【喫煙室の密談◎第3話】編集部高齢化問題!?ライトニングの行く末は……?

  • 2021.10.24 2020.12.01
  •              

昨年、創刊25周年と通算300号を迎えた雑誌ライトニング。気が付けば現在発売中の最新号は321号と、あっという間に月日は流れるもので、編集部もすっかり大人(おじさん)。記憶に残る企画は数あれど、誕生から中身までそのグダグダっぷりでよくも10年も続いたものだと語り継がれているのが、連載「喫煙室の密談」だ。

弊社社内の喫煙室で実際に行われていた密談(というか雑談)をそのまま誌面に載せてしまうという伝説の企画を、WEBでひさびさに復活! 最終回は「ライトニングのこれから」。ライトニング編集部の一員になった気分で読んでみてほしい。

▼第1話・第2話もチェック!

【喫煙室の密談◎第1話】雑誌ライトニングの歴史を語ろう!

【喫煙室の密談◎第1話】雑誌ライトニングの歴史を語ろう!

2021年10月24日

【喫煙室の密談◎第2話】アメカジの祭典「稲妻フェスティバル」を語り尽くす!

【喫煙室の密談◎第2話】アメカジの祭典「稲妻フェスティバル」を語り尽くす!

2021年10月24日

“好き”だから、10年前も今も変わらない。

松島親方(以下松島) 気付けばライトニングも、次の2021年1月号でvol.321だよ。どうする? 俺たち。

2020年11月30日発売の最新号、ライトニング2021年1月号(vol.321)。ヘビーデューティなクルマや、この冬注目のアウターなど、アウトドア目線のモノ選びを提案している。定価990円

購入はこちらから

モヒカン小川(以下小川) 俺は100号記念号からライトニングに入ったから、もう220冊作ったのか……。そりゃ革ジャンも増えるわけだ。

ラーメン小池(以下小池) でもさ、ずっと変わらずに同じことを続けるって、傍から見たら、信じられないことみたいだよ。俺、よく言われるもん。「すごいですね~」って。確かに10年前も今も、変わらずにデニムだブーツだ革ジャンだって、色めきだってるんだから。でも、ただ単に好きなだけなんだけどね。

松島 時代のニーズに合わせて、細かい部分は変えつつも、ライトニングの骨子は全く変わってない。でも頑張って変えずにいたわけじゃなくて、好きで続けてきた結果だからね。

小川 それがライトニングの言う「スタイル」なんじゃない? 好きを貫いて、ずっと続けていたら、「スタイル」が生まれていた、みたいな。理想の生き方だな。

松島 なんか「俺、今いいこと言いました!」みたいな顔がムカつく。

小川 うるせぇよ! いいこと言ったんだから。

小池 この先も変わらないんだろうな、俺らは。ただ心配すべきは、編集部の高齢化。若手がいないもん。全員40代って、バランス悪くない?

小川 だってみんな辞めちゃうんだもん。いまの若手は自由だね、フリーダムの風がビュウビュウ吹いてるよ、イージーライダーみたいに。腕時計捨ててるぜ、絶対。

松島 それは、俺たちが若者にもっと支持されるような素晴らしいライトニングを作れば、解決する……わけないか。優しく「やってみせ 言って聞かせて させてみて 褒めてやらねば 人は動かじ」でいくしかないな。

小川 山本五十六じゃねぇか。海軍式編集部、悪くないね。

小池 でもまぁ、今残っているのは精鋭部隊だから、今後もこのメンバーで作っていくしかないね。ネイビーシールズみたい。

小川 「高齢」じゃなくて「エイジング」って言葉を使えばいいんじゃない?

松島 世の中は「アンチエイジング」流行りなのに、みんなでアジ出し体操するか。

小池 「歳をとる」じゃなくて「育っていく」とか。

小川 「シミ」は「茶芯」ね。

稲フェス以外のイベントをやりたい! まずはラーメンフェス!?

松島 でも今後はさ、もっといろんなイベントもやっていきたいと思ってるんだよね。

小池 稲フェス以外に?

松島 そう。もっと小規模なイベントを、全国各地でやりたい。

小川 例えば?

松島 ラーメン小池主催の「ラーメンフェス」とかモヒカン小川主催の「モヒフェス」。モヒカンの人しか入れないの。どう?

小池 俺、ラーメンが好きだからラーメン小池じゃないんだけど。小池だから、自動的にラーメンって付けられただけで。

小川 モヒカン限定って、俺の知ってる限り2人しかいないんだけど。

松島 俺は「デブフェス」を開催する。もちろんデブ限定。ビッグサイズのアイテムしか置いてないの。楽しそうじゃない?

小池 お客さんも行きにくいな。その言い方があまりに直接的で、イベント名を言いたくない。

小川 でも、小規模イベントを各地で開催するっていうアイデアは賛成だな。東京だと、来られない人も多そうだし。俺、北に行きたい。魚と酒がうまいところね。

創刊300号を記念して発行された『Lightning300号メモリアルBOOK』。創刊号からのすべての表紙やライトニングの歴史年表、制作裏話など、ファンなら絶対楽しめる、ライトニングの副読本。ライトニングは今後、どんな歴史を刻んでいくのだろうか――。

購入はこちらから

松島 これからは、俺たちももっともっと精力的に動かなきゃダメなんだよ。エイジングしてる場合じゃない。ライトニングは、とにかく読者のみなさんに支えられているんだから、俺たちもきちんと、読者サービスしないと。

小川 その前にさ、ライトニングの級数(文字の大きさ)を大きくしない? 俺も老眼だし、読者にも老眼の人、多いと思うよ。俺も最近、遠近両用メガネ買ったし。

松島 お! それいいねぇ! じゃあ遠近両用フェスしよう!

小池 なんだ、それ。

ちなみにラーメン小池の愛用は……

プルーム・エス 2.0/メビウス・メンソール・プルーム・エス用

「加熱式煙草のメンソールではこれがうまくかんじるんだよね~。おれメンソール派だから。」

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア