メンズドレスショップが本気で作ったジーンズはいかが?

  • 公開日:2022.06.05
  •              

ヨーロッパを中心としたドレスクロージングにアメリカンヴィンテージのエッセンスをブレンドした独自のスタンスが際立つ名店ブライスランズ。ヴィンテージとドレスを深く理解するオーナーが作る渾身のデニムを紹介したい。

「ブライスランズ」オーナー/クリエイティブディレクター・イーサン・ニュートンさん

1980年生まれ。オーストラリア出身。20歳の時に来日し、エヴィスジーンズに従事。その後、香港のジ・アーモリーやラルフローレンを経て、2016年にブライスランズを設立した。

ドレッシーな着こなしにも合うヴィンテージジーンズ。

原宿にある名店ブライスランズは、テーラー要素の強いセレクトショップだ。店内にはイタリアのスーツや東欧の革靴が並ぶ一方で、ナバホ族のアーティストが手掛けたベルトやオリジナルのデニムが並ぶ。

オーナーのイーサンは、エヴィスジーンズやラルフローレンでキャリアを積み、世界中のクラシックな名品を集め、フォーマルなスタイルを得意とする香港のジ・アーモリーの立ち上げに携わった人物。そんな経験がこの店に反映されている。そこで展開されるジーンズは、タフなワークウエアの中に、どこか洗練されたドレス的な要素が光る。

オリジナルのLot:133を3年ほど穿き込んだエイジングサンプル。高い技術を持つ岡山のファクトリーにオーダーし、オリジナルの13.5ozインディゴデニムを用いている

「理想としたのはドレスな着こなしにも合うヴィンテージジーンズ。ワークウエアとしてのルーツに敬意を払い、うちのスタンスに合う要素を融合させています」

BRYCELAND’S Lot:133

1930年代のヴィンテージをベースに、腰回りをテーラー視点でリファインさせたストレートモデル。股上を深く、ヒップラインを美しくし、フロントポケットに手を入れやすいように配慮。オリジナルの13.5ozデニムは色落ち抜群。4万9300円

もちろん隠しリベットなどのヴィンテージ的な意匠はできるかぎり再現している。それでいてシルエットはエレガントに仕上げている
リベットの先端を潰すなど、ヴィンテージと同じ製法を随所に落とし込んでいる。ヴィンテージに精通するイーサンのこだわりである
あえてセルビッジを細く設定し、ロールアップした際にどこかドレッシーな印象に。シュリンクデニムなので裾のアタリも楽しめる

【問い合わせ】
ブライスランズ
東京都渋谷区神宮前3-15-4 1F
TEL03-6721-0133
営業/12:00〜20:00 日祝 12:00〜18:00
休み/月曜(祝日は翌火)

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning2022年4月号 Vol336」)