ライダースジャケットのおすすめコーディネイト20選。レザーブランドのスタッフを参考にしよう!

ライダースジャケットといえば、バイカーに愛されるジャケットのイメージが強いが、最近では、街着としてカジュアルに着こなす人が増えてきている。そこで、バイカーファッションからタウンユースまで、ライダースジャケットを使ったおすすめコーディネイトを厳選して紹介! 人気ブランドのショップスタッフやプレスなど、ライダースの魅力を知り尽くしたお洒落上級者をぜひ参考にしてみて。

※アルファベットは「O:アウター」「I:インナー」「 P:パンツ」「 S:シューズ」「 A:アクセサリー」を表しています。

▼ライダースをはじめ、革ジャンについて詳しく知りたい方はこちらもチェック!

革ジャンを選ぶ時に知っておきたい7つのこと。-おすすめからコーデ、お手入れまで‐【保存版】

革ジャンを選ぶ時に知っておきたい7つのこと。-おすすめからコーデ、お手入れまで‐【保存版】

2020年01月19日

1.ダブルライダースをスポーティに着こなす/「FINE CREEK LEATHERS」代表 山崎佳克さん

O:ファインクリークレザーズ(16万3600円+税) I:モシール(6800円+税) P: モシール(1万8100円+税) S:ニューバランス(私物) A:グッドアートハリウ ッド(ペンダント&ブレスレット/私物) その他本人私物

ファインクリークレザーズの来季の新作である馬革のスポーツジャケットをベースに、ワイルドになりがちなところをハイテク素材のトラウザーとフットボールTを合わせ、スポーティな装いに。さりげないアクセ使いも◎。ペンダントとブレスレットは、山崎さんと親交のあるGood Art HLWDをチョイス。シンプルなコーデにワンポイントを添えている。(ファインクリークレザーズ TEL050-3390-2470)

2.秋冬に最適なディアスキンスウェードを主役に/「ADDICT CLOTHES JAPAN」ディレクター 石嶋聡さん

O:アディクトクローズ(16万円+税) I:アディクトクローズ(6000円+税) P: アディクトクローズ(2万5000円+税) S:アディクトブーツ(9万5000円+税)

ライダースジャケットのスペシャリストである石嶋さんが選んだライダースジャケットは、柔らかなディアスキンのスウェード。ブラックデニムにレースアップブーツというシンプルなコーディネイトなので、ジャケットの存在感が際立つ。AD-05のディアスウェードのマスタードカラーのこちらのライダースは、自社で開発したオリジナルのディアスキンを使っている。(ADDICT CLOTHES TOKYO TEL03-5341-4767)

3.都会的なライダース着用の好例/「FULLCOUNT」スタッフ 田辺嘉仁さん

O:フルカウント×アディクトクローズ(18万5000円+税) I:フルカウント(5000 円+税) P:フルカウント(2万7000円+税) その他本人私物

ダブルのライダースジャケットをトラウザースとシューズでバイカースタイルではなくブリティッシュな印象へと仕上げた。ウエアと小物のカラーをブラックで統一しながらも異なる素材感で表情に巧みな変化を付けたお手本。
フルカウント×アディクトクローズのライダースはコンビ鞣しのオリジナルホースハイドを使用し、墨の色味を表現した“Lamp Black” カラーを採用。裏地はスモーキーピンクの中綿入りだ。(フルカウント東京店 TEL03-6804-6541)

4.サイジングで作るラフさが秀逸/「ハンガー」ショップマネージャー 安達伸吾さん

ダブルライダースをゆとりのあるサイジングや小物の色使いでカジュアルに着崩すのが安達流。グリーンのカラーレザーにストライプのイージーパンツ、さらにオレンジのニットキャップやスニーカーを合わせた、まさに脱力系ライダースコーデ。ロストコントロールのライダースは着丈が長めに作られていて、安達さんはバイクに乗るとき以外はフロントを開けて着るので、インナーのTシャツはジャケットから裾が長めに出るくらいがラフな雰囲気で着こなすにはちょうどいい。

5.これぞライダーススタイル/「LEWIS LEATHERS JAPAN」ショップスタッフ 渋谷亮平さん

O:ルイスレザーズ(17万3000 円+税) I:ルイスレザーズ(5800 円+税) P:ルイスレザーズ(3 万円+税) S:ジャスティンブー ツ(私物) A:ラリースミス(バ ングル、ネックレス/私物) そ の他本人私物

シープスキンのサイクロンを中心に、オールブラックでキレイめのライダーススタイルにまとめた渋谷さん。程よく身につけたシルバーアクセサリーや、光沢感が強いガラスレザーのローパーブーツが都会的な雰囲気を演出する。(ルイスレザーズ ジャパン TEL03-6438-9215)

6.シルエットにこだわったクラシックMCスタイル/「ATTRACTIONS」セールスマネージャー加藤和さん

O:ビルトバック(19万8000円+税) P:ウエアマスターズ(2万4000円+税) S: ビルトバック(7万9800円+税) A:ウエアマスターズ(キャスケット/ 1万円+ 税、サングラス/ 2万4800円+税、スカーフ/ 1万円+税、ウォレットチェーン / 25万円+税)

ライダースを主役としたMCスタイル。太めのコーデュロイパンツでAラインのクラシカルなイメージを強調し、首元のスカーフは上品なアクセントの効果だけでなく防寒性もアップ。機能とスタイルを兼ね備えるバイク乗りらしい着こなし。足元のビルトバックのホースハイドのエンジニアは、約3年間着用しているだけあり力強い皺が刻み込まれた美しい経年変化が現れている。(アトラクションズ TEL03-3408-0036)

7.王道ライダースコーデといえばコレ!/「フェイクα」ショップマネージャー 澤田一誠さん

ダブルライダースにストレートの5ポケットジーンズとエンジニア。アメカジの王道と言えるスタイルだが、このスタイルにここまで強いこだわりを持つ人は他にいないだろう。ライダースは映画『乱暴者』でジョニーが着用したと言われるデュラブル製。そして、みぞおちで留めたジップの位置もジョニーを意識したものだ。ジーンズもエンジニアもヴィンテージを愛用。10年以上前からこれが澤田さんのスタンダード、流行に捉われず変わらない男の格好良さを体現している。