街にも山にも気軽に出れる! ROYAL ENFIELD HIMALAYAN

アドベンチャーにカテゴライズされるバイクは長距離移動を想定しているため大排気量エンジンを搭載するのが一般的。しかし、このヒマラヤは411ccエンジンを積んだ中排気量のアドベンチャーモデルという新たなジャンルを切り開いた。

小さなエンジンとはいえ街乗りでの非力さは一切感じなく軽快に走れるのも魅力だが、筆者のようなリターンバイカーでも思い切ってアクセルを開けられる楽しさがある。車重も軽く、取り回しも抜群。パニアケースなども装着できるため同クラスのバイクと比べても積載量は多い。そんな全てに置いてバランスよく仕上がっているヒマラヤは街乗りやキャンプツーリングで活躍してくれるに違いない。

新たなジャンルを切り開いた中排気量のアドベンチャーモデル。

足つき性もよく女性にもオススメ。誰でも乗りやすく、街乗りから林道までこなせるタフな性格が最大の魅力。キャンプにいくにももってこいの車両。エンジンは空冷単気筒の411cc。

HIMALAYANの細部をチェック!

フロントは3大径のABSディスク。ホイールは21インチホイールを組み込み、オフロード走行にも対応。

フロント周りからタンク前方までを覆うガードフレーム。ヘビーデューティな印象を与える秀逸なデザインだ。

ダウンチューブ脇にはオイルクーラーをセット。アンダーガードも装着し、オフ走行でのヒットを軽減。

エンジンは空冷単気筒の411cc。鼓動感もあり、パワーをきっちり使い切れるため、ビギナーでも扱いやすい。

【スペック】

  • 全長:2190mm
  • 全幅:840mm
  • 全高:1360m
  • シート高:800mm
  • 車両重量:199kg
  • 排気量:411cc
  • 最高出力:24.3bhp(6500rpm)
  • 最大トルク:32Nm(4000-4500rpm)
  • 価格:62 万5000 円〜

【問い合わせ】
ロイヤルエンフィールド東京ショールーム
TEL03-5941-7444
http:/www.royalenfield-tokyoshowroom.jp

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Ligthning 2021年8月号Vol.328」)