夢を叶えてくれる建材屋。COUNTRY BASE

海外の雰囲気やヴィンテージの匂いを感じさせる住宅。自分の思い描く、昔見た映画のワンシーンのような生活空間。カントリーベースにお任せすれば、憧れは現実になる。

“日本いちニッチな建材屋”のアイデアとセンスがすごい。

せっかく家を建てる、もしくはリノベーションをするなら、自分の好きを形にしたい。それは誰もが思うこと。写真集や映画に登場するような、憧れのカッコいい空間に仕上げたい。あれやこれやと妄想して、業者にお願いしてもどうもイメージが伝わっていない。そもそもセンスがちょっと違う?

海外の写真集でみたカフェのような空間。ここが一般住宅の台所といって誰が信じるだろうか? この雰囲気を生み出しているのは壁。長い年数を経た
レンガを積みの壁は、実はデザインコンクリートと呼ばれる熟練の職人の手による塗装仕上げ。壁紙では表現できない立体感があり、非常にリアルだ

こんなお悩みを抱えている人の強い味方になってくれるのが石川県金沢市の建材屋『カントリーベース』だ。様々な引き出しをもつ建材屋だが、その特徴のひとつが『デザインコンクリート』。

石積みや経年変化、朽ち果てそうになったコンクリートの壁など、思い描く理想のイメージを職人の手作業でリアルな質感に仕上げていく技術で、リノベ&建築業界でも話題になっている。

この『カントリーベース』は’94年に創業し、デザインコンクリートをはじめとした特殊な建材や技術を開発。ついた呼び名が「日本いちニッチな建材屋」。技術はもちろん、カントリーベースのすごいところはそのアイデアとセンス。

例えばこの写真はカントリーベースの社長室で、旧いアメリカ映画の警察署長室をコンセプトに仕上げられている。こういったカルチャーやヴィンテージ、そしてライフスタイルにスタッフが精通しているからこそ、カッコいい空間を作ることができるのだ。夢にまで見た憧れの空間を叶えてくれる場所……それがカントリーベースだ。

【DATA】
COUNTRY BASE
石川県金沢市駅西本町4-1-17
TEL076-232-7710
営業/9:00~18:00
休み/土日
Instagram:@country_base
https://www.country-base.com/

見て、触れて、実際に体感できるカンリーベースルームツアー!

カントリーベースとはどんな会社なのだろう? ちょっと謎めいている……。そこでライトニング編集部は石川県金沢市になるカントリーベースの社屋にお邪魔することに。ナント社屋全体がモデルルームになっており、技術の数々を見て、触れて、実際に体験することができた!

ドアを開けるとウエルカムボードでお出迎え。この瞬間からカントリーベースの世界観が伝わってくる。ドアや窓枠、床や壁などそこかしこに空間作りのアイデアが満載。なお見学の際は事前に予約することをお忘れなく。

小屋の施工も相談できる。アメリカンな小屋をお探しの人はゼヒ!

駐車場も各サンプルの床で構成されているので、選ぶ際の参考になる。

ルーバーの開閉ができて、窓に応じてセミオーダーメイドで素材や色を選べる『プランテーション・シャッター』。質感が高くてお勧めの一品。

カントリーベースのオフィスから感じる明るくて清潔な空間。窓にはプランテーション・シャッターを装着して雰囲気を統一し、まるでカフェにいるみたい。こんな素敵なオフィスにしたい企業の人は、一度相談してみることをお勧めします!

ヴィンテージモダンな別室の天井は、アメリカ・ニューヨーク発祥のティンパネル。100年以上の歴史があるデザイン性の高い内装装飾材だ。

本棚の一部を動かすと、何と隠し扉になっていた(右写真)。こんな遊び心もカントリーベースの得意とするところ。ドアに黒板を設置するなど、これも技アリ!

モデルルームは階段を上った2階にある。

踊り場にもサンプルはたくさん。壁にはデザインコンクリートで描かれたジョン・レノンが。

その隣は業務用の小型エレベータ。こちらもカントリーベースの手にかかればこのような仕上がりに。

好きな空間が必ず見つかる! 趣味感満載のモデルルーム。

2階のモデルルームにはカントリーベースの世界観で構成された空間を実際に体感できるが、もちろんこれがすべてではない。あくまでサンプルであり、アイディアの一部。自分の夢や憧れの住まいを実現するための「わがまま」なら、カントリーベースはきっと応えてくれます。

デザインコンクリートや内壁の塗装、ガレージなどの床に施工する「MPC」といったカントリーベースのもつ技術を実際に見るだけでなく、手で感触を確かめることができる。体感することで自分の求めるものがより明確になったり、また新しくやりたいことが生まれてくることも。

部屋はもちろんルーフバルコニーやトイレなどのサンプルも見逃せない。このように住まいを楽しむためのアイデアとノウハウを本社ショールームのあらゆる部分から感じることができる。

カントリーベースやグループ会社『舶来土建』のロゴを配したアパレルも販売! デザインセンスのある会社なので、各グッズのクオリティも高い。

オシャレな雰囲気の2階からうってかわり、3階は職人のための研修用スペース。ビニールシートが敷かれ、真剣に技術を学んでいる様子が伝わってくる。

(出典/「Lightning 2022年10月号 Vol.342」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。