定番アイテム、おしゃれの達人はどう着こなす?今すぐ真似したいこの夏の白Tスタイル。

今年は見せるインナーウエアとして白Tシャツが大活躍! コートやジャケットなどと組み合わせることで爽やかな印象に。ただし、首元がよれよれではダラしない印象を与えてしまうので、しっかりとした生地感のTシャツを選んで。

1.清涼感漂うスタイルの秘訣はホワイトにあり!

20180604second01

「クオドロ」の下田良太さんは、爽やかな洗いざらしのショップコートに、肌触りのいいレギュラーシルエットのTシャツをイン。さらに足下はZDAのランニングシューズを合わせてアクティブに。「コートは高密度ウェザー素材を採用しているので、ちょっと張りのある独自のアタリ感が魅力です。意外とスポーティな着こなしにも対応する素材感なんですよ」

2.ドレッシーすぎる着こなしをカジュアルダウン。

20180604second08

「ビームス」の安武俊宏さんは、ステラ・ラティーノのジャケットとフラテッリ・ジャコメッティのローファーのドレッシーな組み合わせに、ヘインズのTシャツを合わせて軽やかに。「フィッティングからステッチ幅に至るまで、着崩しても様になるように作った一品を、今回は季節感を意識して、T シャツやショーツでカジュアルダウンさせました」

3.トーン・オン・トーンでも白Tが活躍。

20180604second09

「トゥモローランド」の西川昌志さんは、軽快な素材感のコートに白T とチノパンを絡めてシンプルに。「それもこれも、コートの素材感やシルエットを引き立てるためのコーディネート。コートとパンツのバランスには特に気を使っていて、ナチュラルトーンでI ラインに仕上げました。それにより足下のハズしも効いてきます」

4.白T使いで着こなしもグンと軽やかに。

20180604second10

「アーバンリサーチ」の中山慶人さんはリネン100%のコートをシャツ感覚で羽織り、ワーク ノット ワークの白T、ワイドなデニムパンツと合わせてカジュアルに。「コートをメインにするための他のアイテムは極力シンプルに。ロング丈のコートを羽織っても、足下をグルカサンダルにするだけで初夏っぽさも出ると思います」

5.クルーネックが“休日感”を演出してくれる。

20180604second07

「ハリーズ」の香月優さんはネイビーカラーでまとめたラフなスタイルに白Tやチャコのサンダルを合わせてリラックス感をプラス。「お気に入りのポストオーバーオールズのジャケットがポイントです。ナイロンの生地感と形も好きなんですが、楽なのが最大の魅力。着れば着るほど身体に馴染んで、いまでは手放せない一着になりました」