「スポーツジャケット」ってどんな革ジャン? ライダース、フライトジャケットに続く第三勢力の魅力に迫る!

  • 2022.11.02 2019.10.29
  •              

一口に「革ジャン」といってもその種類は様々なため、何を選んでよいのか悩んでしまう人も多いのではないだろうか? 今回紹介するのは「スポーツジャケット」。スポーツといっても汗をかくような激しい運動用の服ではない。アウトドアをはじめとする野外活動用の服として、1930年代のアメリカ人が好んで着用していたライダースジャケットのことだ。後半では2022年の最新モデルを紹介しているのでお見逃しなく!

レザーでできたスポーツジャケットとはどんな革ジャン?

BILTBUCK Lot.706 Deerskin Stag Jacket

通称「スポジャケ」はライダースジャケットが誕生する以前の1910〜1930年代にバイク乗りを中心に好まれていた革ジャンだ。素材は馬革がメインで、袖はカフス仕様、背中にプリーツが入るものも多い。現代のライダースに比べてシンプルなので普段着としても使いやすい。ひと味違うヴィンテージスタイルを楽しめる、クラシックレザージャケットである。

ライダースともミリタリーとも異なる独特のスタイルを持つ「スポジャケ」。どんな種類があるか、見ていこう。

1.ダブルタイプ

FINE CREEK LEATHERS Scarecrow

このタイプのスポーツジャケットは、一見するとダブルライダースのように見えるが、襟を留めるボタンはなく、袖口はカフス仕様になっている。背中にセンタープリーツのあるものも存在する。こちらは、1930年代の革ジャンがモチーフになっている。

2.シングルタイプ

BILTBUCK Lot.706 Deerskin Stag Jacket

シングルタイプの襟、襟のバタつきを抑えるチンストラップ、カフス、胸ポケのボールチェーンなど、クラシカルなディテールを持ち、最もスポジャケらしいデザインを持つタイプが「シングルタイプ」。こちらは、大戦以前のデコラティブなライトジャケットをイメージしたシングルスポーツジャケット。ヨークの入ったバックスタイル、ハトメエンドのジッパー、ボールチェーンなどクラシックなディテール満載。

3.熊ジャン

Dry Bones Leather and Sheepskin Jacket “GRIZZLY”

主に1930年代に多く見られるスタイルで防寒性を高めるためにボディの前面と背面、襟にムートン(主にシープで、ラムなどもある)を配したデザインが特徴。その姿が熊のように見えるこから「熊ジャン」と呼ばれる。ウエストベルトを装備するものも多く、防寒性も高い。写真は、1930年代頃のヴィンテージを元に製作した、ホースハイドにムートンファーをあしらった贅沢なグリズリージャケット。袖口の隠しリブのほか真鍮製のフロントバックルでウエストを締めるというライダースに見られる使用もあり、ライダースジャケットとしても最適。

4.A-1タイプ

TROPHY CLOTHING STEER HIDE A-1 JACKET

米陸軍航空隊の第1号フイトジャケットであるA-1によく似たタイプも数多く存在する。フロントのボタン留めと、襟の形状が特徴的だ。ディアスキンを採用したモデルも多数ある。こちらの写真のジャケットも、ショールカラー、両玉縁のポケットなど上品な雰囲気のA-1スタイル。使用する革はブルハイド専用のタンナーで仕上げ、手染めを何度も繰り返す「手染め手法」を施したハンドダイニングステア。裏地にはチノクロス、脇部分にはオリジナルブラスバックルを使用している。

▼ちょっと深いスポーツジャケットの話はこちら。

スポーツジャケットとは? レザーを大衆化させたスポーツジャケットの功績。

スポーツジャケットとは? レザーを大衆化させたスポーツジャケットの功績。

2022年10月02日

「スポーツジャケット」のディテールをチェック!

ここでは、スポーツジャケットの特徴ともいえるディテールを見ていこう。同じ革ジャンであるライダースとも、実は違う部分が多々あるのだ。

マテリアル

スポーツジャケットはホースハイドで作られるのが一般的。ライダースに使われることが多い牛・豚・羊に比べて強度が高くない反面、動きやすく、そして独特の風合いを醸し出すのだ。1940年代ごろまで裏地には、ジャカード織りなどのレーヨン生地が使われてた。

ラベル

羊や馬など、ジャケットに使用している革の種類を示すラベルが、ネームラベルとは別に付けられているのは、1930年代~ 1940年代初期のものに見られる仕様。黒地に金文字のデザインが多く見受けられる。

人気アメカジブランドのスポーツジャケットを一挙紹介!

基本的なスポーツジャケットのことがわかったら、どんなブランドがどんなアイテムを出しているのか気になるところ。シンプルなデザインなので、キレイ目なファッションにも似合わせることができ、革ジャン初心者にも楽しめるのがスポーツジャケットの魅力。ぜひ気になる一着を見つけてほしい。アイテムは2022年現在販売されているものだが、サイズによっては手に入りにくいものもあるので注意が必要だ。

1.THE FLAT HEAD(フラットヘッド) LJ-HS005

戦前のスポーツジャケットをモチーフにしたデザインは、手間暇を惜しまないディテールを随所に落とし込んでいる。あえて袖をライダース風のジッパー仕様に。スポーツジャケットと言えば、袖はカフスにするのが一般的であるが、バイクに乗ることも考慮してジッパーを配している。バイクに快適に乗れる意匠もブランドのこだわりである。27万2800円(46インチは30万5800円)

【問い合わせ】
フラットヘッド
TEL026-275-6666
https://www.flat-head.com

2.Pherrow’s(フェローズ) 22W-SJ88

1930年代頃に一世を風靡したスポーツジャケットのヴィンテージをベースにデザイン。2014年の初登場以来、フェローズのレザージャケットの中でも圧倒的な人気を誇る万能シングルモデル。渋なめしで仕上げられたホースハイドは着込むほどに風合いが増す。17万9300 円

【問い合わせ】
フェローズ
TEL03-5725-9577
https://www.pherrows.com

3.FINE CREEK LEATHERS(ファインクリークレザーズ) Santa Anita

厳選された2.0〜2.3㎜厚の繊維の密度が詰まった原皮をフルベジタブルタンニンなめしのほか様々な工程を経て仕上げた極上の馬革を使用。デザインは1930年代のヴィンテージがモチーフ。独特のシワ、シボ感、そして色落ちすることで現れる茶芯が楽しめる。16 万9950 円

【問い合わせ】
ファインクリークレザーズ
TEL050-3390-2470
https://www.finecreek.jp

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア