレスなく使えるクルマに仕上げていく予定です」

「1968 MERCURY COUGAR」のディテールを拝見!

ステアリングやダッシュはオリジナルをキープ。ウッド調のダッシュがフォードの上級ブランドらしい高級感を演出する。

フォード・ウィンザー V8 351エンジン。スモールブロック302をベースにストロークアップしたエンジンはパワフルな走りを実現。

フロントフェイスと同様、クーガーの象徴的なディテールであるシーケンシャルパターンのテールライト。ルーフはバイナルトップ。

クーガーの最大の特徴であるファントムグリル。ヘッドライトを点ける時はエンジンの負圧を利用してグリルの両端が開く仕様。

前後ホイールはオリジナルのデザインを踏襲した純正オプションの15インチアルミホイールを採用。

(出典/「Lightning2022年7月号 Vol.339」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。