書類、名刺、レシートなどすべてデータ化 リモートワークの必需品 ScanSnap iX1600

もし、EOS Rシリーズ用に1本だけ選ぶとしたら、RF35mm F1.8

  • 2023.02.13
  •              

EOS R6 Mark IIの購入を検討した時に、最初から購入を決めていたレンズがある。それが、RF35mm F1.8 MACRO IS STMだ。価格は7万7000円。ちょい広めの画角で、優しいボケ味で、それなりにリーズナブルで、コンパクト。EOS RPを試用した時に一緒に試したんだけど、それ以来、「EOS Rシリーズのカメラを買ったら、一緒に買おう」と思っていたレンズ。ようやく入手できた。

RF35mm F1.8 MACRO IS STM
https://cweb.canon.jp/eos/rf/lineup/rf35-f18/

キヤノンEOS Rシリーズを買ったら最初に買うべき1本

たとえば、何を撮るということなく出掛ける時に付けていくレンズ。街の風景を撮ってもいいし、人をとってもいいし、食べ物をとってもいい。自分の視界に近いレンズ。iPhoneの28mmがそういう風に言われることがあるけど、僕は28mmにはいろいろ写り過ぎてちょっと扱いづらい。逆にカメラの基本と言われる50mmは、2〜3歩下がらないといけない気がして扱いづらい。たぶん、僕にとって扱いやすいのが35mmなんだと思う。

気に入った風景を撮ってもいい。自分が見せたいところにピントを合わせて、絞りを開けば他の部分をボカすことができて楽しい。僕のようなカメラにそれほど詳しくない人間でもこういう写真を撮れることが楽しい。

開放で撮ると、けっこうボケるので、ちょっと絞った方がいいこともある。この紅葉はF4.5まで絞ったもの。

人物と風景を一緒に映せる画角。中古もあり

人物を撮るなら、周りの風景も一緒に撮れる画角。観光地とか行っても、これ1本あれば、けっこういろんな写真が撮れる。コンパクトなのも旅行にいい。

EOS R6 Mark II本体とレンズ、両方が協調する手ブレ補正もあってかなり暗いところでも安心して手持ちで撮れる。日常を切り取るスナップにピッタリの画角と性能だと思う。

開放にすれば、背景もボカせるので、自然と主題に目線を誘導できる。

ちなみに、筆者はフジヤカメラで中古を買った。EOS RPの標準レンズでもあるので、手放す人もいるようで、在庫は豊富だった。

食べ歩きに持って行く一本でもある

美味しいモノを食べた時に、スナップを残すのもこのRF35mm F1.8があれば楽しい。

グッと寄って、周りをボカしつつ、美味しそうなポイントを大きく見せられる。

最短撮影距離17cmとあって食べ物に寄って撮れるのは楽しい。

寄るとブレが気になるもの。特に短いレンズで寄ると角度ブレだけでなくカメラがスライドするようなシフトブレも発生するが、RF35mm F1.8のハイブリッドISはそれを見事に押さえ込んでくれる。

目にした光をそのまま伝えられるようで楽しい。

印象的な商品カットに

私の仕事で日常的に発生する商品撮影をするには、少々パースが強く付くので向かないが、広い範囲を入れつつ商品にグッと寄るような印象的なカットを撮るのは楽しい。

そう、何を撮っても『楽しい』のがこのレンズの特徴だ。

こちらのカットは2台のHomePodをステレオペアにして配したカットを撮りたかったのだが、テレビの画面をボカして入れつつ、もう1台のHomePodもぎゅっと押し込んだように入れ込める。それでいて、散らかった部屋の棚は、目障りでないていどにボカしてしまえる。

『日常目線で何を撮ってもらしい』RF35mm F1.8

『日常目線で何を撮っても楽しい』のがこのRF35mm F1.8 MACRO IS STM。

筆者は50mmよりも日常目線に近くて楽しいと思う。EOS Rシリーズのカメラを買ったら、ぜひファーストチョイスとして手にして欲しいレンズだと思う。

(村上タクタ)

もうEF→RFにすべき……を検討するため、キヤノンからEOS R6 Mark IIとレンズ多数を借りた

もうEF→RFにすべき……を検討するため、キヤノンからEOS R6 Mark IIとレンズ多数を借りた

2022年12月21日

EF→RF乗り換えのためのレンズ選び。標準ズームはF4通し? それとも安い方?

EF→RF乗り換えのためのレンズ選び。標準ズームはF4通し? それとも安い方?

2022年12月21日

RF世代のレンズ選び。まず、レンズの画角を考える

RF世代のレンズ選び。まず、レンズの画角を考える

2022年12月26日

RF世代の100-400mmは、安くてもこんなに使える【RF100-400mm F5.6-8】

RF世代の100-400mmは、安くてもこんなに使える【RF100-400mm F5.6-8】

2023年01月11日

新型EOS R6 Mark IIか、10万円安いEOS R6か? 決断のポイントは『食いつき』

新型EOS R6 Mark IIか、10万円安いEOS R6か? 決断のポイントは『食いつき』

2023年01月13日

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

傳田達朗

塊根植物案内人

傳田達朗

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

黒野 智也

ブレザー偏愛家

黒野 智也

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア