知っておきたいジージャンの基本! リーバイスのファースト~サードまでの見分け方。

  • 2022.08.05 2017.06.21
  •              

ヴィンテージデニムジャケット(ジージャン)を深く知るために訪れたのは、日本屈指のヴィンテージショップである「ベルベルジン」。ディレクターを務める藤原さんは、デニムのスペシャリストであり、アーカイブ本の監修をするほど。そんな藤原さんにデニムジャケット選びの基本を聞いてみたところ、まずはリーバイスのファーストからサードまで知ることだという。

「リーやラングラー、ストアブランドでもおもしろいものはありますが、まずは押さえておきたいのがリーバイスですよね。通称ファーストと呼ばれる『506XX』は、その原型が20世紀初頭にリリースされています。最終的には’52 年頃まで生産され、セカンドと呼ばれる『507XX』にモデルチェンジ。わかりやすく言えばファーストは1ポケット、セカンドは2ポケットですね。そして’62年頃にサードと呼ばれる『557XX』が登場します。サードと聞くと比較的新しいイメージがありますが、XXのセットアップとして売られていますし、色落ちもいいんですよ。’66年頃にXX表記が取れて557になり、’70年頃に後継の70505が登場するという流れですね」

ということで、ジージャンの名称で馴染み深いデニムジャケットの年代別の見分け方を貴重なヴィンテージの写真を元に解説していこう。

▼ジージャンコーデはこちらの記事をチェック!

ジージャン×ジーンズはベストコンビ! 業界人のデニムオンデニムコーデ16選【2022年最新】

ジージャン×ジーンズはベストコンビ! 業界人のデニムオンデニムコーデ16選【2022年最新】

2022年08月05日

目次

【506XX(ファースト)】ワークウエアとして作られたタフなデニムジャケット(1900年代初頭~)

前身となるピリーテッドブラウスの登場は1900年代頃初頭と言われ、ポケットにフラップが付いたのが1920年代となる。その特徴は1ポケットで、フロントにプリーツがあること。第二次世界大戦時には、物資統制でフラップがなくなるなど、細かなディテールの変化がある。

1.1936年よりリーバイスのアイコンであるレッドタブが付く。

2.運動性を持たせるために付いたフロントのプリーツは、デニムジャケットを象徴する意匠。

3.’50年代に入るとバックルが改良され、針が付かなくなる。

4.ファーストは表面のみロゴの入る片面タブが付く。

5.フラップの裏はライトオンスデニム仕様になっている。

ファーストの主な見分けるポイントを以上の5つがあげられる。

【507XX(セカンド)】胸ポケットが2つになって着丈が少し短くなる(1952年頃~)

1952年頃に「506XX」の後継としてリリース。プリーツの意匠はそのままにポケットが2つとなり、当時のトレンドだったオープンカラーの仕様に。初期は片面タブで、翌年あたりから両面タブに変更。そしてレザーパッチが1957年頃に紙パッチへ変更されるため、この組み合わせで年代判別できる。

1.フラップの裏にはライトオンスデニムが配される。

2.最初期となる片面タブ。1953年頃に両面になるので生産期間は短い。

3.プリーツの意匠はセカンドモデルまで採用されていた。

4.ファーストとの大きな違いは両胸にポケットが付くところ。

5.サイズ42以上からサイドに接ぎが入るのもセカンドモデルの特徴のひとつ。

以上の5つが、セカンドの主な見分けるポイントになる。

<!–nextpage–>

【557XX(サード)】ファッションを意識したスタイリッシュなデザインに(1962年頃~)

サードタイプと呼ばれる「557XX」。「501XX」が1966年頃にXX表記が省略されるため、その頃までは「557XX」で、それ以降は「557」となる。両胸ポケットで、裾にかけてステッチが走る意匠が大きな特徴。この頃はワークウエアではなく、ファッションウェアとして提案されていた。ロング丈のものは「558」と表記される。

1.両胸ポケットから裾に掛けてのステッチでお馴染みのデザイン。

2.胸ポケットに赤タブが付く仕様は、継続されているが、サードはフラップに付く。

3.最初の数年は紙パッチにXXの表記。最初期はギャラ入りがある。

4.フラップの裏のライトオンスデニムがなくなる。

以上がサードを見分ける4つの主なポイントだ。以上三つの違いを見分けること、すなわちデニムジャケットを知るということにつながるデザイン遍歴。あなたも見分けられるようにポイントをマスターしてはいかがだろうか?

▼サードについてこちらもチェック!

リ ーバイスのジージャン「サード」が再燃中!

リ ーバイスのジージャン「サード」が再燃中!

2021年10月24日

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア