デザートトレック50周年。ステッキをコーヒーに持ち替えて、装い新たなトレックマン。

  • 2022.11.07

「クラークス オリジナルズ」がデザートブーツ、ワラビーに次ぐ第三のモデルとしてリリース。 暖かみと愛嬌のあるルックスの裏には、50年ものあいだステッキ片手に歩み続けてきた50年の歴史がある。

ツウ好みな「トレック」も歩み続けて半世紀。

マウンテンパーカ 4万1800円、バックパック 1万9800円 /ともにビームス プラス(ビームス プラス 原宿 TEL03-3746-5851)、ニット 1万9800円/ビンガムトン・ニッティング(グーニー PR TEL03-6441-2142)、フランネルシャツ 1万7600円、カーゴパンツ 3万1900円/マスター&コー(ともにマッハ55リミテッド TEL03-5846-9535)、ニットキャップ5280円/ハイランド2000(メイデン・カンパニー TEL03-5410-9777)、ソックス 3960円/パンセレラ(真下商事 TEL03-6412-7081)

1825年に創業した英国ブランド、クラークスは、1950年に製作した[デザートブーツ]、そして1966年には[ワラビー]と、立て続けにブランドのアイコンとなるシューズを製作することに成功した。

「これらに次ぐ第三のモデルを作れないか」と考えていた、創設者の直系子孫であるランス・クラークが出会ったのが、オランダで見つけた「六本指の靴」であり、それをインスピレーション源として1972年、[デザートトレック]を発売。2枚のアッパーをセンターで繋ぎ合わせ、つま先にゆとりを持たせることで、快適性を重視したこの靴は、まさに当初「Six Toe (6本指が入るほどにゆったりした靴)」と呼ばれていた。

当時のクラークス広告担当が考案した、かかと当てに描かれたトレッキングをする男性、通称「トレックマン」もキャッチーで、[デザートトレック]は瞬く間に世界で愛される定番モデルとなったのだ。

一度は廃盤となってしまったものの、クラークスジャパンと日本の某セレクトショップバイヤーによる熱烈なラブコールにより、1994年に復活。デザートトレックのムーブメントは、日本から世界各国を経て故郷・英国へと凱旋するに至ったのである。

誕生から50年、一度もその姿を変えたことのなかったトレックマンは、いまやピンと張った背筋でコーヒー片手に街を闊歩する。彼の歩む道のりは、まだまだ先が長そうだ。

50周年を記念するモデルは、通常の[デザートトレック]とやや履き口の高い[デザートトレック ハイ]の2型。かかと当てのトレックマンは、本モデルに限りコーヒーを手に持つ現代的なシティボーイ風の男性に変更。今秋発売予定。上/ 2万6400円、下/ 2万5300円
50周年モデル限定のディテールとして、インソールはさりげなくも特別な仕様に変更されている
これまでヒールの革パッチに刻まれていた「トレックマン」は、ステッキを片手にトレッキングをする男性が描かれていた

【問い合わせ】
クラークスジャパン
TEL03-5411-3055

※情報は取材当時のものです。

(出典/「2nd 202211月号 Vol.188」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部

昭和40年男 編集部

Dig-it

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部