モノ選びの賢者が注目している、アーバン“ビッグ”オフローダー。

  • 最終更新日:2021.10.24 公開日:2021.03.26
  •              

最終更新日 2021.10.24 公開日 2021.03.26

オフロードバイクは、軽快で道なき道を進めるのが醍醐味。郊外で使うイメージがあるが、カスタムひとつで街でも快適に走れるアーバンオフローダーに変貌する。そんなオフロードバイクが注目を集めている。

ファッションはもちろん、趣味にまつわる様々な分野のプロダクツに精通し、業界屈指の審美眼を持つ「ザ・リアルマッコイズ」代表の辻本さんが、いま最も注目しているモーターサイクルは、意外にもBMWのビッグオフローダー「R80G/S Paris-Dakar」だった。その魅力とは? お話を伺った。

「The REAL McCOY’S」代表・辻本仁史さん|旧きよきアメリカン・ガーメンツを現代に蘇らせる「ザ・リアルマッコイズ」の代表。バイクはもちろん、時計、クルマ、カメラ、オーディオといった多岐に渡る趣味をとことん追求することでも知られる。またそれらにまつわるプロダクツも収集する

現在のカスタムシーンの源流がここに! 愛車の「1984 BMW R80G/S Paris-Dakar(BMW R80G/Sパリダカール)」

BMWを代表するGSシリーズの源流となるデュアルパーパスモデル。中でもパリダカール仕様のモデルは大型のタンクを採用し長距離・長時間走ることを考慮している

「ザ・リアルマッコイズ」代表を務める辻本仁史さんは、これまでLightning誌面でも度々紹介してきた通り、こだわりのコレクションを持つことでも知られる。

そんなモノ選びのプロフェッショナルともいうべき氏が選ぶバイクは、ヴィンテージと思いきや、’84年製と’85年製のBMWR80G/Sパリダカモデル

確かに名車と呼ばれる車両だが、なぜ氏はこのバイクを選んだのか。

「過去には名車と呼ばれるバイクは数多く乗ってきましたが、最近はオフロードバイクに惹かれるんです。本来は山などで遊ぶバイクですが、私は街中で楽しむのが今の気分です。それにぴったりなのがこのBMW R80G/S。また’84年と’85年しか作られていないパリダカモデルは、モトクロスで名を馳せたライダーであるガストン・ ライエがこの車両を駆りパリダカで二連覇した記念モデルでもあるんです。そんな歴史的背景をもつ部分にも魅力を感じます」 と、プロダクツが持つ大きな意味合いも、モノ選びの基準としている氏。

街乗りやちょっとしたツーリングにも適しているため、こ のG/Sに乗る時は肩肘を張らずに、ラフな服装で跨るのが氏のスタイルなのだとか。

ガレージにはクレート(鉄枠)に納められたままの新車が。しかも一台だけでなく、何台も並ぶという驚愕の事実
高さのある丸みを帯びたガスタンクは、 長距離のラリーを走るための装備。容量は32ℓ。パリダカ仕様を表す3色のデカールが印象的
フロントブレーキは2ポッドキャリパーに260㎜のローターを装備。キャストホイールのイメージが多いR80だがG/Sはスポークを採用している
日焼けもなく、状態の良さを物語るオリジナルの計器類。右下に備わる速度警告灯の表記は国内正規輸入されたディーラー車の証でもある
左右非対称なデザインを持つヘッドライトカバー。大柄なボディに対して小顔なアンバランスさが、’80年代らしいデザイン
BMW独自のリアサスペンション機構であるモノレバー。耐久性、整備性、路面追従性など、パリダカでも高いパフォーマンスを発揮した
‘80年代らしい角張った灯火類。またパニアケースなどが装着できる純正キャリア。辻本さんは街乗りが主なので基本的には外しているのだとか
BMWの歴史を共に歩んできたといっても過言ではない、空冷OHV水平対向エンジン。真横にシリンダーが張り出したデザインは唯一無二。797㏄
‘70〜’80年代にモトクロスで活躍したライダーであるガストン・ライレーがパリダカ2連覇を記念し、タンク上部にはサインが入る

(出典:「Lightning 2017年11月号 Vol.283」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。