今シーズンは、「ステディ」のSTD-88aでクラシックなフレンチに挑戦。

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介!

今回は、「寄る年波には勝てず、ついに今回から遠近両用レンズにすることに。しっかり検査してもらったところ年齢的には平均的な老眼なんだと。また大人の階段をひとつ登ってしまった」と、老いを感じる編集部の最古参・ラーメン小池がお届け!

こだわりの詰まった、「ステディ」のSTD-88a

同じデザインでフレームのカラバリはあるけど、クリスタルブラウンが金子さんからの提案。なんだかクリア系のフレームって久しぶりだけど、今の気分にはぴったり。いつものようにメガネヤヒカリノアトリエ(TEL03-6874-6849)さんで私的に定番となったグリーン25%のレンズを入れる。3万9600円

メガネをシーズンごとに新調していることは、以前のこのページでも紹介したけど、今シーズン挑戦するのがこちら。いつも私のメガネは公私ともに親好があるステディのデザイナーである金子さんに選んでもらっている。そんな金子さんからの「今回はこれ」と出てきたのがクラウンパント。

クラウンパントとはリムの上部が直線的で、下部がラウンドしているデザインのことで、1950年代にフランスでメジャーだったスタイルだ。そんな昔ながらのエスプリの効いたデザインをベースに、金子さんの絶妙なサジ加減が光る。私にとってはダブルブリッジ、イチヤマに続く新たな挑戦状が届いた感じ。

もちろん断る権利はない(笑)ので、こいつにする代わりに、このモデルのうんちくを聞こうとすると、本人は「そういうことってあまり言うことじゃないよ」と、教えてくれない。

というわけで、夕方からお酒を飲ませて聞き出すと、けっこうな作り。ブリッジ部分やテンプルのアンティークゴールドなど、細かい説明は下のディテールカットを見ていただくとして、そこは今年で10年になるブランド、こだわりがないわけない。そんなうんちくたっぷりながら、メガネだけがでしゃばらないすっきりとしたデザインに今回も脱帽なのである。

本来はネジとピンで留まっているブリッジ部分に小判型の突起を作り、 木工のほぞ組みの要領で接地面積を広げたバンプブリッジが特徴。 使用によるがたつきを軽減!!
テンプルはβチタン製の下地にゴールドメッキし、さらにスズコバルトメッキを重ねてシャーリング加工。貴金属メッキのみで表現され、使い 込むと下地のゴールドが見えてくる
リムの上部がご覧のように直線的なデザインながら、下部はラウンドしているというのがクラウンパントの特徴。リムとモデンはアセテート、ブリッジとヨロイはチタン製になる

【問い合わせ】
ステディ 
TEL03-5787-8371
http://www.steady-2011.com

(出典/「Lightning 2022年4月号 Vol.336」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。