EF→RF乗り換えのためのレンズ選び。標準ズームはF4通し? それとも安い方?

  • 2022.12.21
  •              

筆者個人のためのカメラ選びを、広報機材を借りて検討する企画の第2弾。キヤノンのEFマウントの機材を全部手放して、RFレンズに乗り換えようというプランなのだが、なにぶんレンズを全部乗り換えるとなると検討課題が多い。ボディはEOS R6 Mark IIもしくは、EOS R6と思っているのだが、標準レンズの選択肢がふたつある。

ひとつはRF24-105mm F4 L IS USM、つまりF4通しのレンズだ。こちらは18万4800円(税込・キヤノンオンラインショップ価格、以下同)。もうひとつはRF24-105mm F4-7.1 IS STM。こちらは7万3150円だ。つまり、24-105mmという標準レンズで10万円の差がある。まずは、この2本を比較したい。

RFに乗り換えてEOS R6を買おうと思ったら、Mark IIが発表された。どうすればいいのか?

RFに乗り換えてEOS R6を買おうと思ったら、Mark IIが発表された。どうすればいいのか?

2022年12月05日

もうEF→RFにすべき……を検討するため、キヤノンからEOS R6 Mark IIとレンズ多数を借りた

もうEF→RFにすべき……を検討するため、キヤノンからEOS R6 Mark IIとレンズ多数を借りた

2022年12月21日

(ちなみに、RFの標準レンズにはRF24-70mm F2.8 L IS USMとか、RF28-70mm F2 L USMなんてのもありますが、そこはお値段的にスルー(笑))

約10万円の価格差と、約300gの重量差

この2本、いろいろとお値段なりの差はあるが、RF24-105mm F4-7.1 IS STMも安いだけではない。なんといっても軽いというメリットがある。一番、少ない荷物で取材に行く時には、おそらくこのレンズを持って行くから、軽さは大事な性能だ。取材者にとってフットワークは命だったりします。

RF24-105mm F4-7.1 IS STMは約395g。対して、RF24-105mm F4 L IS USMは700g。300gの差がある。約670gのEOS R6 Mark IIと組み合わせると1,065gと、1,370g。ずっと持ち続ける装備だと思うとこの差は大きい。

一方、この標準ズームレンズというのは一番使うレンズだったりするから、投資するなら、標準ズームに投資すべきというのはある。大半をこのレンズで撮影するならF4通しの方がいい。実は、そう思ってEOS 6D Mark IIを買う際には28-70mmのF4通しを買った(で、重かった)。

ワイド側はともかく、望遠端でのボケ感が全然違う

さて、撮った写真を見てみよう。三脚とか構えずに手持ちで撮った写真の比較なので、画角がけっこう変わってるのはご容赦いただきたい……。

ちなみにこれはF4通しの方の写真だけれども、28mmのワイド端はどちらもF4だから、あまり差は出ないはず。もちろん、レンズが違うから描写力とかは違うはずだけれども。

これが、105mmの望遠端になると、F値の差が出てくる。

こちらが、RF24-105mm F4-7.1 IS STM。

絞りは一番開けて、F7.1で撮ってる。前後のもみじは多少ボケてるけど、味があるというほどではない。

こっちが高価な方のレンズ。RF24-105mm F4 L IS USM。

やっぱ、こっちの方がいいよね。もみじの葉が大きくボケて、がぜん雰囲気が出てくる。そして主題である人物にしっかりピントが来ることで、話題にしたい人物が目に付きやすくできる。これは私の仕事である取材時にも便利で、どの人の話をしいてるのか、どの人が主題なのか、ピントで表現することができる。

一番使う標準レンズでボケ感が出せるのはいい

もうひとつ、古民家の横に生けてあった椿。

こんどは先に、雰囲気のあるF4通しの方を見てみよう。こちらが、RF24-105mm F4 L IS USM。望遠端の105mmで絞りはF4。

背景の古民家はもちろん、生けてある草木の椿の花以外の部分もボケていて、いい感じだ。

対して、こちらはRF24-105mm F4-7.1 IS STM。絞りはF7.1になってしまう。

背景の古民家にも、草木全体にもかなりピントが来るので、雰囲気はだいぶなくなってしまう。これが10万円の差というものだ。

玉ボケが出るLuxuryさ

違いはそれだけではない。名前からも分かるように、RF24-105mm F4 L IS USMはUSM、つまりキヤノン必殺の超音波モーターを使っている。対して、RF24-105mm F4-7.1 IS STMがSTMモーター。動作音がするし合焦速度にも差があるらしい(私にはよく分からなかったが)。

また、RF24-105mm F4 L IS USMは『L』レンズ。ボディに赤いラインが入ってることからも分かるように『Luxury』なレンズなのだ。

人物の背後にクリスマスツリーを入れてみたが、大きくボケて玉になる。標準レンズでこのボケを楽しむには18万4800円必要ということだ。世間は厳しい。

取材のメインウェポンだからこそ、軽い方を選ぶ

さて、いろいろ書いてきたが結論として私は、RF24-105mm F4-7.1 IS STMを選ぶことにした。

まず、軽さ。取材記者としてはフットワークが大事だ。軽かったら、それだけ躊躇せず現場の中心に入っていくことができる。振り回せるから、こういう絵が手軽に撮れるのだ。

これは、先日のフェアレディZの試乗の時に助手席から撮ったものだが、振り回せるのと、24mmの広角端だからこういう写真が撮れる。

また、重要なポイントとして、カメラ本体との協調制御で8段分の手ブレ補正が使えるというのもある。リーズナブルなカメラやレンズでも、テクノロジーの力で従来以上のパフォーマンスを発揮しようというのが、RFレンズのリーズナブルなラインアップのコンセプトであるように思える。そういう意味で、このRF24-105mm F4-7.1 IS STMは非常にRFレンズらしいレンズなのだ。

もうひとつ考えていることがある。今回は、同時にRF35mm F1.8 MACRO IS STMと、RF85mm F2 MACRO IS STMを購入しようと思っている。

雰囲気のある写真、背景をボカす写真は、この2本の単焦点レンズに任せようと思うのだ。それぞれF値は1.8と2なのだから、F4通しよりもはるかにいい絵が撮れるはずだ。

この2本を別に買うことで、標準ズームは「手ごろな価格で、軽くてフットワークが良い」というところにフォーカスできる。そうなると、RF24-105mm F4-7.1 IS STMの魅力ががぜん出てくる。手ブレ補正の強力さも含めて、『失敗せずに、広い領域の写真を撮る』という取材のための武器として、非常に役に立ってくれそうだ。

(もちろん、RF24-105mm F4 L IS USMも欲しいけれども……)

(村上タクタ)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア