オーダーで甦るヴィンテージ。「THE FAT HATTER」のオーダーメイドハット

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介!

今回は「ブーツ、ウォレット、ハットと、オーダーメイドのアイテムが増えてきた。行き着くところはオーダーメイドなのか。そういや次の愛車もオーダーして製作中だった(笑)」というオーダーメイド上級者、編集部の最古参・ラーメン小池がお届け!

THE FAT HATTERのオーダーメイドハット

以前にもこの連載で書いたけれども、私はハット選びが非常に難しい。なぜなら頭のサイズが小さいために日本のハットだとSでもブカブカ。中にサイズ調整のテープを仕込むことなんてざら。そうなるともはや理想はオーダーしかないわけで、現代にして、良いのか悪いのか、かつてハットやスーツはオーダーすることが当たり前だった戦前の人と同じなのである。ただ、海外のハットには合うサイズがあるので、ヴィンテージなどではけっこう掘り出し物に出会える可能性は高いんだけど。

それでもかねてから一度頼んでみたいと思っていた自分サイズのハットを渋谷にアトリエを構えるファットハッターにお願いすることに。ことの始まりは長年の友人がファットハッターに連れてってというお願いから。じゃあ、ついでに私もオーダーしたかったので行きましょうということに。

アトリエを構えたときからストックしていたのに、誰にもチョイスされなかったという推定 ’70年代のラビットファーのおかげでオーダーらしい唯 一無二の仕上がりに。4 万 7300円 

オーダーはスタッフ(このときはオーナーの菊池さんも同席)と話し合いながら進めるんだけど、生地選び、クラウンのカタチや高さ、ブリムの幅、リボンなど、とにかくすべてをオーダー可能。まさに自分好みにすべてを決められるのがうれしい。しかもこのときはずっとアトリエで誰にもピックアップされなかったという柄入りのヴィンテージラビットファーを発掘!! もうこれに決まりでしょ!!

クラウンはティアドロップ(通称涙型) で、高さは相談の結果12センチに。 リボンは柄を邪魔しない10ミリのヴィンテージリボンをチョイスした
すべりはブラウンを選んでアイステッチで。また刻印を入れてもらえるのでオーダーした日を入れてもらうことに。 名前を入れる人も多い
ブリムはフラットアップの7センチ。 ヴィンテージの素材で新品が作れる なんてオーダーメイドの醍醐味でしょ。 個性的だしサイズもぴったりで大満足

【問い合わせ】
ザ・ファットハッター
TEL03-6450-6506
https://thefathatter.com

(出典/「Lightning2022年8月号 Vol.340」)