Honda(ホンダ)を代表するバイク、“CB”の系譜。歴代名車31台を紹介!

1958年、ホンダは125cc の量産バイクでは世界初となる空冷4ストローク2気筒エンジンを搭載したC90を発売。それをレース対応モデルにしたのがClub Man Race から採った“CB”を冠する最初のモデル・CB92スーパースポーツだ。以降、CBシリーズはその時代ごとに国産モーターサイクルを代表する4ストロークロードスポーツへと発展。そして2017年、スポーティーバージョンのCB1100RS が登場したことで、新しい“CB”の歴史が始まったのである。

▼“CL”はこちらの記事をチェック!

国産初のスクランブラー「1962 ホンダ CL72」を知っているか?

国産初のスクランブラー「1962 ホンダ CL72」を知っているか?

2020年07月13日