2022年秋冬AVIREXのシーズンテーマは【REBUILD】。アヴィレックス流温故知新を見逃すな!

    #PR

ミリタリーをファッションに昇華させた立役者、AVIREX。毎年、テーマを掲げてコレクションを展開するAVIREXだが、2022年秋冬のシーズンテーマは【REBUILD】。いままでAVIREXが作り上げてきたアーカイブスをベースに、今の時代にマッチしたデザインにブラッシュアップしたファン垂涎のアイテムがずらりと並ぶ。もちろん、ただの懐古主義ではない。過去に立ち返りながらも常に進化し続ける、AVIREXの新たなる挑戦なのだ。

PATCHED RIDERS JACKET

ベジタブルタンニンなめしのシープレザーをボディに使用し、さらに製品洗いをかけたこなれた風合いが良し。2010 年に発売されたモデルを復刻したワッペンカスタムジャケット。8万6900円

SHEEP LEATHER VARSITY JACKET“RECORD BREAKERS”

1998年に発売された人気のデザインを復刻。ボディには柔らかくしなやかなシープスキンを採用し、ゆったりとしたシルエットに仕上げた。エナメル調のアップリケも印象的。9万7900円

G-1 “BLACK ACES”

米国海軍航空隊の象徴でもあるG-1レザーフライトジャケット。第41戦闘攻撃飛行隊、通称ブラックエイセスがモチーフとされている。ベジタブルタンニン鞣しの山羊革を使用。12万1000円

SHEEP LEATHER VARSITY JACKET “TWO TONE LION”

1990年代に作られた日本未発売モデルをリプロダクト。ニットリブ仕様の裾と袖に加え、両腕、背面にインパクトのあるライオン、オールドイングリッシュの書体が異彩を放つ。12万1000円

B-6 “SAIPAN”

2016年秋冬に登場したスタイルを元に再構築したB-6は高品質なシープスキンとリアルムートンが高級感のある仕上がりに。ややゆったりとしたリラックスフィットとなっている。17万3800円

SHEEP LEATHER VARSITY JACKET “NEW YORK”

ライン入りのニットリブの袖と裾がアクセントとなるバーシティジャケットは2016年に発売されたもの。自由の女神が右手に掲げているトーチをメインモチーフとしている。9万7900円

LAMB LEATHER TRACKER JACKET“DRAGON & SNAKE”

肉厚なラムレザーを使用したトラッカージャケット。’90年代に発売された復刻モデルで背面に描かれた躍動感のある龍と蛇のハンドペイントグラフィックが大きな存在感を放つ。19万8000円

SATIN STADIUM JACKET

2002年に発売されたデニムのベースボールジャケットをベースに落ち着きのある光沢感のあるサテン素材で再構築。フロントにはロゴグラフィックのアップリケを装備。2万1780円

NAVAL PEA-JACKET

左袖には刺繍ワッペン、背面にはレザーのワッペンを配したピーコート。前立てはファスナーとボタンの二重仕様で、袖にはレザーとの切り替えデザインが施されている。4万9500円

VARSITY STADIUM JACKET “TORCH & LAUREL”

身頃はメルトン、袖はシュリンクレザー、グラフィックには刺繍を採用したスタジアムジャケットは1990年代に展開されていたモデル。当時と異なりリブ襟を採用している。5万9400円

MA-1 “EAGLE”

アメリカの国鳥であるイーグルと星条旗の刺繍を施した2010年に発売したモデルをアップデートしたMA-1。2万8600円

MA-1 “STENCIL”

2015年に発売されたMA-1のリビルドアイテム。両袖、フロント、バックにオリジナルのステンシルがプリントされている。リバーシブルで楽しめるのもMA-1の魅力のひとつ。2万6400円

MA-1 “LAST CALL”

オーバーサイズのアートワークでマイティエイトを背景にした色っぽいピンナップガールがプリントされ、圧倒的なインパクトを放つ。2010年に発売されたモデルをリプロダクト。2万1780円

MA-1 “SOLDIER”

1960年代に採用されたオレンジライニングのMA-1は、タウンユース用に中綿を薄めに仕上げた。背面には兵士をポートレイト風に描いたグラフィックがプリントされている。2万1780円

REBUILD コレクションフェア開催!

2022 年8 月10 日( 水)より、AVIREX REBUILDコレクションフェアを開催! 該当商品を2万5000円以上お買い上げの方に、AVIREXのアーカイブスからセレクトしたデザインをコラージュした「AVIREXオリジナルウォールクロック」をプレゼント!

【問い合わせ】
AVIREX SHOP
http://www.avirex-usa.com/
新宿 TEL03-5367-2013
川崎 TEL044-874-8354
札幌 TEL011-209-5165
名古屋 TEL052-304-7056
心斎橋 TEL06-6214-2013
福岡 TEL092-263-2321
※その他、全国のAVIREX SHOP で8月10日より販売開始

(出典/「Lightning 2022年9月号 Vol.341」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア