往年のディテールがリーズナブルに楽しめる! “マイナーブランド”革ジャンのすすめ。

  • 2021.11.03
  •              

ヴィンテージの有名な革ジャンはコンディションの良いものは枯渇状態にあり、値段が高騰して続けている。そこで、ディテールやデザインは当時の時代感のままに、よりリーズナブルに手に入れられるマイナーブランドの革ジャンに注目!

お話を伺ったのはこの方……「フェイクα」澤田一誠さん

映画『乱暴者』のジョニーを愛し、ダブルライダース×デニムのスタイルを貫き続ける男。アメリカの革ジャンはデュラブル一択だが、イギリスの革ジャンはマイナーブランドを集めているのだとか。

マイナーブランドだからと言って質が悪いわけではない。

現代のプロダクツには見られない古の時代特有のレザーの質感やディテールがヴィンテージの革ジャンの醍醐味だ。ヴィンテージプロダクツが注目を集める中で情報は更新され続けるが、数が増えるものではないので、実際は’30〜’50年代の有名な革ジャンは枯渇しつつあり、値段が高騰しているのが現状。しかし、マイナーブランドの革ジャンは今でも10万円前後で手に入るものが多い。

「マイナーブランドだからと言って質が悪いわけではないんです。ブランドが有名ではない物はリーズナブルな値段がつきますが、無名なだけでディテールはそれぞれの時代を反映し、レザーの質も良いジャケットは数多く存在しています」と語るのはフェイクアルファの澤田さん。

マイナーブランドは有名なモデルほど価値が定まっていないだけで、デザインや革質は十分に当時の時代感を味わえる。審美眼は必要になるが、あえてマイナーブランドでリーズナブルかつカッコイイ革ジャンを見つけ出す新しいヴィンテージの革ジャンの楽しみ方に挑戦してみては?

「フェイクα」澤田さんチョイスのマイナーブランド革ジャン10選。

1.1950s Unknown

左肩にAMAのパッチ、背中に『RAMBLING ROMANS MC』というクラブのパッチが背中にあしらわれた’50sのホースハイドのダブルライダース。当時のバイク乗りが愛用した痕跡が残るだけに、現代のバイク乗りにおすすめしたい。10万7800円

2.1950s CAL LEATHER

当時LA警察の制服を手掛けたキャルレザーの’60sポリス。肉厚なカウハイドを使用したシングルは、キドニーパッドやサイドレースなどワイルドなデザインが魅力だ。10万7800円

3.1950s HERCULES OUTERWEAR

Dポケットがパッチポケットの仕様の’50sヘラクレス。ホースハイド製でエポレットをよく見ると両肩の2スターが一つずつ外れた跡があり、1スターになっている。5万4780円

4.1950s Fiderity Sportswear

無名ブランドの’50sのダブルライダース。レザーはホースハイドを使用し、Dポケ以降のシンプルなデザインとスナップボタンタイプのウエストベルトが特徴。6万5780円

5.1950s HERCULES OUTERWEAR

3のヘラクレスの後継にあたるダブルライダース。Dポケットの縁がパイピングの処理になっているなど、同じ’50sでも微妙にデザインが変更されている。4万3780円

6.1950s ALLSTATE

BUCOと同じ工場で生産されていたALLSTATEのトラッカージャケット。同年代のBUCOで同デザインが存在するが、ブランドの違いでリーズナブルに。7万6780円

7.1950s CALIFONIA

モンゴメリーワードで展開されていたカリフォルニアのライダースは9ジッパーのデザインが特徴で、映画『乱暴者』で登場人物が着用していたモデル。8万7780円

8.1940s Unknown

ゴートスキンを採用する’40sの1着。一般的に最も着こなしやすいシングル襟のスポーツジャケットで、胸のボールチェーンが時代感を象徴するディテール。10万7800円

9.1930s Unknown

シボや細かいシワが浮き出た肉厚なホースハイドの質感が魅力のスポーツジャケットはハトメのジッパーを採用する’30s。内リブなのでバイク乗りにもオススメ。6万5780円

10.1940s Unknown

ダブルブレストだがほぼオフセットされていないフロントが特徴的なゴートスキンのアビエイタータイプ。合わせが浅いのでオープンでも着やすいデザインだ。14万800円

価格が高騰するヴィンテージのなかで狙い目のマイナーブランドの革ジャン。手が出る価格だから吟味して自分好みの一着を手に入れてみてはいかがだろうか。

【問い合わせ】
フェイクα 
TEL03-3404-0168

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning 2021年10月号 Vol.330」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア