印象が強いアイテムは1点のみ。[501]にカジュアルなジャケットを合わせて足元だけウエスタン!【SNAP】

  • 2024.06.04

アメカジ色の強いデニムパンツをトラッドに穿きこなす秘訣はジャケットを羽織ること。トラッド巧者たちのスタイルを見て、トラッドなデニムの着こなしについて考えてみたい。古着と新品を扱うセレクトショップ「マクシズ東京」のオーナー・近谷忠信さんは、ウエスタンコーデをジャケットでトラッドに寄せる上級者な着こなしを見せてくれた。

アイテム一つひとつのストーリーを大切にしたアイテム選び

「マクシズ東京」オーナー・近谷忠信さん|アーチ札幌、アーチ東京の立ち上げスタッフ、アナトミカ札幌を経て、独立。2023年9月神保町にオープンした古着と新品を扱うセレクトショップ「マクシズ東京」のオーナー

どんな人が作っているのか、誰から買ったかのかなどアイテムごとのストーリーを大切にしたいと話す近谷さん。なぜそのアイテムでスタイリングを組んだのかその理由を伺った。

「ウエスタンが軸のスタイリングですが、やりすぎるとコスプレになってしまうので、印象が強いウエスタンアイテムはスタイリングにつき1点とし、他はシンプルなアイテムでまとめることでバランスをとっています。今回のスタイリングのウエスタンアイテムは、履いているブーツ。これは僕が独立をするタイミングで師匠から譲ってもらったウエスタンブーツです。他にも所有していますが、この一足だけは僕にとって特別です」

黒地に白で花柄刺繍が施された「ジュップ バイ ジャッキー」のタイ。ウエスタンシャツにタイを締め、ウエスタントラッドに
昨年の独立のタイミングで師匠から譲ってもらったと言う「トニーラマ」のウエスタンブーツ。ストーリーを感じる、大切な一足

主役のデニムはコチラ! リーバイスの[501] ビッグE

20歳の頃に友人から譲ってもらったと言う「リーバイス」の[501]。その頃から変わらず、リアルに1番穿いているデニムだそう。10年ほど穿いているのでダメージもあるが、いまも修理をして穿き続けている。

(出典/「2nd 2024年6月号 Vol.205」)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部