街で冴える、新世代の刀「SUZUKI KATANA」の魅力に迫る。

  • 最終更新日:2021.10.21 公開日:2021.07.02
  •              

最終更新日 2021.10.21 公開日 2021.07.02

世代によってカタナのイメージは異なる。ベテランライダーなら1980年にドイツのケルンで発表されたプロトタイプ。もしくは『西部警察』のブラックカタナ。若い世代ならアニメ化もされた人気コミック『ばくおん!!』のGSX400Sになるだろうか。

では、40代の筆者はというと、バイク乗りのバイブル的コミックである『キリン』に登場したカタナだ。

このようにメディアに使われることの多いカタナは、それこそバイクに乗らない人でも知っている、アイコニックな存在である。そんなカタナの名を受け継ぐ、ニューモデルが登場。歴代の名車にも勝る、新型カタナの魅力を紹介しよう。

こんなにも乗りやすく、そして刺激的。若い世代は新カタナに何を想う?

モデル名はストレートに『KATANA』。エッジの効いた外観は、映画『トランスフォーマー』に登場した5代目カマロや3代目ダッジ・チャージャーのように、過去のデザインを大胆にアレンジしたレトロモダンなフォルムだ。

一番カッコいい角度が、この斜め後ろから見た立ち姿。倉庫街でも研ぎ澄まされた特徴的なスタイルが映える

斜め後ろから見ると、テールカウルより飛び出したタイヤの視覚効果からか、今にも飛びかかりそうな猛獣のような雰囲気。男らしくも先鋭的で、個人的にはかなり好みだ。

そして走りはというと、アップライトなポジションとモリモリのトルク、さらに低速域でアクセルを開けた時のドンツキのないスムーズなエンジン特性は、交通量の多い都市部でもストレスなし。それはイコール、ストリートの楽しみ方につながる。

気になるお店にフラリと立ち寄ったり、繁華街を流してみたりと、日常での気軽な使い方にも最適。そして高速道路での韋駄天ぶりは想像以上! この刺激的な走りにはガツンとやられてしまった。試乗後の筆者ともうひとりの編集部員はヘルメットを脱ぐや、目を合わせてニヤリとサムアップ! これが正直な感想だ。

街乗り、ツーリング、峠走り……どんなシーンでも刺激を与えてくれる新型カタナ。あなたはどんな用途で走る? きっとみんなこう答えるはずだ。「全部!」と。

新型カタナのディテールを拝見!

ターンシグナル付スイングアームマウントのリアフェンダーを採用したことで、ショートテールと幅190のリアタイヤがより強調されている。迫力のあるリアビューだ。

カタナのアイコンとでもいうべき象徴的なフロントカウルをリデザイン。ヘッドライトは新設計のLEDライトを搭載する。

フロントブレーキはイタリアのブレーキメーカー・ブレンボ製を装備。もちろんABSも搭載する。制動力に関して不安要素は一切なし。

新型カタナの特長のひとつがこのアップハンドル。なお左側のグリップ横のスイッチで、トラクションコントロールを設定できる。

スタートボタンをワンプッシュするだけでエンジンが始動。液晶ディスプレイには『刀』の文字が。この演出を見た時、正直震えた。

旧型カタナの意匠を感じさせるシートデザイン。シート高は825㎜だが、前方をギュッと絞り込むことで足付き性を向上させている。

ビックリしたのが排気音。「これ社外品?」と思ったほど元気なサウンドを聞かせてくれる。カラっとした乾いた音質が耳に心地よい。

【スペック】

  • 全長:2130mmm 全幅:835mm 全高:1110m
  • シート高:825mm
  • 装備重量:215kg
  • 最高出力:109kW(148PS)/ 10000rpm 最大トルク:107Nm / 9500rpm
  • 価格:154 万円

【問い合わせ】
スズキ(株) お客様相談室
TEL 0120-402-253
https://www1.suzuki.co.jp/motor/

(出典/「Lightning 2021年8月号 Vol.328」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。