ローファー履いても怠けるな! 洒落者の巧みな履き分け術。【前編】

  • 2022.10.21
  •              

ドレスからカジュアルまで、どんなスタイルにもマッチするローファー。だからと言ってその名の由来のように怠け者にはなるべからず。洒落者はしっかり履き分けのテクニックを心得ているべきなのだ。そこで、ファッション業界の洒落者たち4人の履きこなしを見させてもらった。

1.「サンカッケー」デザイナー・尾崎雄飛さん

1980年生まれ。大手セレクトショップのバイヤーやブランドのディレクターなどを経て独立。10周年を迎えたサンカッケーでは特別アイテムを限定販売。

【ドレス】ドレッシーな装いにはリザードでダンディズムを。

スーツ/ヘンリー・プール、シャツ/シャルベ、タイ/エルメス

英国スーツの聖地であるサヴィル・ロウで、最古のテーラーとして知られるヘンリー・プールのスーツで登場した尾崎さん。足元はあえてクロコダイルでオーダーした名作ローファーを合わせた。「厳密なフォーマルであれば、ローファーはNG。光沢のある生地ではなく、ヴィンテージのホップサックなので堅くなりすぎず、逆に足元はエキゾチックレザーで華やかさを入れ、バランスを取りました」

ジェイエムウエストン

パーソナルオーダーしたブルーリザードの180ローファー。以前はレギュラーでラインナップされていたが、現在はオーダーのみ。ライニングを白に変更し、インソールには旧ロゴを入れた特別仕様。

【カジュアル】長めのレングスと合わせてあえて野暮ったさを演出。

ジャケット、シャツ/ヴィンテージ、ジーンズ/リー

100年以上前の英国製のシルクジャケットに、101Zの最初期であるセンター赤タグというパワフルなコーデで登場した尾崎さん。足元は今でも作り続けているグッチの名作ローファーをセレクト。「ビッグメゾンがずっと作り続けている名作だから、現行品を買うことに意義がある。短めの丈で合わせるのもいいですが、クラシックなカウボーイジーンズを長めのレングスで履くくらいが自分らしい」

グッチ ビットローファー

1950年代にリリースされた名作ローファー。細かなディテールや素材をアップデートしながら、プレッピースタイルの定番として輝き続けている。こちらは 1953コレクションの60周年記念タグ。

2.「ディストリクトUA」セールスマスター・森山真司さん

ディストリクト UA でセールスから企画まで携わる。「今秋は大人が着られるサイ別注MA-1をリリースします」

【ドレス】ブラックのローファーは変化球を選びたい。

ジャケット/フミトガンリュウ、シャツ/ブルックスブラザーズ パンツ/ バリーブリッケン、ネクタイ/ジュープ バイ ジャッキー

Aラインのジャケットにチノパンを合わせた、カジュアリ寄りのドレスコーデ。「ブラックのローファーを履くときは、肩の力を抜けた着こなしが気分。ディテールや素材が少し変わったアイテムを選びました」。もちろんスウェードのローファーもその延長。「スウェードの質感は上品だけど、気軽に履ける一足です」

フラテッリ・ ジャコメッティ

イタリアンブランドによる、ハンドウェルトの一足。「イタリア製の繊細さを保ちつつ、フレンチ風に仕上げたシルエットが魅力です」。97900(ディストリクト ユナイテッドアローズ)

【カジュアル】カントリーやミリタリーの要素をバランスよくミックス。

ニットジャケット7万4800円/カラービーコン シャンブレーシャツ2万2000円/ディストリクトユナイテッドアローズ(以上すべてディストリクト ユナイテッドアローズ)ツールボックスパンツ/セネリエ メガネ/レスカ

「カントリーやミリタリーの要素を入れつつ、そこまでラフにならないように」と、ラペル付きのニットジ ャケットを羽織り、パンツも7分丈でシューズのボリュームをアピール。「ブーツでは無骨過ぎるし、ドレスなローファーもトゥーマッチ。パラブーツのタフなローファーが1番しっくりくるコーデだと思います」

パラブーツ

雨に強いリスレザーを採用した人気モデルのランス。「パラブーツはゆったりした履き心地が多いけど、これはフィット感がよく歩きやすい」。79200(ディストリクト ユナイテッドアローズ)

3.「エンメ」PR・堀内凜太朗さん

イタリア発のラルコバレーノや、オリジナルブランドのコロンのPRを担当。「今秋のコロンはシャツが充実!!

