今年もアウトドアベストが大本命!? スポーツMIXスタイルは“手ぶら”が最強説!

  • 2022.12.02
  •              

ハンティングやフィッシングといった、アウトドア用途の多ポケットベストが人気を集める昨今。スポーツMIX で取り入れると手ぶらというメリットもあるし、ファッション的にもトレンドが抑えられる。さらに趣味の世界にも応用が効く。そんな” 使える” ベストを総ざらい。

手ぶら派増加で注目の、多ポケットアウトドアベスト。

多くのポケットを備えたアウトドア用途のベストが、去年から引き続き人気を集めている。こういったファンクショナブルなウエアに注目が集まる理由は、なんといっても「便利」の一言に尽きる。

街中でもよく見かけるようになったこのスタイルは、以前のクラシカルなジレとは違い、前述のようにポケットが多く採用されているところが特徴で、キャンプでもリアルに活躍しそうなモデルが様々なブランドからリリースされている。その流行を牽引しているのは、いうまでもなく昨今のストリート&アウトドア人気。両シーンで定番となる、機能的にして細部にもこだわったデザインを楽しむには、多(目的)ポケットベストはまさに打って付けというわけ。

さらに近年のウエアラブルバッグ人気で示されているように、手荷物が減ったことによる手ぶら派増加も流行の要因だ。確かに多ポケットベストがあればバッグは不要だし、人気のモデルは大型ポケットを採用したデザインが主流なので、日常使いにおいてはバッグ以上の収納力があるといえる。

これから迎える本格的な秋シーズンにかけては、重ね着でもジャケットのインナーでも楽しめるし、「スポーツMIX」のスタイルを取り入れるには絶好のタイミング。ファッショントレンドのアクセントとしてタウンユースに使うのはもちろん、狩猟、釣り、バイクツーリングといった趣味の世界でも大活躍するベストは、今シーズンひとつは持っておきたい。

魅惑のラインナップを誇る、多(目的)ポケットベストのカタログ。

1.TAKE & SONS × Hummingbirds’ hill[テイク&サンズ × ハミングバーズヒル]

Hummingbirds’hillが、TAKE & SONSに極少量にて別注したベージュとオリーブの2トーンクレイジーパターンガイドベスト。前から見るとベストながら、後ろから見るとロールトップのバックパックという攻めの姿勢に心が躍る。6万3800円(ハミングバーズヒルショップ TEL03-6721-0189)

2.THE NORTH FACE[ ザ ノース フェイス ]

“手ぶらでもアウトドアを存分に楽しめる” を念頭に開発。収納スペースを広げるダーツ入りポケットや、貴重品収納に便利なジッパー付きポケットなど、大小様々なポケットを10個備える。バックルによる簡易なサイズ調節など利便性も◎。2万7500円(バックドロップ TEL 03-3419-5811)

3.mont-bell[ モンベル ]

収納力抜群で多彩なポケットを備える多機能ベスト。身頃には通気性に優れたメッシュ素材、肩とポケットには頑強な生地を使用し、快適性と耐久性を両立。開発者自らが使用し、改良を加え、常に進化続けている一着だ。1万4190円(モンベル・カスタマー・サービス TEL06-6536-5740)

4.L.L.Bean[ エル. エル. ビーン ]

トラディショナルなフライフィッシング用ベスト。4つの面ファスナー開閉のフラップポケットや、2つのジッパーポケットといった、フィッシングアクティビティを快適にサポートするための工夫が満載の機能性に優れた一着。1万7600円(L.L.Beanカスタマーサービスセンター TEL0422-79-9131)

5.FILSON[ フィルソン ]

オイル仕上げよりも軽く、生の綿の風合いを残した8オンスシェルタークロスコットンドライフィニッシュを使用。普通の長さはもちろん、ディープウェイディング用にストラップを調節してショート丈にすることも可能なフィッシング用ベスト。3万1900円(アウターリミッツ TEL03-5413-6957)

6.CAL O LINE × Mt.RAINIER DESIGN[ キャル オー ライン×マウントレイニアデザイン ]

マウントレーニアデザインのオリジナル60/40クラスを採用した、CAL O LINEとMt.RAINIER DESIGNによるWネームの新作パックベスト。前見頃を後ろのスナップボタンで止めるとバッグとしても使用できるという発想力が見事な一着。1万8920円(ユナイト ナイン TEL03-5464-9976)

※情報は取材当時のものです。

(出典/「Lightning2022年11月号 Vol.343」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア