ADちゃんのミリタリーウエア最前線。

2021年12月11日(土)~12日(日)に開催される、特別なオンラインショッピングイベント「ヘリテージオンラインフェス」。雑誌「Lightning」「2nd」「CLUTCH MAGAZINE」の誌面でお馴染みのブランドがWEB上に集結し、驚きの価格で買い物ができる約27時間ぶっ通しで楽しめるイベントが間近に迫るなか、編集部メンバーが見どころと楽しみ方を紹介!

Lightning編集部のミリタリー通、ADちゃんがヘリフェスのラインナップのなかからミリタリーウエアに絞って、注目したいアイテムを紹介!!

イベント詳細は公式WEBをチェック!

国内実力派ブランドの軍モノが、特別価格で手に入るチャンス!

冬の寒さが厳しくなってまいりました。気象庁からは今年の12月と1月は、東・西日本ともに平年の気温より低くなる予想が出ています。もしかしたら大雪も降るかも? そこで活躍するのがヘビーデューティなミリタリーウエア。軍装品というシンプルで機能的なデザインはもちろん、防寒製も高いのが魅力です。というわけで、ヘリフェスにご参加頂く国内実力派ブランドから、ADちゃんの気になるミリタリーウエアをピックアップ!

THE REAL McCOY’S|TYPE L-2A / TEST SAMPLE 価格/¥80,000 →¥40,000(税込)50%OFF

L-2Aは米陸軍航空隊から米空軍へ独立する際に登場したモデルで、制式採用以前にいくつものテストサンプルを開発していたことで知られる。このテストサンプルというのはその名の通り、機能実証用フライトジャケットのことで異なる素材を使用したテストサンプルを作り、それらをパイロットへ支給してテストしてもらい、制式採用のスペックを制定していく。ザ・リアルマッコイズのL-2Aテストサンプルは、ウールリブの色味や革素材のオキシジェンホースタブなど、制式採用モデルと異なるディテールを有する。

もっと詳しく知りたいならこちら!

NIGEL CABOURN MAN | OW-54 DECK SMOCK POPLIN 価格/¥37,400 →¥18,700(税込)50%OFF

米海軍が1930年代〜第二次世界大戦後まで使用していたデッキスモックジャケット。他にもガスパーカーやダンガリーパーカーなどの名称でも呼ばれるアイテムだ。元々は火薬を扱う砲撃等の際に、有害な炸薬などから身を守る為に着用されていたもの。そのため防塵性に特化したような複雑に重なる前立てが特徴となっている。そのモデルをモチーフにナイジェル・ケーボンが再構築したアイテムだ。丈夫なコットン製の生地を使い、アウターとしてもインナーとしても使えるスモックとなっている。

もっと詳しく知りたいならこちら!

Dry Bones|Fish Tail Shell Hoodie (DJ-1089) 価格/¥73,700 →¥66,330(税込)10%OFF

米陸軍が第二次世界大戦で直面した防寒衣料の問題。ヨーロッパ戦線など寒い地域で兵士たちの身体を寒さから守る対策は急務であった。そして満を持して朝鮮戦争で登場するのがM-51フィッシュテールパーカだ。防寒機能としてライニングシステムを採用し、気温に合わせてライナーやフードの脱着が可能に。その高機能な意匠をドライボーンズらしく落とし込んだモデルは、レアリティにもこだわっている。1950年代前半に一時期だけ作られた、フードが取り外しできるレアなM-51をベースとしているのだ。

もっと詳しく知りたいならこちら!

ここで紹介したアイテムはごく一部。このほかどんなアイテムがラインナップされるかは当日のお楽しみに。最高に楽しめるショッピングイベント「ヘリテージオンラインフェス」でもお買い物に必要なチケットは公式WEBで販売中。下記リンク先より購入できるのでイベント詳細と合わせて要チェック!

イベント詳細はこちらをチェック!

チケット購入はこちらから!

※12/3時点の情報になります。出店社様のご意向で内容が変更になる場合もございますのでご了承ください。