小物選びはアメリカンヒーローに想いを馳せて。あの著名人が使っていたアイテムを手に入れよう!

時計や眼鏡などの日々身に着けるもの、または必需品として携帯する小物選びはいつだって悩みどころ。ここはライフスタイルのお手本にしてきた、大好きなアメリカンヒーローのセンスを真似するのが吉。似合うかどうかは別問題だが……。

〈チャールズ・リンドバーグ〉が開発に携わった【アワーアングルウォッチ】。

1927年に初の大西洋単独横断飛行を達成したチャールズ・リンドバーグが機内に持ち込んだ時計はロンジンではなかったものの、その後リンドバーグはロンジンに対して長距離飛行に適した新しいナビゲーションウォッチを提案。それがアワーアングルウォッチだ。

リンドバーグが考案した緯度と経度を割り出して現在地を確認できる時角(アワーアングル)を搭載した腕時計。リンドバーグ アワーアングルウォッチ。67万3200円(ロンジンTEL03-6254-7350)

ジョニー・デップが愛用した【タート・オプティカル】を蘇らせた完全リプロダクト。

ジョニー・デップが愛用しヴィンテージ市場が跳ね上がったタート・オプティカルのアーネル。ブランド自体は’70年代に消滅したが創業者の甥であるリチャード・タートから譲り受けた当時の資料を基に忠実に模したのがジュリアス・タート・オプティカルだ。

ARはアーネルの実際の資料を基にした由緒正しき復刻モデル。ボストンとウェリントンの中間フレームが特徴。フレームのみで4万1800円(プライベートアイズ アンド トラッカーズTEL070-1577-2666)

〈ビル・エバンス〉の愛用眼鏡は【アメリカンオプティカル】のウェリントン型。

ジャズピアニストの巨匠ビル・エバンスもまた眼鏡が良く似合うミュージシャンのひとり。彼が活動していた‘50〜’60年代によくかけていたのはアメリカンオプティカル。トレードマークの煙草と共に着用するウェリントン型は男の色気がたっぷりだ。

アメリカ最古の眼鏡メーカー、アメリカンオプティカル。クリアフレームのウェリントン型は様々なアルバムジャケで見られる。11万9900円(グローブスペックスTEL03-5459-8326)

文豪も陸軍元帥も、みんな〈パーカー〉の虜となった。

パーカーの万年筆を愛用した著名人は数多い。A・ヘミングウェイは「パーカー51」を愛用、太平洋戦争終結調印式でD・マッカーサーが使用したのは「デュオフォールド」だった。パーカーのポスターを描いたN・ロックウェルもきっと使用していたのではないだろうか。

フーデッドニブ構造のペン先が特長のパーカー51を進化させたプレミアム プラムGT万年筆。3万8500円(ニューウェルブランズ・ジャパン合同会社www.parkerpen-ja.jp)

〈スティーブ・ジョブズ〉の哲学を物語る【クラシックラウンド】。

言わずもがなアップルの創始者であるスティーブ・ジョブズのトレードマークである丸眼鏡はレンズに穴を穿つリムレスタイプが特徴のルノアのクラシックラウンド。ミニマルかつ無駄を削ぎ落としたデザインはまさに氏らしいチョイス。

18〜20世紀に存在したアンティークデザインを尊重しつつ快適な掛心地を追求したルノア。クラシックシリーズは特にシンプルで美しいフォルム。3 万6300円(グローブスペックスTEL03-5459-8326)

〈マーク・トウェイン〉も愛用。1 ドルで懐中時計を庶民に普及させたタイメックス【ヤンキー】。

アメリカの庶民が気軽に懐中時計を買うことができなかった20世紀初頭、タイメックスの販売代理店だったインガーソル社から僅か1ドルの懐中時計「ヤンキー」が登場し世界的に大ヒット。作家マーク・トウェインもこの懐中時計を気に入り2つ買いした記録も!?

1890年代に発売された「ヤンキー」は20年間で4000万本を販売。鉱山労働者、農夫から工員、オフィスワーカーまで誰もが所有していた(写真提供タイメックス)

関係者の多くに配ったとされる【ファイロファックス】の名作システム手帳。

映画監督スティーヴン・スピルバーグが自身で愛用し、またスタッフ全員にも贈ったことで仕事の効率アップに繋がったというシステム手帳がファイロファックスのウィンチェスター。『E.T. 』の字幕を担当した翻訳家・戸田奈津子さんにも贈られたとか。

ファイロファックス100周年限定ウィンチェスター。イタリアンカーフにカードポケットやペンホルダーを加えたクラシカルデザイン。4万8400円(平和堂TEL03-3552-6854)

〈ニール・アームストロング〉の月面着陸を共にした【オメガ】の名作。

1969年、人類で初めての有人月面着陸全6回すべてにお供した時計がオメガ・スピードマスターだった。厳しいNASAの耐久テストをクリアしたことで’65年からNASAに制式採用。無重力では自動巻きは使いにくいことからあえて手巻きが採用されている。

‘57年に登場したスピードマスター。’62〜’69年に製作されていた3rdモデルはまさにNASAによる装備品選抜テストに合格した銘品番(ライター私物)

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning2022年5月号 Vol.337」)