「ウエスコ」岡本さんとっておきの1足は、長い歴史に紐づくストーリーがある逸品。

  • 2023.06.03

アメリカ屈指のハンドメイドによるワークブーツメーカーWESCOを日本で広く浸透させた第一人者として知られる「ウエスコ・ジャパン」の代表、岡本直氏。数多くのWESCOのブーツを見てきた彼が選ぶ、とっておきのヴィンテージは友から譲り受けた1足だった。

自分の目で確かめライフスタイルに合うか否か。

ブランドとしての継承されてきた伝統や作られてきた長い歴史をはじめとするストーリー性のあるプロダクツに惹かれてしまうという岡本氏。それらを実際に自分の目で確かめ、手に取り自分のライフスタイルに合うものかを判断する。

もともとレザージャケットやブーツが好きでアメリカ中を探し回っていた時に出逢ったのが、WESCOだったという。そんな岡本氏が選んだとっておきのヴィンテージは一足のブーツ。

ラインナップするモデルの中でもハイトの高い16インチを誇るハイライナー

「かれこれ25年くらい前にオレゴン州のローカルレーサーとして活躍していたジョン・アドキンス氏の遺物を縁があって友人から譲り受けました。そのうちのひとつが、このハイライナーです。

かつてジョンが1950年代に実際にレースで愛用していたブーツになります。トラックレースでは踵を使うので、踵の強化とレースを有利に進めるためにヒールに金具を取り付けるなど、レーサーだった彼らしいカスタムが施されています。譲り受けた当初は、頻繁に履いていましたが、いまはショップのディスプレイとして飾っています」

見ながらお酒が進むほどの美しいコンディション。

about 1950s WESCO High Liner

「サイドパッチやハーフスリップを取り入れたウエスコブーツのなかで最もヘビーデューティーなモデル。作られてから70年近く経っており、レースなどで実際に使用していたにも関わらず、革のコンディションが良く、型崩れもしていないのは、ウエスコの作りの良さの証明であり、説得力がありますよね。曲線美が素晴らしく、これを見ながらお酒が進みそうなほど、見惚れる美しさです」

(出典/「CLUTCH2023年6月号 Vol.91」)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

サカサモト

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男編集部

Dig-it

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男編集部