洒落者のサマートラッド術。「エクスプローラー」鈴木誠治さんは力がほどよく抜けた印象に。

王道のマドラスチェックを取り入れるアイビー巧者、セットアップのシアサッカーで軽やかさを演出するウェルドレッサー、レイヤードしづらい分、巧みに小物を取り入れる洒落者など三者三様のサマートラッドな着こなしから、そのノウハウを盗むべし! 今回は、「エクスプローラー」鈴木誠治さんのコーディネイトをチェック!!

ウエスタン×スラックスでほどよく力の抜けた印象に。

「エクスプローラー」鈴木誠治|1977年生まれ。愛知県出身。フリーペーパーのデザイナーなどを経て、2000年にエクスプローラーに入社し、すぐにバイヤーとして活躍。企画も務める

アメリカを基軸とした名古屋の人気セレクトショップであるエクスプローラーでバイヤーを務める鈴木さん。大の服好きである鈴木さんのサマートラッドなワードローブとは?

デザインはベーシックですが、素材感にこだわったものが多いですね。わかりやすいのがパッチワークのマドラスやリネンなどですね。サマートラッドスタイルはほどよく力が抜けている方が、リラックスしたムードが出て、相性がよいと思います。だからマドラスチェックでもBDでなく、ウエスタンを選びました」

  • パンツ3万3000 円/ DC ホワイト( エクスプローラー☎052-
    806-8851)、シャツ/ロックマウント、シューズ/オールデン、アイウエア/ジャックデュラン、ナバホ族のジュエリー
トップスが派手なパッチワークのマドラスなので、足元はベーシックな黒のタッセルローファーで締めた。オールデンのタッセルは、ほどよいボリューム感が魅力だそう
王道のBDシャツでなく、台襟の低いウエスタンシャツを選ぶことで、トラッドの中にほどよいカジュアル感をミックス。インナーにはクルーネックTを合わせた

「エクスプローラー」鈴木誠治さんのサマートラッドな愛用品。

1.インディビジュアライズドシャツのシャツ

バンドカラーのプルオーバーシャツはエクスプローラーの別注。「夏でも半袖を着ない主義なので、清涼感のあるリネン素材で黒をオーダー。ゆったりとしたクラシックフィットを選びました」

2.ジェームスシャルロットのニット

イギリスのニットブランド。オフホワイトというカラーリングが気に入って購入。「ショーツに合わせるのが大好きです。スウェットでもロンTでもない、絶妙な立ち位置のニットが好みです」

3.バリーブリッケンのショーツ

3 〜4 年前に購入したセレクトショップ別注モデル。パッチワークのマドラスチェックでインパクト大。「細すぎず、太すぎず絶妙なシルエットで、短めの丈が◎。ここ数年の自身の定番です」

4.Vintageのグルカショーツ

60sのグルカショーツは、デッドストックで購入。「ウエスト周りのディテールや生地感も含めて代用できない存在感があります。サイズとコンディションを吟味したので、欠かせない存在です」

夏でもトラッドスタイルな着こなしができたら、それはもう洒落者の仲間入り。秋冬なら簡単に想像がつくトラッドだが、夏となるとどう取り入れればいい? そんな迷子なあなたは、サマートラッドな着こなしサンプルが盛りだくさんの2ndの本誌をチェックしよう。

(出典/「2nd 2022年7月号 Vol.184」)