雨天厳禁の思い切ったルーフレス仕様!1927年式フォード モデルTでバス釣りに行く男。

最終更新日 2022.06.13 公開日 2020.12.07

ホットロッドに乗ってバス釣り!? そんなアングラーは世界にどれくらいいるだろうか。そんな奇特なひとりが原宿と栃木の佐野に店舗を構える「ウルフマンバーバー」の曽原さんだ。好きなアメリカンカルチャーを純粋に追いかけて、今の形になったという彼のホットロッドとの付き合い方を紹介しよう。

世界に何人いる? ホットロッドでバス釣りに行く男。

禁酒法時代からホットロッドカルチャーが盛り上がったゴールデンエイジまで旧き良きアメリカのカルチャーに精通する曽原さん。氏が手掛ける「ウルフマンバーバー」を訪れると、その世界観がひしひしと伝わってくる。自身もポマードで固めたフェードスタイルにタトゥー、ホットロッドといった男らしいスタイルを地で行くのだが、そこに昔から大好きなバス釣りが加われば、こんなライフスタイルになるわけだ。

昔から訪れている定番のバススポットである多々良沼。60センチオーバーの大物もいるそうだが、難しいポイントでもある

「けっしてバス釣りに行くためにホットロッドに乗ったわけではありません(笑)。まったく理に適ってないですから。昔からホットロッドカルチャーが大好きで、アメリカのバーバーをやってる連中なんかが乗ってるのを見て、漠然と乗りたくなったんです。

多々良沼の釣り場に入る際に通る橋。屋根がないので、乗るのは晴天時のみと決めている。バイクのような爽快感を味わえ、 奥さんと軽くクルージングするのが休日の日課だとか。冬はかなり寒いのでカーコートを着用するそう

普段は東京にいて、休みになると本店と自宅のある佐野に戻るというルーティンで過ごしていて、休みの日にホットロッドに乗ることが最高の気分転換なんです。それと昔から続けているバス釣りもリフレッシュできる趣味のひとつ。住んでいる佐野には、車で30分程度で有名なバス釣りのスポットがいくつかあるんです。そこにホットロッドでドライブがてら行って、釣りを楽しむ。そんな休日が好きなんです」

佐野市街から少し離れると田園風景が広がる心地いい道に。ホットロッドなので、ロングツーリングよりも近所を軽くクルージングするくらいがいい

【1927 FORD MODEL-T】 オフロードも狭い道も、どこまでも行ける釣りの相棒を拝見!

エンジンは、キャデラックの331cu.in.(約5.4リッター)のV8エンジンに換装。これはキャデラックが初めて手掛けたOHVのV8エンジンで、現在の道路事情でもストレスなく、気持ちいい加速感を味わえるとか。

荷台部分のウッドはすべて貼り直している。2人乗りだが、荷物はかなり乗るのでバス釣りに行く際も便利。

エンジンは1949年製であるが、ハンドルやミッションなどは、1927年当時のものを活かしている。クラッチがかなり重たいので、渋滞中はまるで筋トレのようになるのもご愛嬌。シンプルなインパネ周りも純正を活かしている。ホイールもキャップも当時のものを使用。車体はオールペンしてあるが雰囲気あり。

荷台のウッド製の柵には、ウルフマンバーバーのペイントが入っている。これもアーティストのスケッチさんによるもの。愛用のロッドはフェンウィック。

曽原さんのお店がこちら!

【DATA】
ウルフマンバーバー佐野店
佐野市高萩町1207-5
TEL03-6447-4285
営業/9:00〜20:00
休み/月曜、第1・3 火曜
http://hair-wolfman.com

(出典/「Lightning 2018年8月号 Vol.292」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。