【ドレス】タッセルローファーの足元はソックスもアクセント。

ベルトレスパンツ3万5200円/コロン(エンメTEL03-6427-2261)、ジャケット/オルビウム シャツ/ラルフローレン ネクタイ/アスコット

千鳥格子のジャケットにデニムシャツを合わせたフレンチスタイルのこだわりは、パンツのシルエットとシューズのバランス。「コロンのベルトレスパンツは、一見するとドレスのアイテムだけどカジュアルに履ける1本。タッセルローファーの雰囲気にも合うし、ソックスを差し色にして、抜け感も出しました」

クロケット&ジョーンズ

現在は3までリリースされている、キャベンディッシュのセカンドモデル。「1 3とは 違う少しワイドなシルエットが特徴。日本人には3が合うと言われていますが、自分はこれが1番履きやすい」

【カジュアル】ロングシャツとスリッポンでリラックス感を演出。

インプリーツスタンドカラーロングシャツ2万6400円/コロン(エンメ) パンツ/ブルックスブラザーズ スカーフ/ユーズド

ゆとりのあるロングシャツを羽織ったカジュアルコーデは、季節感のあるカラーリングも魅力。「シャツのシルエットを際立たせつつ、パンツの裾をダブルにすることで、スリッポンも目立たせています。シンプルで履き口が大きいので、冬以外は素足で履くことも。使い方ではリラックス感も出せる一足ですね」

オールデン

4年ほど前にリリースされた、 ビームス インターナショナル ギャラリー別注のカーフプレーントゥスリッポン。「別注ならではのミニマムなデザインに一目惚れ。カジュアルに履くことが多いです」

4.「トゥモローランド」PR・川辺圭一郎さん

トゥモローランドのプレスとして、ドレスからカジュアルまで幅広く担当。休日は久しぶりにフェスを満喫中。

【ドレス】シックなワントーンコーデは小物がアクセント。

ネクタイ1万9800円/フラテッリ ルイージ(トゥモローランドTEL 0120- 983-522)、ブレザー/フミヤ ヒラノ、シャツ/エリッコ フォルミコラ、スラックス/ベルナール ザンス、メガネ/アルガワークス

シックなワントーンで仕上げたドレスコーデは、レジメンタルタイやソックスなど、小物をアクセントに使用。「フレンチスタイルをベースにしているけど、ラウンドカラーのシャツやLポケ仕様のパンツなど、各アイテムはカジュアル。それだけに、足元はストレートに、ブラックカーフのウエストンを合わせました」

ジェイエムウエストン

ベーシックなブラックカーフの180シグニチャー。10年以上愛用しているため、ほどよい風合いも出ている。「日常の一足なので、かなり足に馴染んでいます。そろそろ2回目のリペアをする予定」

【カジュアル】往年のフレンチカジュアルを今の気分で再構築。

アーガイルセーター6万9300円/トゥモローランド トリコ(トゥモローランド)、 スラックス/ベルナールザンス、スカーフ/トゥモローランド、 メガネ/フレンチヴィンテージ

「今季のトゥモローランドのテーマのひとつに、7080年代のフレンチカジュアルがベースにあります」。トップスはフレンチっぽいオリジナル、パンツはフランスのブランド。その流れなら足元はウエストンかもしれないけど、そこはあえてバスで。コンビカラーの一足は、フレンチアイビーにもマッチするかなと」

ジーエイチ バス

マイケル・ジャクソンも愛用したブラック&ホワイトのコンビカラーが印象的な一足。「ローファーの王道ブランドなので、少し変化球的な配色を選んだけど、スタイルのアクセントに大活躍しています」

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「2nd 202211月号 Vol.188」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア