モヒカン小川とランボルギーニ三浦がアポ無しで行く! 春の新作アイテムを抜き打ちチェック!【後編】

  • 2022.05.28
  •              

春の新作をチェックしに、アポなしでショップを回り、突撃調査。人気ショップの旬のアイテムを2回にわたってレポートする。今回は後編。

1.SMART CLOTHING STORE HARAJUKU[ スマートクロージングストア原宿店 ]

’91年にスタートし、フライトジャケットなどの復刻でその名を世に知らしめたフェローズが手掛けるスマートクロージングストア。いまでは日本全国に何店舗もあるけど、この原宿店がその元祖。フェローズだけでなく、センスのいい姫野店長がセレクトした色んなブランドのプロダクツも取り扱っていて、楽しく買い物できるショップだ。広い店内にはたくさんの春物が入荷中。アポなし突撃のこの日も、入荷作業で大忙し!

モヒカン小川とランボルギーニ三浦Choice!

ナチュラルカラーのボディに雰囲気のいい染み込みプリントが施された1着。ボンネヴィルらしいスピード感に溢れたデザイン。5280円

実はどんなブランドもロゴTシャツって人気らしい。フェローズもやぱりそう。4290円

ヴィンテージのゴーギャン・ セレクトショップ。ウッドカットのようなデザインのレーヨンシャツがかなり気になる。配色が豊富で悩むぞ。各1万7380円

目から鱗だったのがこのフェローズのベスト。オーバーオールとフィッシングベストを融合した感じでかなり使いやすそう!1万7930円

フェローズの新作オーバーオールを発見。クラシックなデザインだけど白ベースのストライプなので誰でも合わせやすそう。3万2780円

【DATA】
東京都渋谷区神宮前6 丁目7-16 グルー原宿ビル1F
TEL03-3406-0012
営業/12:00~20:00
https://pherrows.tokyo/

2.STANDARD CALIFORNIA[ スタンダード カリフォルニア ]

カリフォルニアに代表されるアメリカ西海岸のカルチャーの魅力を、ファッションを通じて提供してくれるのが、スタンダード カリフォルニア。ヴィンテージ古着、オリジナルプロダクツ、カリフォルニアからのインポート品を取り扱う。古着好きが思い描くアメリカを感じられるお店だ。店内を物色しているだけで笑顔になれるはず。ただいま春物が続々入荷中!

モヒカン小川とランボルギーニ三浦Choice!

今季のテーマ「Hit The Road」にちなんでツアーTシャツをイメージした、AH×スタンダード カリフォルニアのTシャツ。9900円

金子眼鏡に別注したオリジナルのアイウエアも人気シリーズのひとつ。今季はボストン型のType4をクリアフレームで。2万7500円

リーバイスの70505(2万6400円)。今ではスモールeモデルでも価格高騰中。グッドカラーを多数販売しているので、お探しの方はぜひ!

スケート系のヴィンテージTeeも多数販売中。JIMMY’Zのかなりレアなものの中にPOWELLの1着を発見! 2万7280円

ヴィンテージのリバースウィーブの在庫もかなりのもの。手に持っているGEORGETOWN、サイズが合えば欲しかった!  1万9800円

【DATA】
東京都渋谷区恵比寿西1 丁目10-14-2F
TEL03-3770-5733
営業/12:00~19:00(時短営業)
休み/水曜
https://www.standardcalifornia.com/

3.JEALDO FLAGSHIP STORE[ジェラード フラッグシップストア ]

高円寺でのヴィンテージストアに始まり、超希少なALASKA柄のヴィンテージスカジャンの復刻でスタートしたのが、ジェラードというブランドだった。当初はヴィンテージストアと並行してジェラードの旗艦店もオープンしたが、その後はジェラードに集約。恵比寿を拠点に東京らしいヴィンテージスタイルを提案し続けている。元ヴィンテージストアらしくヴィンテージを相当数所有し、たまに店頭で放出も……。

モヒカン小川とランボルギーニ三浦Choice!

ジェラードの人気の41カーキ・チノをもとにコバート生地でアレンジした「41COVERT」というモデル。2万7500円

’43年の米陸軍のM43 HBTジャケットをもとに、シャツ感覚で着られるコットンリップストップ生地で仕立てた。2万5300円

’50年代のワークシャツをもとにしたUnionworkers Shirt。素材はインディゴギンガムチェック。1万9800円

ヴィンテージの“綿パキ” のロックTeeを彷彿とさせる。ジェラード初の架空バンドのパロディTシャツ「Hells Tee」。1万2980円

【DATA】
東京都渋谷区恵比寿西2 丁目16-6
TEL03-3464-0557
営業/12:00~20:00
http://www.jelado.co.jp/

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning2022年6月号 Vol.338」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア