きっかけは鳥山明作品。アメリカントイとヴィンテージウエアにすべてを捧げた館。

  • 最終更新日:2021.11.24 公開日:2021.04.27
  •              

最終更新日 2021.11.24 公開日 2021.04.27

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』や敬愛する鳥山明作品を通じて、いつしかアメリカンカルチャーの虜となっていった大川さん。そんな幼少期の強い想いが、時を経て、この秘密基地で大暴走している。

すべての欲を抑えて、物欲に集中して手に入れた夢の空間。

引っ越しを契機に自分の物欲を開放した秘密基地をつくろうと思い立ったのが約4年前(取材時)。倉庫さながらのワンルームは、元々は四方真っ白のスケルトン状態。そこからバーカウンターやアンティークのショーケースを設置し、地道にアメトイ、ヴィンテージウエアの収集に励んだという。

大川知英さん|お笑いトリオ「ニブンノゴ!」のメンバーで、田村淳率いるビジュアル系ロックバンド「jealkb」のギター。アメトイとヴィンテージものが大好物で、目指すは「世田谷ベース」的な暮らし

「生活感の無い部屋にしたかった」という大川さんが思い描いた理想は、茨城県土浦にあるヘルシーレストラン&アンティークモール「2000toys Antique Mall & Habitable」。

アメリカンコレクティブルなグッズが所狭しと並べられたその世界観に圧倒され、「こんな空間に住むことができたら幸せだろうな」と刺激を受けた。

やる気スイッチが入れば爆発的な行動力。

スペシャルなカートゥーン系トイのディスプレイ。そして右端には巨大なロナルド・マクドナルド!! 木彫りで、大人5人でやっと運べる重さ。「倒れてきたら俺、即死です(笑)」

カートゥーン系トイや、ヴィンテージデニム、旧いサインボードなど、部屋にアンティークが溢れるかえる状態になるのに時間はかからなかった。

「僕のなかのルールはレプリカよりもオリジナル主義。お金も、時間も、労力もかかるけど、これは仕方がないです。好きだったものがたまたま値段が高かっただけ」

足の踏み場がないほど好きなモノに囲まれたまさに秘密基地。ただ、これらのお宝を肴に語り合う同好の士がいないのが唯一の寂しさ。それでも1人アメトイ総選挙を開催し、ディスプレイのセンターを決める作業も、また楽しい……。

こちらの棚も圧巻。アメトイとヴィンテージウエアがすき間なくディスプレイ。目立つところでは、ハンバーグラー、バックス・バニー、キャプテンクロックなど

「でも、まだ理想の6割。さすがにこの部屋にはもう入らないから、もうひと部屋借りたいですね。で、最終的にはマンションすべてを買いとって、アンティークのテーマパークのようにするのが夢」という大胆な野望も、4年間のがむしゃらな収集ぶりを見るに、まんざら嘘のようにも思えない。

「自分の趣味のためにあらゆる欲を抑えて、物欲に一点集中してますからね。まあ、金持ちの社長が僕に投資してくれればいいんですけど」

鳥山明ファンの大川さんが、ここに引っ越す前に所有していた数少ないコレクションが、このドクタースランプ関連のフィギュア。今でも、こうして棚に大事に飾られている。鳥山作品を通してこの世界を好きになったと言っても過言ではない、きっかけともいえる存在だ

大川さんの貴重なコレクションを拝見!

玄関脇に設置されたアンティークショーケース(これも大正時代のもの)には、スペシャルなアメトイが大集合。バディ・リー、ディズニー、スヌーピー、ハンナ・バーベラ……。どれもコンディション良好。しかもそれだけではなく、対面の棚にも溢れんばかりのアメトイたち。そんな膨大なコレクションの一部を紹介してもらった。

まずはここれから。コカ・コーラのベンダーは本物。ディスプレイ用だが、鍵をあければ扉が開く構造で、なかにはオリジナルのナイキ・エアジョーダンⅠやフレディ・クルーガーのフィギュアが。

こんなディプレイを考えるのも楽しいひと時だ

アポロ11号が月面着陸した1969年頃に発売されたアストロスヌーピー(左2体)と、’70年代のアストロディズニー(右2体)。アストロディズニーは本家公認かどうか詳細不明。

ちなみに、このアストロスヌーピーは昨年生誕70周年を記念して復刻されている。

70周年という長き歴史に拍手を送りたい! レトロで可愛いスヌーピー登場。

70周年という長き歴史に拍手を送りたい! レトロで可愛いスヌーピー登場。

2020年10月07日

こちらの記事では、本家のアストロノーツとブート品のドクロバージョンも紹介。アストロノーツ・スヌーピーが気になる人はぜひチェックを。

90万円超えも! 見つけたら絶対買いのアドバタイジングTOYの市場価値を調査!

90万円超えも! 見つけたら絶対買いのアドバタイジングTOYの市場価値を調査!

2021年04月03日

大川さんのスヌーピー関連のトイは、すべて藤沢の名店「Locohana General Store」にて購入。天才音楽少年シュローダーが弾くベートーベンのピアノだけでも10万円もしたとか。

こちらはハンナ・バーベラスタジオのキャラクターたち。「バナナスピリッツのメンバー4人を集めるのは苦労しました。右のキャラクター、Drooperの眼鏡が見つかればコンプリートです」

同じくハンナ・バーベラのプルトイ。(前右から)ピーターポタマス、ドループAロング、マギラゴリラ、(後右から)リコシェットラビット、マッシュマウス、イッピーヤッピーヤッホー、パンキンパス。

ディズニーのラバードールたち。なかでも前列のバンビとビッグバッドウルフは探すのに相当苦労したのだとか。箱の裏側に書いてある絵はすべてコンプリートしている。

アメリカの旧きよきサインボードもたくさん飾られる。4匹のエルフがいる飲料メーカー「ホイッスル」の大きい看板はかなり希少で、海外からわざわざ送ってもらったもの。

矢吹ジョー、ガンダム、リーバイス501のショップディスプレイ、後ろにはビートルズ来日時のハッピも(これはさすがに復刻)。

ウエアやシューズのコレクションも負けていない。

こちらの目下相場が上がっているコンバース・ワンスターのサンダルやスリッポンは、大川さんのお気に入り。カジュアルも大人っぽい着こなしにもフィットする。

リーバイスS506XXデニムジャケットのワンウォッシュ大戦モデル。バックは希少なセパレートタイプになっている。

リーバイスXXは革パッチが残るミントコンディション。「THE 501XX A COLLECTION OF VINTAGE JEANS」と共に。

ほかにも、鳥山明先生に誕生日に書いて頂いたドラゴンボール・大猿のサインとフィギュアやドクタースランプのサインなど、ファン垂涎のお宝も。うらやましい!!

自身の物欲をとことん開放させた秘密基地だが、本音を言えば、同好の士と呼べるトイ、ヴィンテージ仲間が欲しいと大川さん。

「みんな、ここに来ても、トイに興味を持ってくれないんです。もっと、一緒に語り合いたいのに!!」というわけで、夢は仲間が集まるアンティークサロンなんだそうだ。

「家づくり」の実例をもっと見る

(出典/「Lightning 2018年9月号 Vol.293」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。