フレンチトラッドの総本山。オールド イングランドの紺ブレが生まれ変わる。

    #PR

80年代に起こったフレンチトラッドブームの火付け役として知られるオールド イングランド。なかでも定番人気を誇るネイビーブレザーがこの度、一新。どこかオールドパリスタイルな佇まいに親近感を持たずにはいられない。

仏トラッドの礎を築いた元祖セレクトショップ。

1867年にフランス・パリでオープンしたセレクトショップ「オールド イングランド」。英国のオーセンティックな衣類や生活用品全般を揃え、フランスらしい鮮やかな色使いで一時代を築いた、元祖セレクトショップとして名高い。1980年代には、日本で勃興したフレンチトラッドブームの総本山として、ファッション業界人の間では「パリに行ったら、まずオールド イングランドへ」と言われたほどだ。現在、本国ではその姿を消してしまったものの、栄えある歴史と伝統は、ここ日本で今も受け継がれている。

1867年、開業当時の外観風景。パリ・オペラ座近くのキャプシーヌ通りとヴォルネイ通りが交差する絶好の立地だったことがわかる。店前には買い物帰りの紳士淑女を待つ馬車が並んだ
1990年代初頭のカタログ。英国トラッドアイテムをサイジングや鮮やかな色使いで、軽妙に着こなすことがフレンチトラッドの流儀だった

オールド イングランドが世に送り出した数ある名品のひとつとして、今も継承されているのが、他でもない、紺ブレだ。かつて、本国ではショップ店員のユニフォームとして、英国王室御用達のオースティン・リード社製の紺ブレが指定されていたほど、思い入れは強い。オーセンティックなスタイルに、各ディテールを調整することでより軽やかさを手に入れたオールドイングランドの紺ブレは、フレンチトラッドの本流なのだ。

そして今季、155周年という歴史を刻んだオールドイングランドから、よりクラシカルなスタイルへと原点回帰したトラディショナルフィットが登場する。現代のスタイルやニーズに応えた、ボクシーで気取りすぎない佇まいは、ネイビーブレザーの源流であるアメリカントラディショナルの風格も感じさせるのだ。さらに、このアニバーサリーに華を添える広尾店での期間限定パターンオーダーイベントも開催予定。詳細はこの記事の最後までご覧あれ。

フレンチトラッドなフィッティングに原点回帰。

ネイビーブレザー8 万2500円、ホワイトパンツ3 万8500 円、手に持ったトレンチコート/すべてオールドイングランド、ボーダーカットソー2 万900 円/ルミノア×オールド イングランド(すべてオールド イングランド☎03-3443-2002)、メガネ4 万1800 円/ジュリアス・タート・オプティカル(プライベートアイズアンドトラッカーズ☎070-1557-2666)

オールド イングランドを象徴する名品ネイビーブレザーに、およそ7年ぶりとなる、新フィッティングが加えられた。全体的にゆとりのあるシルエットは、どこかアメトラな佇まい。

クラシックななかにも洗練された趣き。

緩やかな傾斜を描くナチュラルショルダーやボックス寄りのシルエット、ゴージラインを下げ、ラペル幅を太くするなど。気取らないフレンチトラッド風味のブレザースタイルを表現。しかしながら、いせ込み量の多い袖付けや立体的パターンでストレスフリーな着心地も実現。シングル8万2500円、ダブル8万5800円

スタイリッシュなモダンフィットも。

細身で各部にシェイプの効いたシルエットが、スタイリッシュな印象を持つ、従来のフィッティングも継続。自身のスタイルや趣向で選びたい。シングル8万2500円、ダブル8万5800円

好みのフィッティングはどっち?

憧れのパターンオーダーが既製と同じプライスで。

広尾店では、2022年3月18日~4月17日の期間限定でパターンオーダーイベントを開催。ひとりひとりに合わせた採寸はもちろん、有名テキスタイルメーカーの高品質ファブリックで一生モノを誂えることができる。なにより、このサービスが既製品と同じ価格で叶うというから驚き。憧れのパターンオーダーに初挑戦するのにも、絶好の機会だ。

【DATA】
オールド イングランド 広尾店
東京都渋谷区広尾5-6-6 広尾プラザ1F
TEL03-3443-2002
営業/11:00~20:00
休み/不定休

自分好みのパーツでカスタム。

表地にはイタリアのエルメネジルド ゼニアや、カノニコ、英国のダローデールなど、世界の有名テキスタイルメーカーのものを豊富に用意。メタルボタンやクレスト入りの裏地など、好みのカラーで自由に組み合わせられるのが醍醐味だ。

メタルボタン

有名テキスタイルメーカーの表地

紋章入りの裏地

漏れなく付くアニバーサリーロゴ。

創業155周年記念の限定ロゴ。期間中にパターンオーダーをしたブレザーには、特別にこのデザインの織りネームが付けられる。またノベルティでロゴ入りチーフもプレゼント!

【問い合わせ】
オールド イングランド 広尾店
TEL03-3443-2002
http://homme.oldengland.jp/

(出典/「2nd 2022年5月号 Vol.182」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア