単なる機械を超越した、本物のナックル「1946年式ヴィンテージ・ハーレー」。

10代で古着の世界に傾倒し、後にヴィンテージレザージャケット専門店をオープンさせた「サンセットベイ」代表・ジャーニー加藤さん。現在は豊富な知見と経験を活かし、シンプルで実用性に優れたオリジナルレザージャケットを製作している。彼の愛する、ヴィンテージハーレーとは? お話を伺った。

旧きよきハーレーの王道を行くモーターサイクル。

「ナックルが好きと言うよりはこの子が好きなんです。最初に出会った時の印象がすごくて、ひと目見て欲しいと思ったんです。絶対に売りに出ないと聞いてたので諦めてたんですけど、2年前にタイミング良く売る話が来て何も聞かずに買いました」

シンプルで日本人の体にフィットする、実用的なオリジナルのライダースジャケットを製作している加藤さん。

10代の頃から古着店に足繁く通い、そこでヴィンテージバイクに乗り、革ジャンを着ていた先輩たちのかっこよさに衝撃を受けた。

そして自らもそうなりたいと、ハーレーのパンヘッドチョッパーを経て、このナックルヘッドに辿り着いた。

ヴィンテージハーレーの魅力は、生き物みたいなところだという。

ガソリンを送り込み上死点を確かめ、キックペダルを勢いよく踏み下ろすエンジン始動の所作は旧車乗りの儀式のようなもの。時に機嫌が悪いこともあり、機械なのに生き物のように思えてくることもあると言う

エンジンをかけるまでの作業も、メインテナンスを必要とすることも、知らない人から見れば面倒でしかない。昨日は調子よかったのに今日は……、ということもある。

しかしそれも自分にとっては、心の火を灯して走り出すための会話のようなものだという。

「ナックルは自分にとってのオプションではなくて鏡。ファッションともリンクする、自分自身を体現できる乗り物。単なるバイクだけで終わってないですよね。何十年も前に作られたのに走る本当にすごいモノ。リスペクトです」

深い海の緑をイメージしたCLYDEのシーグリーン。近年は顔料で着色するものが多いが、着込んだ先の自然な経年変化を考慮して染料で革を染めている

1946 H-D FLのディテールを拝見!

初めてOHV(オーバーヘッドバルブ)機構を導入し1936〜’47年まで生産されたナックルヘッド。1000㏄のE、ELと1200㏄のF、FLがあった。ハーレーダビッドソンを代表する傑作車のひとつで、希少価値が非常に高いレアなモデルだ。

純正スピードメーターと2ライトのキャッツアイメーターダッシュ。ヴィンテージバイクの魅力のひとつは現行モデルにはないディテールのデザイン。

ヴィンテージハーレーの大きな特徴であるハンドチェンジ+フットクラッチ。左足でクラッチを操作し左手でシフトする操作感は独特で面白い。

スプリングマウントの純正ソロサドルシートはアトリエチェリーが製作を担当。本革のシートは使い込むほどに馴染み、時と共に変化していく。

【取材協力】
サンセットベイ
TEL0467-84-7740
http://sunsetbay.jp

(出典:「Lightning Vol.283」)