新型M2搭載MacBook Air発売! 真っ先にアップルストアで購入した人に直撃取材!

新世代Apple SiliconであるM2チップを搭載するMacBook Airが、7月15日に発売になった。すでにオンラインで購入している人の御手元には届いていることと思うが、アップルストアでの販売もスタート。実際に購入している方の声を聞くために、アップル表参道に足を運んだ。

Apple表参道には7台のM2 MacBook Airを展示

東京はあいにくの雨だが、Apple表参道では朝10時の開店を待ちわびた人が列を作った。実は、こうやって列を作って購入できるのもひさしぶりのことである。

7月15日時点では、7台のM2 MacBook Airが展示されていた。入り口入ってすぐ左のこちらのテーブルには、向かい合って4台、4色のM2 MacBook Airが展示されている。色味の違いを見て選ぶにはちょうどいい。

ちなみに、上の写真の手前左がスペースグレー、右がシルバー。奥の左がミッドナイト、右がスターライト。シルバーとスターライトは写真では判別しにくいが、シルバーは従来からラインナップされている、いわゆる無彩色の銀色。スターライトはシャンパンゴールドというより、もっとシルバー寄りの薄い金色味の入った銀色。照明によって、色味が変わるので、我々撮影者泣かせでもある。

もうひとつ、今回注目のカラーがこちらのミッドナイトだろう。これも、写真では分かりにくいが、光の当り方によって少し青味を感じる黒、もしくはとても濃いグレー。気になる方は、ぜひストアに足を運んで実物を見ていただきたい

こちらは左手前から、MacBook Pro 16インチ、14インチ、13インチ、そして、M2 MacBook Air、M1 MacBook Airと現行モデルを並べた展示。サイズ感やディスプレイの明るさを比べるのにちょうどいい。こうやって実物を見ると、Liquid Retina XDRディスプレイを持つMacBook Pro 14/16インチや、Liquid Retinaディスプレイを持つM2 MacBookのディスプレイの美しさが際立つ。

実際に購入した方に話を聞いてみた

こちらの女性は、早稲田大学文化構想学部の学生さん。勉強に使うために新しいMacBook Airを購入しに来たという。自身でアルバイトをして購入資金を貯めたのだそうだ。

こちらは、会社役員の野崎雅也さん。

マーケティングのお仕事をするとともに、動画の編集などを行うということなので、M2 MacBook Airのパワフルな動画編集能力が役に立つに違いない。「海外に行くことも多いので、薄くて軽いMacBook Airは持ち運びにも便利だと思いました」とのこと。

ちょっと動画編集もするビジネスマンや、これから多くの課題に取り組む学生さん。まさに、こういう方々がMacBook Airのターゲットユーザーだと思う。実際に店舗にそういう方がいらっしゃっていたのが、あまりに想定したユーザーとピッタリで驚いてしまった。

(村上タクタ)