トラッドに欠かせない紺ブレの定番モデルを業界人がレコメンド! 【おすすめ6選】

  • 2022.11.24
  •              

1960年代、1990年代と度々ブームが巻き起こる紺ブレ。そして今また注目を集めている。そこで「定番」「新作」「変わり種」の3カテゴリーに分けて紺ブレを徹底レビュー。ひたすら試着&比較を繰り返した結果見えてきた微差の魅力、そして一家言ある3名が思う今どきの紺ブレ論を語り合う。今回は「定番紺ブレ」を見ていこう。

「ドゥエア・インク」手塚直樹さん(左)

ルイジ ボレッリやステファノ ビジなど、イタリアの名門ブランドのエージェント。コロナ以前はピッティにも毎回参加し、ドレスウエアの最前線を熟知。

「ボンビュー」オーナー・大島拓身さん(中央)

長らくドレスの世界に身を置きつつ、ヴィンテージ好きが高じて2019年に自らのショップ「ボンビュー」を始動。現在は高円寺屈指の人気店として話題を集める。

フリーPR・柳 雅幸さん(右)

メイデン・カンパニーでMD・営業・PR などを務めた後、2022年に独立。アメリカンウエアの造詣を活かし、フリーランスのPR&ブランドプランナーとして活躍。

1J.PRESS ORIGINALSJ.プレス オリジナルズ)|アメトラの基本が凝縮された絶対間違いのない一着。(柳)

「ペピンメリノ」と名付けられたオリジナルのニュージーランド産ウールを使用。さらりとした平織り生地で、軽快な印象も備える。6万7100円(J.プレス&サンズ青山TEL03-6805-0315)

 これぞアメトラブレザーの王道! という一着ですね。

大島 段返りの3つボタン、ナチュラルショルダー、袖の2つボタン、パッチ&フラップのポケット、フックベント……紺ブレの象徴的ディテールがすべて盛り込まれています。さすが老舗。

手塚 直球トラッドですけれど、不思議と野暮ったくはないですね。ウエストシェイプの緩いボックスシルエットですが、ダボっとせずちょうどいい塩梅。

 それと、色味もいい。青味が強いネイビーだと少し着こなしが難しかったりしますが、これは濃紺なので合わせやすそうです。

大島 やっぱり正統派は魅力的ですね。J.プレスは由緒正しきアメトラブランドですし、定番紺ブレを求めるならこれを買えば間違いなし、という感じです。

手塚 ストーリーのある名品は男心をくすぐりますよね。

 この偉大なベーシックをどう着こなすか、それを考えるのも楽しい。僕ならキャップにチノパン、キャンバススニーカーを合わせてラフに着崩しますね。

2BEAMS PLUS(ビームス プラス)|古きよきアメトラムードが今再び新鮮! (柳)

1950~60年代のアイビースタイルにインスピレーションを得て製作。ボタンの左右間隔が狭めで、ダブルブレストを着慣れない人にもとっつきやすい。4万1800円 (ビームス プラス 原宿TEL03-3746-5851)

大島 これは懐かしくて新しい、というムードでしょうか。ゆったりしたシルエットで、スタンダードな6つボタンではなく4つボタン。袖もやや太めな印象です。

 旧きよきアメトラブレザーの雰囲気をしっかり踏襲しているのですが、それが今再び新鮮に見えますね。野暮&洒落な魅力が漂う一着です。

3OLD ENGLAND(オールド イングランド)|フレンチトラッドの名門も国際的に進化しています。(大島)

ツヤ消しシルバーのドームボタンにパリ的な気品を感じさせる。ドレッシーなフラップポケットのため、エレガントな服装が合う。8万2500円(オールド イングランド 広尾店TEL03-3443-2002)

大島 実は僕が今日着ているブレザーもオールド イングランドで、こちらはヴィンテージなのですが、やはり現行品はかなり作りが違いますね。肩パッドが省かれていて、モダンに軽快化されています。

手塚 生地も比較的ライトウェイトで、ハイブリッドな表情に仕上げられてい ますね。

大島 ただ、やはりどこかパリの匂いを感じさせます。紋章入りの渋い銀ボタンがいい表情を演出していますね。

4ORCIVAL(オーシバル)|アウターと紺ブレのハイブリッド。(大島)

ゴージライン(上襟と下襟の繋ぎ目)が低く、ラペルを広めにとっているのが特徴。重心を下げた佇まいにより、力の抜けた雰囲気を醸し出すことができる。3万7400円(ビショップTEL03-5775-3266)

大島 定番のボーダーカットソーはベーシックな顔つきですが、こちらのブレザーはかなりモダンなテイストが強いですね。

 ローゴージでボタン位置も低め、ドロップショルダーでゆったりとしたフィット感。胸ポケットや袖ボタンが省かれていて、カジュアルな作りになっています。

手塚 ジャケットというよりは、アウターを羽織る感覚で着こなせるアイテムといえますね。

5H by FIGER(エイチ バイ フィガー)|スリムなシルエットと構築感が特徴的。(手塚)

旧きよきアイビーブレザーをオマージュした定番。希少性の高いアルプスメリノウールを贅沢に採用し、リッチな本格感をいっそう高めている。5万3900円 (ZABOU TOKYO TEL03-3461-7773)

手塚 これは結構独特なシルエットですね。着丈が短く、全体的にコンパクトに作られています。でも、肩幅は広めでウエストにはシェイプが入っている。

 ディテールはアメトラなんですが、シルエットは独自にモディファイされています。なんとなく、体格のいい人が着ると似合いそうなイメージですね。

大島 結構カチッとした構築感があるのも特徴だと思います。タイドアップスタイルにはもちろん合うと思いますし、カジュアルに着てもきちんと感が漂いますね。

6Pt.AlfredPt.アルフレッド)|ボタン2つ留めもクールに決まりそう。(柳)

ウールにナイロンを10%ミックスすることで、ボリュームのある紡毛素材ながら軽やかな着心地も実現。裏地や肩パッドを省いた仕立ても現代的だ。5万2800円 (Pt.アルフレッドTEL03-3477-7952)

手塚 実際に羽織ってみるとボタン位置の高さが印象的ですね。

 段返りがややソフトなのも特徴ですね。もしかしたら第1・第2ボタンをふたつ留めて着てもいいのかも。

大島 袖ボタンが3つで、端が重なるように付けられていますね。ボタンを重ねるのはイタリア的なので、ミックステイストということでしょうか。

 Pt.アルフレッドの定番チノとは抜群に合いそう!

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「2nd 202212月号 Vol.189」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア