1990〜2000年代のプリントが人気!? ヴィンテージTシャツの最新事情。

ヴィンテージTシャツは、いまでは古着ファンだけに留まらず、世界的なミュージシャンやセレブにも注目される存在になり、最近では’90年代以降のものが高騰しているそう。そこで、下北沢の人気古着店のオーナーに、その最新事情を教えてもらった。

今注目するヴィンテージTシャツとは。

我々アラフォー世代にとって、 ヴィンテージTシャツといえば、 例えば旧いチャンピオンのカレッジプリントが最高峰のランクにあって価格も高い…というのが常識だったのだが、最近はどうやら全く違うらしい。

そこで、ヴィンテージの最新トレンドを探るべく、いま往年の古着ブームのような賑わいを見せる下北沢で、多くの王道ヴィンテージとトレンド古着を扱うショップ『SPiKe』のオーナー・高橋史宏さんに、ヴィンテージTシャツの動向を伺った。

高橋史宏さんは某有名古着店から独立し、2012年に『SPiKe』をオープン。レアなリバースウィーブからヴィンテージデニム、ヴィンテージTシャツまで、幅広く取り扱っている

「ちょっと前まで人気だったバンドTシャツは、だいぶ落ち着きました。代わりに映画やアニメ、キャラクタープリントなど、一部で価格が爆上がりしてきているものがあります。

アンディ・ウォーホルやキース・へリングなどアートTシャツも依然人気ですが、それらを追うように有名画家の油絵作品がプリントされたものなども注目され始めました。

ちなみにアディダスのトレフォイルのようなロゴプリントも人気ですが、マイクロソフトやアップルのものは、とんでもない価格になりつつあります」

高橋さんが今注目するTシャツ厳選8選!

そんな高橋さんが今注目するTシャツを、見せていただいた。参考にして、掘ってみてはいががだろうか。

1.Larry La Bonte

赤ちゃんだけを被写体にする人気写真家、ラリー・ラ・ボンテの写真Tシャツ。最近のフォトTeeブームで、2年程前なら6千円前後だったものが、最近は1万円台を軽く超える。(私物)

2.RIDINGMANIA

ライディングマニアは有名ブランドのパロディプリントが人気。これはVICTORパロディ。パタゴニアボディを使用するものも多い。6千円前後だったのが、1万円台半ばまで高騰。(私物)

3.The Princess MONONOKE

いま日本のアニメプリントが世界的に人気上昇中。中でもジブリ物は今後さらに高騰するはず。この海外上映時の『もののけ姫』で4万円以上。人気ラッパーのトラヴィス・スコットが『千と千尋の神隠し』を着たことも有名だ。ジブリでは『紅の豚』もかなり高騰中。人気作品なら2桁万円で取引されることもあるそう。エヴァやアキラもかなり高価!

4.FINAL FANTASY VII

世界的に人気を博したゲームタイトルなら、Tシャツもかなりの高額。 アメリカ製ボディも高騰するポイントだ。この『ファイナルファンタジーVII』は、今では4万円以上する。

5.THE DAVINCI CODE

映画Tシャツも人気。特に人気俳優や人気監督のものは高騰気味。『ダヴィンチ・コード』はモナ・リザのデザインなら4万円台だが、こちらは22000円で販売中。

6.RESERVOIR DOGS

こちらは『レザボアドッグス』のTシャツ。ポスターデザインではなく、劇中の冒頭のシーンのプリントというレアな1着。最近はブラピ物が人気で高騰中だそう。(私物)

7.THE FLAMING LIPS

オクラホマ発のオルタナ系ロックバンド『ザ・フレーミング・リップス』のTシャツは、ジャケ写に関係ないアートデザインで人気爆発。バンドTeeでは最も注目株だそう。相場は68万円台。(私物)

8.MONET “Water Lilies”

’95年にサンフランシスコで開催した画家・モネの展覧会の限定Tシャツ。このような有名画家のものはタマ数の少なさもあって急激に高騰中とのこと。こちらは33000円で販売中。

DATA
SPiKe
東京都世田谷区北沢2-35-15 下北沢マンション1F
TEL03-6407-0123
営業/12:0020:00
Instagram: spike_shimokitazawa_tokyo

情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning 20217月号Vol.327」)