金属のユーズド感と無骨な表情が魅力。インダストリアルインテリアで男前に暮らす。

  • 2021.10.18 2021.03.24
  •              

クロスも貼らず塗装もしない、素の素材が持つ無骨なカッコよさ。旧くなって味わいが出るほど渋みが生まれ、さらに魅力を増していく。そんな男前なライフスタイルを提案している「YUKUIDO」のハウジングの世界とメタル・インテリアに迫る。

むき出しの素材そのものの表情を活かす、「ゆくい堂」のハウジングスタイル。

むき出しのモルタルの床に、牛革を張ったコンクリートの壁、鉄の浴槽で製作した五右衛門風呂に、あえて塗装を削った金属むき出しのドア……。YUKUIDOが手掛けたインダストリアルな雰囲気漂う住宅の施工の数々。塗装などの手間もかからずコスパも高いのが特徴だ。住宅施工はスタイルによって相談に乗ってもらえる。

鉄の五右衛門風呂
塗装をはがした裸の扉

そんな工務店として新築の住宅施工に従事し、旧いモノの雰囲気が昔から好きだったと語る「YUKUIDO Co.,Ltd.」代表・丸野信次郎さんにお話を伺った。

カフェと本屋が併設された「ROUTE COMMON」なども束ね、クリエイティブな活動をマルチにこなす。しかし、あくまでも「工務店のオヤジ」であることにこだわりを持つ生粋の職人である。

「金属に関しても経年変化に関しても、ただ単に好きなだけなんですよ。逆に言うと新品が嫌いなのかもしれませんね。なので、工務店としての家造りでも自然と古材を利用した、自分たちが暮らしたい家作りをするようになっていったんです。もちろん古材と言っても建築や耐久性に問題があるわけではないです。例えるならオーバーホールされたクラシックカーですかね。見た目はクラシックだけど中身やエンジンは新品だから壊れない。それがうちのハウジングスタイルですかね」

工務店のオヤジに誇りを持っている
まさに工業的! インダストリアルインテリアのお手本のような水回り
工業的な見た目のこちらはキッチン。これは男子厨房に入るべし、な雰囲気

そうして写真のような家を施工していったのだが、そのうちお客さんから家の雰囲気に合う家具がないとの相談を受けるようになったという。それがきっかけで生まれたのが現在の建築廃材を活かした家具ラインである「ルートファニチャー」だ。

「ステンレスの冷たい表情やプラスチックなどの経年変化しにくいものよりも、鉄のような経年変化する金属素材で造った家具の方が温かみがあって、自分たちが作る家に合うんですよ。いわば無機物だけど有機物的な感じですね」

家も家具も年を経るほどに魅力を増していく。「生きている家造り」が、ゆくい堂のハウジングスタイルと言えるのかもしれない。

部屋に置くだけで男前に変化! YUKUIDO謹製メタル・インテリア。

住宅施工で出た廃材をリメイクし、メタル・インテリアプロダクツに生まれ変わらせたYUKUIDOの家具製造ラインである「Route Furniture」。部屋に取り入れるだけで雰囲気が一変する、温かみのあるアイテムをチェック。

Industrial Mesh KD Board 9万1800円

三角の脚が特徴的なシェルフ。全て取り外しが可能で、置くスペースによっては脚をひとつ減らして使ったり、逆にひとつ追加して棚を2つにすることも可能。脚や棚は個別オーダーも可能だ。

Industrial Mesh Cabinet 10万5840円

全て鉄で作った男前シェルフ。棚は全部で4段あり、全て可動式になっているので置くものによって高さを変えることも可能。本棚にするのはもちろん、ガレージに置いて工具類をしまうのもアリ。

Factory Tool Shelf 4万8600円

キャスター付きなので移動が容易なだけでなく、格子状になっている側面を利用すれば物をひっかけたりもできる便利なシェルフ。下記にある様々なフックを使えば用途はさらに広がっていく。

Oneway Transport TV Board 5万1840円

物量倉庫で使用されていた使用済みパレットをリメイクしたTVボード。3つある引き出しの取っ手は、左から鉄筋・レザー・アンティーク物と三者三様で、独特の雰囲気を醸し出している。

Industrial TV Board 7万7760円

大きなリベットが入る骨組みに、縞鋼板チェッカープレートを取り付けて製作したテレビ台。キャスターはすでに経年変化したヴィンテージ品からのリプロダクトで、よりハードな仕上がり。

Iron Wood Cutting Board 2700円

リノベーション現場で余ったオーク無垢の床材を製材し、鉄筋の取っ手をつけてリメイクしたカッティングボード。お皿変わりにパンなどの食材を乗せて食卓を囲むと、とても絵になる趣ある逸品。

Iron Tool Housing Box 8424円

建物の構造に使用されている鋼材を細かくカッティングして製造した小物入れ。職人だからこそ手に入る材料とプロの加工技術があってこそなせる業。ビスを取っ手に使用するなど発想力もお見事。

金属のフック類各種 540~2700円

日常生活でよく使うフック類も大小様々なアイテムが揃う。家具のように目立つものだけでなく、普段ハンガーやタオルをかけるような小物までメタルで統一すると部屋の雰囲気はグッと高まる。

YUKUIDOの世界観を反映したオフィス&ファクトリー。

旧いビルを大胆に再生したオフィス&ファクトリー。古材・レンガ・トタンなど様々な素材がミックスされた壁やランダムに置かれた金属は、ハウジングスタイルをそのまま表現。温かみのある家具はここで生まれている。

【工務店】
YUKUIDO Co.,Ltd.
東京都台東区東上野4-13-9 ROUTE89 BLDG. 1F
TEL03-5830-2660
http://www.yukuido.com

【WEB SHOP】
ROUTE FURNITURE
http://route-furniture.com

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning 2017年12月号 Vol.284」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア