世界唯一のインディビジュ アライズドシャツの旗艦店! 神宮前の「USONIAN GOODS STORE」【アメトラショップ案内】

  • 2023.11.17

ショップ自体は数え切れないほどあるものの、意外にも少ない直球アメトラな店舗を全国各地を取材するセカンド編集部が厳選。決定版のマストゴーなセレクトショップである「ユーソニアングッズストア」は世界唯一のインディビジュアライズドシャツの旗艦店であり、新たなアイビー熱が盛り上がる今、覗かないわけにはいかない。

今までとは一味違った、遊びの効いた色使いも気分

新たなアイビー熱が盛り上がる今、ユーソニアングッズストアを覗かないわけにはいかない。そしてここは世界唯一のインディビジュアライズドシャツの旗艦店。やはりこの秋も胸が高鳴るような一枚が届いていた。それがディレクターの高梨さんイチ押しのタータン オックスフォードシャツ。

「オックス生地のタータンチェックはインディビでも珍しいです。ただどれも米国、英国の由緒あるパターンで作ってるんですよ」

また今までとは一味違った、遊びの効いた色使いも気分だそう。

「ペールトーンのビーントート、アーシーでポップなモカシンなど、鞄や靴なら取り入れやすくてオススメですね」

高梨さんおすすめのアイテムを本人がご紹介!

高梨さん(写真左)が手にするブレザーが全米の制服となった、50~60年代前半に見られるノーパッドで正統なナチュラルショルダーはインディビジュアライズドクロージングのウールオックスフォード ブレザー。16万5000円

写真右のベースボールキャップは日本初上陸のハットブランド、サンドロットグッズ。カンザスシティの自社工場製。メルトン1万3200円、コーデュロイ9900円

両手に抱えるエル・エル・ビーンのボート・アンド.トート・バッグはシーズンカラーのモーブ、スレート、ヴィンテージローズをセレクト。淡い色使いで様々なコーデに合わせやすい。ミディアム9790円、スモール8690円

インディビジュアライズドシャツのタータンオックスフォードは、グリーン系がスコットランドのタータン。赤は米国建国200周年、ブルーは南北戦争の功労者に贈られたという柄。いずれもクラシックフィット。各3万3000円

シューズはモカシンの聖地、メイン州で作られるワイス×ユケテンのカヌーモック。ブルーはヴィンテージでも見つからないカラー。 8万8000円 。ソックスはワイスのリサイクルコットンを使用した米国製。5500円

【DATA】
USONIAN GOODS STORE(ユーソニアングッズストア)
東京都渋谷区神宮前2-19-16
TEL03-5410-1776
営業/12:00~19:00(木金土のみ20:00まで)
休み/不定休

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「2nd 2023年12月号 Vol.200」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

サカサモト

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男編集部

Dig-it

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男編集部