常時在庫は1万枚! 上野アメ横のスケートTシャツ専門店に潜入。【おすすめ9選】

  • 2021.10.24 2019.08.01
  •              

カリフォルニアのスケートカルチャーの中心であるベニスビーチなどを震源地とし、’80年代半ばから’90年代初頭にかけて隆盛期を迎えた「オールドスクールスケートカルチャー」。そんな黄金期のレプリカTeeを中心に展開する店が上野アメ横にある。

世界的に再評価されるオールドスクールスケートカルチャー。

『JONNY BEE』店長 岩田光生さん かつて中野にあったスニーカー専門店『ドゥーリーフットウエアーズ』から派生した『ジョニービー』のショップマネージャーにして、自身もスケーター。

上野のランドマークでもあるセンタービルの3階。2003年にアメ横の一角でスタートし、2005年頃にいまの場所に移転したスケートTee専門店『ジョニービー』。ひとたび足を踏み入れると、圧倒的な物量に誰もが驚愕するだろう。うず高く積まれた、パウエル・ペラルタ、スラッシャー、サンタクルーズ、ドッグタウンといったオールドスクールスケートアパレルの山は、まさに旧きよきアメ横の様相を思わせる。実はこう見えて商品のほぼ全てが近年復刻されたモデル。2000年代に入ってから急速に進んだオールドスクールスケートカルチャーへの再評価によるところだと店長の岩田さんは言う。

「パウエル・ペラルタ、サンタクルーズといった名門を筆頭に、2000年以降に各ブランドから復刻アパレルが続々とリリースされるようになりました。30~40代といった当時をタイムリーに通過している世代はもちろん、近年は10代、20代のスケーターや、マレーシアや香港といった海外のお客様からも注目されているようですね」

 ’80年代ストリート発! アートピースとしてのTシャツ

70年代よりサンタクルーズのアートディレクターとして活躍し、名作「スクリーミングハンド」を生み出したジム・フィリップス、パウエル・ペラルタのシンボルでもある「ザ・リッパー」など初期のアートワークを手がけたヴァーノン・コートランド・ジョンソンといったグラフィティアーティストたちの作品は、今やスケートシーンのみならず一般的にも広く認知され、各国でエキシビションが催されるまでに成長している。そんな言わば’80年代ストリート発の傑作アートピースをTシャツという手頃なデイリーウエアで楽しみたいなら、『ジョニービー』を訪れてみるといいだろう。

『ジョニービー』店長・岩田さんがおすすめするスケートTee 9選。

いかにスケートTeeがカルチャーであり、アートであることがわかったところで、岩田さんにおすすめTeeを伺った。復刻版だからこそ手軽に、普段使いできるスケートTee。自力で掘ってみても面白いだろう。

1.アンチヒーローのロゴプリント

写真家としても活躍するジュリアン・ストレンジャーの生き様をコンセプトに、1995年にサンフランシスコで設立されたアンチヒーローのロゴプリント。4,320円

2.〈スクリーミングハンド〉レプリカモデル

スケートアートシーンの第一人者ジム・フィリップスの代表作として広く知られる〈スクリーミングハンド〉を背面に描いたサンタクルーズのレプリカモデル。4,104円

3.クリスチャン・ホソイのシグネチャーT

サンタクルーズに在籍し、盟友トニー・ホークらとともにランプ全盛の’80sシーンを席巻したレジェンドスケーター、クリスチャン・ホソイのシグネチャー。4,212円

4.ドッグタウンとのコラボT

USハードコアバンド、スイサイダル・テンデンシーズにしてのVo.マイク・ミュアの実兄にして元Zボーイズのジム・ミュアが設立したドッグタウンとのコラボ作。4,212円

5.スカルスケーツのロゴプリント

’70年代後半にカナダでスタートし、当時のスラッシュブームの追い風を受け、一躍名門の仲間入りを果たしたハードコアブランド、スカルスケーツのロゴプリント。5,076円

6.ジェイ・アダムスの肖像プリント

Zボーイズのオリジナルメンバーにして’70sハードコアスケートシーンのアイコン的存在でもある故ジェイ・アダムスの肖像は彼の名を冠したブランドから。4,320円

7.ブロンズエイジの完全復刻 

同じくZボーイズのオリジナルメンバーにしてドッグタウン所属ライダーとしても知られるレイ・フローレスが’80年代に設立したブロンズエイジの完全復刻。4,644円

8.スティーブ・キャバレロのシグネチャーT

伝説的スケートチーム、ボーンズ・ブリゲードのメンバーでもあり、イラストレーターやミュージシャンとしても活躍するスティーブ・キャバレロのシグネチャー。4,536円

9.マーク・ゴンザレスのグラフィックT 

スケーター兼アーティストとしても活躍するリビングレジェンドのひとり、マーク・ゴンザレスのグラフィティをプリントしたドッグタウンからのポップな1枚。4,320円

【DATA】
JONNY BEE
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル3F
TEL03-3834-7877
営業/12:00~20:00
休み/水曜
http://www.jonnybee.com

※掲載情報は取材当時のものです。
※現在取り扱っていない場合もありますので、ご了承ください。

▼こちらの記事もおすすめ

プリントの意味を知らずに着ていない? 正しいプリントTシャツの選び方。

プリントの意味を知らずに着ていない? 正しいプリントTシャツの選び方。

2021年10月24日

(出典/「Lightning 2019年8月号」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア