【愛車図鑑】「1993 Porsche 911 Carrera2(ポルシェ911カレラ2)」クルマ好き垂涎の空冷ポルシェの名作。

  • 2021.10.22 2020.04.01
  •              

これまで何台ものクルマを乗り継いできた、世界一の眼鏡屋と称される「グローブスペックス」代表の岡田さんが辿りついた答えは、希少なボディカラーを纏う「ポルシェ911カレラ2」だった。

極上の空冷ポルシェと過ごすことで、何気ない時間が最高に楽しく。

「グローブスペックス」代表取締役・岡田哲哉さん   大学卒業後、銀行へ就職した後、眼鏡の業界へ 転身。1998年渋谷にグローブスペックスをオープン。2017〜’18年にかけて、世界最大級の眼鏡展MIDOにて世界一の眼鏡店として「Bestore Award」を2年連続受賞

岡田さんが本格的にクルマに乗りはじめたのは、1980年代のニューヨーク転勤時代にまで遡る。

「クルマがないと生活が成り立たない環境だったので、お金がない中で車両を探して乗り回していました。当時のニューヨークは今では考えられないような治安の悪さで車上荒らしどころじゃ済まないほど荒れていました。信じられないかもしれませんが、クルマを壊されないようにドアを開けっ放しにして停めていました(笑)」

その後、日本に戻ってから岡田さんの現在に繋がるカーライフがはじまった。

「以前はウィンタースポーツを楽しんでいたので、クルマを選ぶ基準は山に行けることが前提。ですから、ポルシェという選択が生まれたのは、ウィンタースポーツを辞めて都内での移動が中心となったことがきっかけでした」

岡田さんのポルシェ歴は2000年頃に購入した新車のボクスターからスタートした。

「ボクスターは3台乗り続けて、十分いいクルマだと思っていた一方で、どこか物足りなさを感じていました。そう思っていた矢先、ご縁があって、この『911 カレラ2(タイプ964)』を譲っていただくことができました。非常に状態がよくて、走行距離も2万7000㎞と申し分ありませんでした。人生の相棒と出会えたと言っても過言ではありません。このまま大切に乗り続けようと思っています」

希少なマリタイムブルーが映える極上の空冷ポルシェ964タイプ。

岡田さんが所有するのは1993年製の「ポルシェ 911カレラ 2(964タイプ)」。1989〜93年の期間で販売されたこのモデルは、911の3代目にあたり、空冷搭載エンジンとしては最後から2番目となる。伝統的なフォルムはそのままに、当時の最新鋭テクノロジーを採用していたことから非常に乗りやすかったこともあり、爆発的なヒットを飛ばした。

単純なスペックだけで比較すれば最新モデルに劣ることは言うまでもないが、補って余る魅力が空冷時代の911にはあると、オーナーたちは口を揃えていう。ほぼ手直しをせずに乗れるコンディション、2万7000㎞の走行距離という好条件のほか、この個体の購入の決め手となったのは、マリタイムブルーと呼ばれるボディカラーにあったという。

エンブレム

比較するものが見当たらない911特有の構造はボディのあらゆる角度から見受けられる。岡田さんは特徴的なリアフードにエンブレムを取り付けて遊び心を加えている。

ライト&カラー

空冷エンジン時代の最後から2番目のということもあり、ライトを含めクラシックの名残を残す。岡田さんの一番のお気に入りは、希少性の高いマリタイムブルーのボディカラー。

コクピット

前オーナーが大切に乗り継いていたことがインテリアの状態からもうかがえる。人間工学とモータースポーツに基づいたコクピットは安全性と快適さが備わった空間となっている。

肩肘張らずに自分らしいスタイルでポルシェ911との有意義な時間を過ごす。

クルマに乗る際、着こなしを特別意識することはないと話す岡田さん。とはいえ、運転が不快にならないようにレザーソールの靴はなるべく避けるようにしていたり、この時期は車内にアウターを入れるように心がけている。そんなこだわりのファッションも拝見!

トゥータルのスカーフ

トゥータルのバンダナ柄のスカーフでVゾーンを上品にアレンジ。ダッフルコートなどの厚手のアウター同士をレイヤードでも重苦しくならない印象を演出している。

サイ スペックスのサングラス

アパレルブランドのサイとグローブスペックスとのコラボレーションから生まれたブランド。日差しの強い日のドライブには欠かせないアイテムとなりつつあるお気に入りの1本。

ハートマンのバングル

ウィーンの直営店とグローブスペックスのみで購入できるハートマンのバングルを着用。シンプルで合わせやすいデザインに加え、水牛の角を使用した独特の質感がポイント。

クラークスのデザートブーツ

ドライブの時の足元はラバーソールのシューズが基本だという岡田さん。定番中の定番であるクラークスのデザートブーツも着こなしのセンスひとつでここまで新鮮に映る。

(出典/「Lightning 2020年2月号 Vol.310」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア