喜びや楽しみが何倍にも!大型犬6匹と暮らす飼い主が選んだのはランドクルーザーだった。

最終更新日 2021.11.01 公開日 2018.02.13

ただそこにいて寄り添ってくれるだけで人を笑顔にし、優しい気持ちにしてくれる犬。自分らしく、おしゃれに暮らす人々の傍らにはいつも愛犬が寄り添っていたのだ。そこで今回は、6匹の犬と飼い主とが織りなす、ライフスタイルに迫ってみた。犬とともに自由気ままなライフスタイルを送る日常とは?

我が子のような愛犬たちとの毎日。

01犬1
(写真左)ピットブル/ヴィヴィ・2 歳 今日はお留守番だったお母さんピットブルとエイト君の娘。 (写真右)ピットブル/エイト・7 歳 6匹の中でのボス的な存在に当たるエイト。運動神経も抜群で、遊びでも散歩でもリーダーシップを発揮する。

横須賀在住の八田井さんは幼い頃から常に犬を飼っていて、犬と一緒の生活が当たり前の環境で育ったそう。今では6匹のピットブルを我が子のように愛する八田井さんは、その深い愛ゆえに愛犬の健康面には特に気を使っている。食事はすべて無添加の馬肉だけを与え、家や車の中には菌や匂いを抑える完全無害の『フューチャーアンドエコロジー』と言うチタン加工を施すという徹底ぶり。また、しつけは特殊なことはしないまでも、多頭飼いだからこそ意識していることがあると言う。

「6匹もいると子供が6人いるようなものだから、それなりに大変ですがみんなそれぞれに個性があってカワイイんです。犬の中にも上下関係があって、悪いことをした時は怒りますが、それも犬同士の関係やその子の性格を尊重した怒り方を意識しています。それ以外は僕が教えなくても犬同士で遊びやマナーを教えていることもあるみたいで、僕は見守っているだけですが、この子たちの成長を見ているだけで幸せですね」

01犬2
(写真左)ピットブル/コジロウ・1 歳 右のチルの息子であるコジロウは最年少なのでワンパクかと思いきや、どんな場面でもマイペースを貫く個性派男子。 (写真右)ピットブル/チル・2 歳 保護犬からファミリーに参入したしっかりもののお母さん。

家でも外でもみんな集まれば、どんな遊びもビッグイベント!

02散歩A

6匹のピットブル(撮影には4匹参加)を飼う八田井さんファミリーの散歩風景。ピットブルというと力が強くて凶暴なイメージがあるが、4匹いてもペースを合わせて歩く様子が印象的だ。遊ぶ時も叱る時も犬同士の上下関係や性格を尊重して一匹一匹に接することが重要だと八田井さんは語る。

03リアB
リアにはピットブルが2~3匹入れるゲージを積んでいるため、遠出のドライブに出かける時は、いっぱい遊んで眠くなった子からゲージで休憩させているそうだ

アウトドアが得意なランクルはピットブルからも大人気!

04A

とにかく自然が大好きなピットブルたちは、山や海を見るとついつい窓から顔を出したくなってしまうそう。飛び出しそうになりながらも顔を出しやすい助手席は取り合い必死のVIP席だ。

05修正
ダッジバンやフォードキャンパーなども所有する八田井さんファミリーが、山や海、キャンプに遊びに行く時に活躍するというランクル60前期モデル。トップにはロングボード用のキャリアを装備

ピットブルファミリーのストレス発散は公園での大運動会。

06フリスビー

「ストレスを溜め込まないように毎日2kmくらい散歩させるか、近所の公園や海で思いっきり遊ばせている」という八田井さん。ピットブルたちも思う存分走り回れる公園が大好きな様子。ピットブルは噛む力が強いので、ボールやフリスビーなどの遊び道具は耐久性の高いものをチョイス。

07ボールB
「おもちゃは壊れないことが大切」という持論の元にたどり着いたBIONIC製のボール。ピットブルの強靭なアゴで噛んでも全く壊れる気配がないため安心して遊べる

お話を伺ったのは・・・

八田井貴博さん(E-BALL PROJECT 代表)

帽子メーカーのTHE DRESS DOWNを主宰する傍らで、アーティストのMVや映画のプロデュースを手がけていたり、ショップを経営していたりと、マルチに働きマルチに遊ぶ男。米軍基地がある横須賀のカルチャーを象徴するアメリカンなライフスタイルを送る。八田井さんファミリーのピットブルたちの生活はインスタグラムの@pitbull_familiy_lifeで公開中。

 

八田井さんはアウトドアの趣味にもいつも愛犬たちを連れて行くし、愛犬たちと遊ぶこと自体が趣味にもなっていると話す。家族としてそれぞれの個性を理解しているからこそ、生活の楽しさや喜びが何倍にも膨らむのだろう。

▼八田井さんのバンライフはこちら!

積み込むのは荷物だけじゃない! 家族も犬も楽しめる憧れのバンライフ。

積み込むのは荷物だけじゃない! 家族も犬も楽しめる憧れのバンライフ。

2017年08月07日

(出典:『Lightning 2018年3月号 Vol.287』)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。