ここまで破れたジーンズ(デニム)でも、リメイク上級者になれば手縫いでここまで蘇る!

最終更新日 2022.07.21 公開日 2020.06.07

以前アップした記事が非常に好評をいただいており、穴の開いたジーンズをおしゃれにリペアしたいという方が多くいることがわかった。そこで、今回は実際にこれまでリペアしてきたデニムを紹介しよう。見本として参考にしてみてほしい。

▼ジーンズのリペアのやり方の基本はこちらの記事でチェック!

穴の開いたジーンズを、自分でおしゃれにリペア(修理・補修)する方法。

穴の開いたジーンズを、自分でおしゃれにリペア(修理・補修)する方法。

2020年03月20日

自分で縫ってリペア(修理・補修)、上達すればリメイクだってできる!

洋服だってガンガン使えばボタンも取れるし、破れることもある。そんなときにどーする? 奥さんや彼女にリペアを頼んだり、プロに出したり、さらにはもう着ないとお気に入りの洋服とお別れすることが日常という人に提案。自分で縫う、セルフリペアに挑戦してみるのはどうだろう。

今回ぜひ手縫いにチャレンジしてもらいたいと思っている本誌ラーメン小池。ここ最近、デニムは破れれば自分で直すのが当たり前になってきているほど裁縫男子になりつつある(笑)。夜な夜な無心でチクチクと糸を通す作業は意外と楽しい

それも、誰でも手に入るソーイングツールを使って手縫い。ミシンを使わない極めてアナログなシングルステッチだけだったら、道具と時間さえあれば、小学校で習った裁縫技術だけでできちゃう。もちろん最初はたどたどしいし、指も絆創膏だらけになるかもしれないけれど、やればやるほど上手くなる。

まずは裁縫技術が未熟でもサマになっちゃうデニムのリペアから始めることをおすすめ。ミシンだったらいわゆる「タタキ」という直し方が一般的だけど、手縫いなので破れたところに当て布をしてみる。あとはセンスと根気でやればリメイクジーンズさながらの雰囲気に。

いわゆる基本的なソーイングセットと縫い糸を各色そろえるだけ。裁縫セットはいろいろな種類が世に出回っているけど、手縫いのシングルステッチだけならなんでもいい

デニムアイテムは元々がワークウエアに由来するので、継ぎ接ぎや雑なステッチでもカッコ良く見えちゃうから不思議。かつては日本の野良着やフランスのワークウエアも、持ち主がリペアしながら愛用していたという。自分で使い倒して、自分で直してまた使う。そうすることで今まで以上に愛着が湧くこと間違いなし。

ラーメン小池は洗濯すると経年変化する綿糸にこだわって、縫い糸を各色そろえている。あとは当て布をいろいろ持っていればオッケー。裾上げしたジーンズの切れ端などでも十分だ

素人でもなんとかなる手縫いリペアギャラリー5作品。

1.1960s LEVI’S 501-501|難易度★★★★★

ほとんど崩壊寸前だった格安のビッグEをちゃんと穿けるまでに再生させた力作。フロント部分はほとんどが裏からデニムを当てて継ぎ接ぎ。もともとのダメージもそのままの状態でリペアしているので迫力はスゴイ。

2.1950s Unknown Work Pants|難易度★★★☆☆

股部分の崩壊や前立てが破壊されているなど、見た目がよろしくなかったヴィンテージのワークパンツ。当て布にヒッコリーを使ったり、デニムに白い糸でウォバッシュ風にステッチを入れたり遊びながらリペア。

3.1960s LEVI’S 70505 E|難易度★★★★☆

両袖、襟に大穴、身頃も背中のステッチが崩壊していた70505ビッグE。襟裏から同じくらいの厚みのデニムを当てたり、縫製が崩壊していた部分は手縫いで縫製し直してリペア。巻き縫い部分の手縫いは力仕事。

4.1950s BIG MAC Overall|難易度★★☆☆☆

ところどろに小さな破れがあったオーバーオールも当て布で再生。大きな破れはあえてダメージ部分がわかるよう裏から当て布。小さな破れは表から当て布してアクセントに。あえてデニム以外の生地も使ってみる。

5.Springford Chambray Shirts|難易度★☆☆☆☆

シャツのダメージは襟裏や袖口というのが定番。このシャツは袖口が破れ始めたので、あえてバンダナを当て布にして縫ってみる。すると意外とバンダナのレッドがアクセントになって悪くない、と自画自賛。

素人の手縫いでも、なかなかいい風合いでしょ? ぜひトライしてみてほしい。せっかくなら道具にもこだわって。

▼簡単刺繍でリメイクもおすすめ!

チェーンステッチとは? 手刺繍で風合いのある一点モノに! やり方レクチャー!

チェーンステッチとは? 手刺繍で風合いのある一点モノに! やり方レクチャー!

2020年06月16日

(出典/「Lightning 2020年6月号 Vol.314」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。